次世代通信技術

【5Gスマホ】わかりにくい料金設定!ドコモ・au・ソフトバンク世帯別で比較

5Gスマホの月額料金

5Gスマホの月額料金

 

5G対応スマートフォンに変更して通信速度が速くなる5Gプランを利用したい場合、気になるのは料金ではないでしょうか。

ドコモ、au、ソフトバンクで5Gのプランが始まり、それぞれ料金設定が異なりますがこれが非常に分かりにくいです!

パッと見ると安く感じちゃったんだけどな?
様々な割引条件があって最も安くなる料金を出してるから、実際の料金は条件によって様々なんだよ。

 

ポイント

スマートフォンの月額料金は今まで最安値を提示して色々と追加する事で値段が上がる表示がほとんどでしたが、5Gの料金プランは最安値を提示して実際は様々な条件をクリアする事で成り立っています。

つまり、実際に払う金額がわかりにくいです。

 

この記事では5Gスマホの料金の最安値になる割引と、世帯別の料金を解説します。

 

注意ポイント

この記事で解説する5Gプランの料金は、2020年8月のものです。

今後このプランが変わる可能性は大きく、実際に契約する時には改めてプランに対する理解を深めてもらうのがおすすめです。

 

5Gスマホのドコモ・au・SoftBankの料金

docomoauSoftBank
5Gギガホ5GギガライトデータMAX 5GデータMAX 5G(2GB 以下)メリハリプランミニフィットプラン
4,480円1,980円〜3,460円1,980円〜3,480円1,980円〜

 新料金プラン

会社名NTTドコモauソフトバンク楽天モバイル
プラン名ahamopovoLINEMORakuten UN-LIMIT
提供開始2021年3月2021年3月2021年3月2021年4月
月額料金2700円2480円2480円~1Gバイト:0円(1回線目)
~3Gバイト:980円
~20Gバイト:1980円、20Gバイト超:2980円
高速データ通信容量20Gバイト20Gバイト20Gバイト使用量に応じて月額料金が変動
データ追加金額500円:1Gバイト500円:1Gバイト、24時間使い放題で200円500円:1Gバイト500円:1Gバイト
国内の通話料5分以内の通話は無料
5分超過後は20円/30秒
20円/30秒20円/30秒Rakuten Linkを使ったとき:通話無料
それ以外20円/30秒
月の通話定額通話かけ放題:1000円5分以内かけ放題:500円、通話かけ放題:1500円5分以内かけ放題:500円、通話かけ放題:1500円なし
キャリア決済×Google Playのみ
海外ローミングのデータ通信(月間)82の国・地域で20Gバイトまで提供予定別途通信料が必要(新規契約から4カ月間は利用不可)66の国・地域で2Gバイトまで
5G対応2021年夏に提供開始予定
eSIM対応××
申込窓口webオンラインwebオンラインwebオンラインwebオンライン/実店舗

こちらはドコモ・au・SoftBankの公式が発表されている料金です。

2021年から各社から新料金プランが発表され、楽天モバイルもそれに参入しています。

通常プランは一見すると安く見えますが、実はこの料金には割引が含まれていて複雑なカラクリがあり、ドコモ・au・SoftBankの三大キャリアの料金は非常にわかりにくいです。

 

今までは安く見えて色々足していくから最終的に高くなるという感じでした

現在は安く見せてる価格の条件が難しすぎています

 

つまり全員がこの料金になるわけではないので結局のところ、どれくらいの料金を払えばいいのかは調べないと謎です

キャリアごとに料金が安くなる条件が異なりますのでそれぞれ解説します。

 

ドコモの5Gスマホが最安値になる条件

docomoの最安値
5Gギガホ5Gギガライト
4,480円1,980円〜

 

ドコモの5Gスマホ料金プランが最安値になる料金の条件はこちらです。

  • 3人家族
  • 光回線契約(ドコモ光)
  • dカード払い

 

みんなドコモ割3回線以上が条件なので3人家族以上である事、ドコモ光のセット割が適用される事です。

料金をdカードで払う事で170円の割引になります

 

auの5Gスマホが最安値になる条件

auの最安値
データMAX 5GデータMAX 5G(2GB 以下)
3,460円1,980円〜

 

auの5Gスマホ料金プランが最安値になる料金の条件はこちらです。

  • 4人家族
  • 光回線契約(auスマートバリュー対象の光回線)
  • スマホ購入

 

4人家族で契約する事が想定されているのがauの料金設定です。

auスマートバリュー対象の光回線を契約する事で一人当たり1,000円の割引になります。

光電話オプションの500円がかかるのでご注意ください。

auスマートバリュー対応光回線

 

auではauで5Gスマホを購入する事で半年間1,000円の割引を受ける事ができます。

 

SoftBankの5Gスマホが最安値になる条件

SoftBankの最安値
メリハリプランミニフィットプラン
3,480円1,980円〜

 

SoftBank5Gスマホ料金プランが最安値になる料金の条件はこちらです。

  • 4人家族
  • 光回線契約(ソフトバンク光・NURO光)

 

4人家族で契約する事が想定されているのがSoftBankの料金設定です。

SoftBankスマホとセットで割引にできる光回線はソフトバンク光とNURO光ですが、どちらにしてもオプション料金500円が必須です。

 

5Gデータ容量最大プランで比較

メーカー名通信量テザリング
ドコモ100GB(無制限キャンペーン中)可能
au無制限可能(30GBまで)
SoftBank50GB500円(一台当たり)

ドコモの5Gは100GBが上限とされていますが、現在は無制限キャンペーン中です。

auは無制限でSoftBankは50GBが上限になってます。

あくまでも予想ですが、auも今後は上限がつくでしょう。

 

テザリングはドコモは自由に行えますが、auでは30GBまでが上限です。

SoftBankに至っては1台当たり500円必要なので損をしてる感覚になります。

自分が買ったデータ量くらい好きに使わせてほしいな・・・
ドコモが一番自由度が高いですね!

 

5Gスマホドコモ・au・SoftBank割引について

5Gスマホドコモ・au・SoftBank割引について

5Gスマホドコモ・au・SoftBank割引について

 

スマートフォンの5Gプランでは大容量プランと使った分に応じて料金が増えるプランの2種類がありますが大容量プランで解説します。

1,980円になる廉価プランは月々のデータ使用量が1GBである事が条件です。

 

5Gは通信速度が速すぎるので1GB程度ならあっという間に使ってしまい、結局は大容量プランの方がお得に感じるからです

 

それでは実際の金額をどれくらい払うのか知る前に、どうして実際の値段と提示価格に違いが出てしまうのかを理解する必要があります。

そのためには、大手キャリアの各種割引施策について理解する必要があります。

 

  • 家族割引
  • 光回線割引
  • スマホ購入割引
  • 5G契約割引

 

三大キャリア家族割引

対象人数docomoauSoftBank
2人-500円-500円-500円
3人-1000円-1,000円-1500円
4人-1000円-2,020円-2,000円

 

こちらは家族一人当たりの割引額です。

ドコモは3人家族、auとSoftBankは4人家族を想定してプランを作っていますので4人家族の場合の割引に差が出てます。

 

光回線割引

サービス名docomoauSoftBank
光回線割引-1000円(セット割)-1000円(auスマートバリュー)-1000円(おうち割)
オプション加入なし500円500円

光回線の価格の最安値はマンションタイプで以下のようになっています。

  • ドコモ携帯:ドコモ光 タイプA集合住宅向け(4,000円)
  • au携帯:ビッグローブ光 集合住宅向け(3,980円)
  • SoftBank携帯:ソフトバンク光集合住宅向け(3,800円)

 

ドコモ光が最も高く見えますが、auとソフトバンクは月額500円のオプションに加入しないと割引を受ける事ができませんので、光回線の実質的価格はドコモ光が安いです。

auのauスマートバリューは月額500円の光電話のオプションSoftBankのおうち割は光電話とWi-Fiマルチパック、光BBユニットのオプションがセットになった月額500円のオプションパックの加入が条件です

 

つまり実質auの場合の光回線はオプション料込みで4,480円SoftBankはオプション料込みで4,300円になります

 

ココに注意

ドコモ光にはもう少し料金が安い単独タイプ(月額3,800円)がありますが、このプランの場合はプロバイダ料金が別になるのでタイプAより高くなってしまいます。

また、auスマートバリューは地方限定のピカラ光やメガエッグ光のマンションタイプの方が安いですが全国どこでも利用できるビッグローブ光で計算しています。

 

5G契約キャンペーンとスマホ購入割引

割引名docomoauSoftBank
半年割引-1,000円なし-1,000円
2年割引なし-1,000円-1,000円
スマホ購入割引なし-1000円(半年)なし

 

5G契約キャンペーンという割引があり、こちらは半年間の割引と2年間の割引があります。

ドコモの場合は初めの半年間だけ1,000円の割引になります

auの場合は2年間1000円の割引になります

SoftBankは初めの半年間1000円の割引と2年間の1,000円の割引が両方あるので、半年間は合計2,000円の割引になります

 

また、auのみauでスマホを購入する事で半年間1,000円割引げ受けられるので、合計2,000円の割引になります

ドコモとSoftBankはスマホ購入割引がないのでどこで5G対応スマホを購入しても大丈夫ですが、auの方はauで購入するといいでしょう。
5Gスマホのおすすめは?
【2020年番】5Gスマホどれが良い?ドコモauソフトバンクの金額とおすすめ比較

5Gスマホのおすすめは?   5Gのスマートフォンを購入しようとお考えですか? 新しいモバイル回線である5Gを利用するには5Gスマホを購入しないと利用できません。 5Gスマホはdocomoや ...

続きを見る

 

5Gスマホドコモ・au・SoftBank世帯別の料金の比較

5Gスマホドコモ・au・SoftBank世帯別の料金の比較

5Gスマホドコモ・au・SoftBank世帯別の料金の比較

 

5Gスマホの最安値条件と割引について解説しましたが実際にどれくらい払うことになるのか知っておきたいですよね。

家族割は世帯ごとに割引が違いますので、4人世帯、3人世帯、2人世帯、単身の場合で解説します。

 

光回線の料金は割引に必要なオプション料金を含めて計算しています。

 

4人世帯の場合の料金比較

docomoauSoftBank
4人通信料金の合計21,920円18,320円18,220円
半年後25,920円22,320円22,220円
内訳
4人スマホの合計17,920円13,840円13,920円
1人当たり4,480円3,460円3,480円
光回線4,000円4,480円4,300円
その他条件dカード払いスマホ購入なし

 

4人世帯の各キャリアの料金は以上のようになってます。

光回線の料金を含めての料金ではSoftBankが最安値になってます

しかしauとは100円の差なので光回線をもっと安い地方限定のものにすればauの方が安くなります

 

3人世帯の場合の料金比較

docomoauSoftBank
3人通信料金の合計17,440円17,920円16,240円
半年後20,440円20,920円19,240円
内訳
3人スマホの合計13,440円13,440円11,940円
1人当たり4,480円4,480円3,980円
光回線4,000円4,480円4,300円
その他条件dカード払いスマホ購入なし

 

3人世帯の各キャリアの料金は以上のようになっています。

ドコモは3人世帯を想定した割引になっていましたが、比較するとSoftBankが最も安くなりますね

SoftBankはdカードでの支払いやスマホ購入の条件がないのも嬉しいポイントです。

 

2人世帯の場合の料金の比較

docomoauSoftBank
2人通信料金の合計13,960円14,440円14,260円
半年後15,960円16,440円16,260円
内訳
2人スマホの合計9,960円9,960円9,960円
1人当たり4,980円4,980円4,980円
光回線4,000円4,480円4,300円
その他条件dカード払いスマホ購入なし

 

2人世帯の各キャリアでの料金は以上のようになります。

光回線の料金を含めると、ドコモが最も安く利用する事ができます

 

しかし、2人世帯の場合では光回線を利用しない場合もありますね。

光回線の契約がない場合の料金はこちらです。

docomoauSoftBank
2人通信料金の合計11,960円11,960円11,960円
半年後13,960円13,960円13,960円
内訳
2人スマホの合計11,960円11,960円11,960円
1人当たり5,980円5,980円5,980円
光回線0円0円0円
その他条件dカード払いスマホ購入なし

 

光回線を利用しない場合は偶然にも各キャリア横並びで同じ料金になります。

ただし、ドコモはdカードで支払いauはスマホ購入が必須条件です。

 

単身の場合の料金の比較

docomoauSoftBank
1人通信料金の合計10,480円10,960円10,780円
半年後11,480円11,960円11,780円
2年後11,480円12,960円12,780円
内訳
1人スマホの合計6,480円6,480円6,480円
光回線4,000円4,480円4,300円
その他条件dカード払いスマホ購入なし

 

単身で契約した場合、光回線を含めた料金は以上のようになっています。

比較するとドコモが最も安いですね

 

しかし単身の場合には光回線のような固定回線が不要という考えの方もいるでしょう。

家にあまりいなかったりインターネットで動画を見る習慣やオンラインゲームやパソコンがない人は光回線不要になるかもしれませんからね。
逆に言うとゲームをしたり動画をたくさん見る人は光回線が必須だよね!

 

光回線の契約がない場合の料金はこちらです。

docomoauSoftBank
1人通信料金の合計6,480円6,480円6,480円
半年後7,480円7,480円7,480円
2年後7,480円8,480円8,480円
内訳
1人スマホの料金6,480円6,480円6,480円
光回線0円0円0円
その他条件dカード払いスマホ購入なし

 

光回線を利用しない場合は偶然にも各キャリア横並びで同じ料金になります。

ただし、ドコモはdカードで支払いauはスマホ購入が必須条件です。

 

2年後で比較するとauとソフトバンクでは2年割が終了してドコモが最安値になります

これは単身だけでなく全世帯共通です。

 

世帯別に一番安い結果

世帯人数別キャリア半年間半年後
4人世帯SoftBank18,220円22,220円
3人世帯SoftBank16,240円19,240円
2人世帯(光回線あり)ドコモ13,960円15,960円
2人世帯(光回線なし)同じ11,960円13,960円
単身(光回線あり)ドコモ10,480円11,480円
単身(光回線なし)同じ6,480円7,480円

 

世帯別に最も安くなるキャリアとその料金は以上になります。

ただし、auとソフトバンクの場合2年後は2年割がなくなるので一人当たり1000円の割引がなくなることからドコモが最も安くなります

 

2年間は安いところを利用した、2年後に別のキャリアに乗り換えると言う考えでもいいでしょう。

 

まとめ

ドコモ・au・ソフトバンクの5Gスマホの月額料金を紹介しました。

割引の条件などが非常に複雑です。

確かに解りづらい仕組みだぁ

わかりやすく解説したつもりなので理解していただけたら幸いです。

 

ただし、これらの料金プランは今後変更する可能性は大いにあります。

実際に5Gを利用する時にさらに理解を深めることをおすすめいたします。

 

世帯別に料金を紹介しましたが、これらはもちろん全員が5Gスマホを持っている事が条件です。

5Gスマートフォン本体は一台100,000円程度するので、4人世帯なら400,000円の先行投資になってしまいますのでご注意ください。

5Gで光回線はいらない?
5Gスマホで光回線はいらなくなる?速さを比較して必要性を解説

5Gで光回線はいらない?   5Gのスマートフォンは通信速度が速いと評判です。 この通信速度が速い事で光回線がいらなくなると考えてしまう人もいるようです。 5Gは光回線より速いならこれだけで ...

続きを見る

-次世代通信技術

© 2022 ネットヒカリ