各種ランキング

【スマホ割‼】ドコモユーザーにオススメな光回線ランキング【厳選TOP3】

 

docomoスマホ向けの光回線ランキング

docomoスマホ向けの光回線ランキング

 

お使いのスマートフォンをNTT docomoで契約している方にオススメな光回線についてご紹介します

光コラボが主流になってから数多くなった光回線のなかで、docomoユーザーの場合、月々の料金がお得になる光回線があります。

そういえば…docomo回線で安くなる光回線あまり聞いたことがないなぁ…

 

ソフトバンクユーザーに「おうち割」があるように、auユーザーに「auスマートバリュー」があるようにドコモにもあるのです。

ではドコモユーザーオススメな光回線をランキング形式でお伝えします。

 

ドコモにおすすめな光回線とは?

 

スマホがドコモだとどの光回線がいいのかなぁ?
一番はスマホとセットで割引になるところだね。

 

ドコモ光におすすめな光回線は、スマートフォンとセットで割引になる光回線がおすすめです。

 

ドコモユーザーの値引き額

ドコモユーザーの値引き額

ドコモのスマートフォンの月額料金は、最近話題の格安SIMと比較すると高いですが、その分光回線とセットにすることで割引になる金額は多く、総合的な支払額は安く済ませることも可能です。

 

なので一番重視するべきポイントは、月額料金がセットで安くなるところです。

 

また、料金が安くなることにこだわりがないのなら、通信速度が速いところにした方がいいです。

同じような基本料金で、割引もなければ速度が普通など、全く意味がないですからね。

ポイント

・ドコモのスマホとセットで割引になる

・通信速度が速いところ

 

ドコモユーザーにオススメ光回線3選

 

スマートフォンをdocomoで利用している方におすすめなインターネット光回線をランキング形式でご紹介します。

docomoユーザーは迷うことはあまりないよ。

 

1位:ドコモ光

ドコモ光の特徴

所有の携帯電話がdocomoの場合は唯一値引きが効く光回線になります。

戸建てでは月額5200円でマンションでは月額4000円ですが、ドコモのスマートフォンを持っているなら「セット割」で毎月最大3500円引きになります。

 

さらにドコモを長年ずっと愛用しているのならずっとドコモ割プラスでさらに最大2500円引きになります。

 

つまり長年利用していれば毎月最大で6000円引きです。

メモ

この割引額だとドコモ光の月額料金より多くなってしまうので現実味がなく感じるかもしれませんが、docomoのスマートフォンとドコモ光をセットになるので、料金が合算され安くなります

なので、インターネット光回線とdocomoのスマートフォンの料金の総額から割引されると言うことになります。

 

ここまでの料金はスマートフォンのプランがウルトラシェアパック100の方になりますが、一般的なベーシックパックでも毎月ドコモ光セット割800円+ずっとドコモ割800円で1600円引きになります。

 

割引についての詳細は後で詳しく解説するよ。

ドコモ光の料金や費用

長期でドコモを利用している人は間違いなく一番お得な光回線です。

ドコモ光はフレッツ光の光コラボなので通信速度は1Gbpsです。

これはベストエフォート型といって、実測値は下がります。

 

その中でも通信方式v6プラスを採用しているドコモ光なら従来の通信方式を採用しているフレッツ光の光回線よりも通信速度は5倍〜300倍上がります

web限定キャンペーン特典を実績高い申し込み会社で確認

ドコモ光でスマホ割が適用された時の月額料金(例)

ドコモ光のスマホセット割引は大きく分けて2つあります。

「ギガホ」「ギガライト」
「カケホーダイ&パケあえる」(旧料金プラン)

上記の2つのプランが存在します。
これは下記のような割引額が適用されます。

 

▼「ギガホ」「ギガライト」▼

月額500~1000円割引

 

▼「カケホーダイ&パケあえる」(旧料金プラン)▼

月額100~3500円割引

 

(例)

『ギガホ・ギガライト』

  • ギガライト ~3GB  月額500円引き(ドコモ光戸建Aタイプ:実質月額4700円
  • ギガライト ~5GB  月額1000円引き( ドコモ光戸建Aタイプ:実質月額 4200円

 

『カケホーダイ&パケあえる』(旧料金プラン)

  • ウルトラシェアパック30 月額2500円引き ( ドコモ光戸建Aタイプ:実質月額 2700円
  • ベーシックパック~5GB 月額800円引き ( ドコモ光戸建Aタイプ:実質月額 4400円
  • ウルトラデータLパック 月額1400円引き ( ドコモ光戸建Aタイプ:実質月額 3800円

 

上記の金額でドコモ携帯を契約した場合は割引が適用されます。
ドコモ光が唯一スマホ割適用の回線です。

 

契約の注意点としては「ドコモ光」も「docomoスマホ」も同名義にしておくことが必要です。

これをペア回線といい、「ペア回線」にする事でセット割が適用されます。

 

もし契約者が異なる場合は、名義だけでも統一しないと損をしてしまいます。

更に詳しくドコモスマホ割の料金についてグラフを確認したい人は↓の方にスクロールしてもらうと『ドコモ光のセット割の割引額』の説明に載せてあります。

 

ドコモ光のメリット

・ドコモのスマートフォンを長く使用している人ほど割引がかなりお得
・ドコモポイントが結構貯まる
・プロバイダが20社もあり選べる
・家族で使用していれば更にお得
・速度と料金の総合コスパが1番!

ドコモユーザーにとってはお得なネット回線と特典も目白押しです。

その中でも最大のメリットは「セット料金」でドコモユーザーが光回線をドコモ光にすると、家族の使用人数にもよって光回線の値引き額は相当高い金額が値引きされるのでイチオシ。

ドコモ光自体の回線も品質は高いですが、後はプロバイダ選びを間違えなければ総合コスパはメチャUP!

 

ドコモ光のデメリット

・プロバイダを間違えるとあまり特にならない
・ドコモショップからでは現金でのキャッシュバックがない
・回線速度が非常に速いものを求めている人はNG

ポイント

・ドコモのスマホセットで割引に

・通信方式v6プラスで速度が速くなる

・エリアは全国的に展開

 

ドコモユーザーはドコモ光一択って言っても良いよ。

 


 

2位:NURO光

NURO光の特徴

NURO光はドコモユーザーの特典はありませんが、ドコモ光をあえて選ばずに、料金よりも速度優先で考えるのでしたらNURO光です。

これは私が最もお勧めしている光回線です。

 

NURO光は通信速度が最大2Gbpsでドコモ光など他の光回線速度から単純計算で2倍ですね。

速度が速いとダウンロードも速くなるので時間短縮になりますし、通信速度のストレスがありません。

 

特にゲームをする人はソフトのダウンロードが大容量なので時間がかかりますが、NURO光ならより速くプレイできます。

アップデートの時ももちろん速いです。

 

またPlayStation4のような家庭用ゲーム機でなくてもスマートフォンのゲームも容量が多く、アプリのダウンロード以外にアプリを起動してからのさらにダウンロードがありますね。この速後ももちろん速いです。

 

NURO光は通信速度が世界最速で、Wi-Fiルーターのレンタル代もセキュリティソフトの利用料金も無料だからコスパ最強のインターネット光回線だよ。

 

メリットだらけだね!

欠点はサービス提供エリアが狭いことだね。

NURO光の料金や費用

NURO光の欠点はエリアの狭さです。

NURO光は関東地方、関西地方、東海地方でのみしか利用することができません。

対象の地域に住んでいなかったり、サービス提供エリア内でも8階建以上のマンションの場合は契約できないので注意してください。

NURO光のメリット

・速度が最速
・速いのに値段も安い
・キャッシュバックがそこそこ多い

ドコモスマホを使用していることによる値引きのメリットはありません。

しかし、元々NURO光は月額料金が安いし品質クオリティは最上級なので素晴らしい。

通信スピードは圧倒的です。

もちろん反応速度と安定度も比例して高いので言うことなし。

 

キャッシュバックは結構高めなので、費用もかなり補えます。

総合コスパで考えるなら「ドコモ光」だと思いますが、ドコモユーザーが家族で1人だけで通信品質に拘る人ならNURO光のほうが選らんで損しない選択だと思います。

 

NURO光のデメリット

・対応エリアが狭い
・プロバイダがso-netのみ

NURO光のデメリットとしてどうしようもないことですが、やはりエリア外であれば使用できません。

なので、そこが最大のデメリット。

 

プロバイダはso-netのみになりますが、プロバイダ業界でも評判はトップクラスに高いので問題はありません。

トップ1とトップ2は完全に好みで分かれると思います。

 

ポイント

・通信速度が世界最速・月額料金が安い

・Wi-Fiルーターのレンタルが無料

・セキュリティソフトが無料

3位:auひかり

auひかりの特徴

auひかりはKDDIグループの光回線です。

また、こちらもドコモユーザーがお得になるサービスはありません

 

しかし、auひかりは私が総合的に2番目にお勧めな光回線なので今回は3位にしました。

総合的に考えて、ドコモスマホユーザーでなくても基本的なスペックが高くて光回線としてはトップクラスに優れています

auひかりの料金や費用

 

そしてドコモユーザーでauひかりを使用するか検討中の人は以下の点であれば考えても良いと思います。

マンションに住んでいる人の場合

ドコモ光(Aタイプ)、(Bタイプ)auひかり
A:4000円、B:4200円3800円

マンションに住んでいる場合は、ドコモの使用プランによってはauひかりでも良い場合があります。

速度は比較的auひかりの方が優れているという意見は多いので、マンション住みでスピードが出にくい環境の人はいっそのことauひかりもアリな選択です。

 

ただし、総合的に見てドコモユーザーであればマンションでも割引は適用され、結果的にはドコモ光のほうが安くなるケースがほとんどです。

しかし、その反面で通信速度重視の人はauひかりの方が無難ではあります。

 

特にネットゲームで対戦系のゲームを好んでやる人は回線のレスポンスも要求されるので、普通の通信速度ではラグ落ちしやすい面は多いです。

その場合は『月額の料金で1000円程度の差であれば私はネットゲームを趣味で存分に楽しみたい!』という人は選んでも良いと思います。

 

auひかりのメリット

・トップクラスに速度が速い
・対応エリアが広い
・キャッシュバックがそこそこ高い

auひかりのデメリット

・KDDIの手配もあるため工事期間がやや長い
・契約期間が3年で長い
・提供エリアがやや狭い

 

ポイント

・通信速度が安定して速い

・エリアが全国区(一部地域を覗く)

・関東の一部地域で10Gbpsの超高速通信

 

 

4位以下
フレッツ光や他の光コラボ

速度が変わらず、ドコモ光のような割引もないので、どれを選んでもそんなに変わらないと言えます。

 

TOP3の割引料金を比べてみる

戸建て
(月額料金)
マンション
(月額料金)
割引額
(セット割引)
ドコモ光A:5200円 B:5400円A:4000円 B:4200円-300~-6000円
NURO光4743円4743円割引なし
auひかり5100円3800円割引なし

上記のようになります。

要するにドコモのスマホユーザーの割引適応の光回線は『ドコモ光』だけになります。

 

セット割引なので、大体基準としての目安では

  • スマホ代:10000円
  • 光回線代:5000円

上記の月々に掛かる通信費は合計15000円ですね。

 

ですので、その合計から月々の料金が値引きされる計算になります。

そっかぁ…

通信費で考えるとスマホと光回線は合わせると大体15000円くらいは毎月掛かるし大きいよね

そう考えるとできれば割引が適応される光回線の方が嬉しい。

 

下記には更に詳しく説明があります

 

ドコモ光の料金やプロバイダの詳細について

ドコモ光のサービスや割引

ドコモ光の料金やプロバイダの詳細とスマホセット料金

同じ会社で、スマホとネット回線を連動するのがドコモスマホユーザーとして、同じくドコモ光回線を受けられると特典を受けられるのは解ったと思います。そこから更に『具体的にどのくらいの割引サービスが受けられるか』をもっと知りたい人はゆっくり読んでください。

 

1位をもっと詳しく解説するよ。
1位にはそれなりの理由があるんだね!

 

ランキングで紹介した通り、スマートフォンがドコモの場合は、ドコモ光のみがスマホとセットで割引になる光回線です。

 

ドコモ光の月額料金はこちらです。

タイプAタイプB
戸建てタイプ5,200円5,400円
マンションタイプ4,000円4,200円

 

タイプAとBの違いは選べるプロバイダによって違います。

 

料金が高くなるタイプBのプロバイダの方が通信速度が速いということはなく、単純にドコモ光とプロバイダの関係です。

よほど大きな理由でもない限りタイプAを選ぶといいでしょう。

 

タイプAで選べるプロバイダ

ドコモnet

ぷらら

GMOとくとくBB

DTI

タイガースドットコム

ビッグローブ

BBエキサイト

アンドライン

ic-net

@nifty

エディオンネット

シナプス

TiKiTiKi

楽天

hi-ho

ヒカリコアラ

@ネスク

スピーディアインターネットサービス

 

タイプBで選べるプロバイダ

@Tcom

OCN

TNC

アサヒネット

ワクワク

@ちゃんぷるネット

 

これだけプロバイダがありますが、基本的にはタイプAのGMOとくとくBBがおススメです。

>>ドコモ光のGMOとくとくBBが何故良いのか?

 

では次にdocomoスマホセット割の料金の詳細についての確認になります。

 

ドコモ光のスマホセット割の割引額の詳細

ドコモ光はドコモケータイを契約していると割引を受ける事ができます。

大きく分けて「ギガホ&ギガライトプラン」「カケホーダイ&パケあえるプラン」になりますが、どのような割引額が適用されるか確認ください。

この際にスマホの料金プランを変更することも1つの手だと思います。

 

ギガホ&ギガライトプラン選択の場合

ドコモのスマホの料金プランの「ギガホ」と「ギガライト」で受けれる割引はこちらです。

ギガライトの場合利用したデータ量でその月の割引が決まります。

 

料金プランドコモ光セット割
ギガホ-1,000円
ギガライトステップ4:~7GB-1,000円
ステップ3:~5GB-1,000円
ステップ2:~3GB-500円
ステップ1:~1GB-

 

ドコモケータイの料金が割引になる形になり、ドコモ光が実質的に安く利用できる形になります。

 

戸建て住み・タイプA・3人家族(父・母・子)

父:docomo(ギガホ)

母:docomo(ギガライト3GB)

子:ソフトバンク

 

値引き額

父(-1000円)+母(-500円)+子(なし)=月額-1500円の割引

戸建て向けタイプA(5200円)割引-1500円=3700円の支払い

これは実質的な金額でドコモ光の請求からは値引きされずにそれぞれのスマホ携帯の請求から引かれます

 

このように家族がドコモの場合は毎月のドコモのスマホ料金を割引にされますのでかなりお得になります。

 

カケホーダイ&パケあえるプラン選択の場合(旧料金プラン)

ギガホやギガライト以外で契約している場合には下記のような料金プランでもドコモ光のセット割料金が適用されます。

パケットパックドコモ光セット割ドコモ光セット割適用後 月額料金
ウルトラシェアパック100-3,500円21,500円
ウルトラシェアパック50-2,900円13,100円
ウルトラシェアパック30-2,500円11,000円
ベーシックシェア
パック
<ステップ4:
~30GB>
-1,800円13,200円
<ステップ3:
~15GB>
-1,800円10,200円
<ステップ2:
~10GB>
-1,200円7,800円
<ステップ1:
~5GB>
-800円5,700円
ウルトラデータLLパック-1,600円6,400円
ウルトラデータLパック-1,400円4,600円
ベーシックパック<ステップ4:
~20GB>
-800円6,200円
<ステップ3:
~5GB>
-800円4,200円
<ステップ2:
~3GB>
-200円3,800円
<ステップ1:
~1GB>
-100円2,800円

 

上記のようにドコモスマホ割引がパックやステップによって光回線の料金の割引が違うので、該当している人はゆっくり見比べてみてください。

 

web限定キャンペーン特典を実績高い申し込み会社で確認

スマホセットで割引になる金額(旧料金プラン)

ここで解説する割引サービスは旧料金プランですので、現在ギガホやギガライトに変更されている方は選べません。

 

ドコモ光のスマホセットの割引は「セット割」があり、さらに長年ドコモを利用している方なら「ずっとドコモ割」で割引されます

ずっとドコモ割は利用している期間によってdポイントクラブのステージがあり、そのステージによって割引の額が異なります。

 

下から順番に、1st、2nd、3rd、4th、プラチナとなっています。

 

セット割の割引はドコモの利用しているプランで異なり、ずっとドコモ割は月額料金の割引か、dポイントの付与で選べます。

 

ずっとドコモ割プラス月額料金の割引の場合

パケットパックずっとドコモ割
2nd3rd4thプラチナ
家族で分け合うベーシックシェアパック(~30GB)-600円-800円-1,000円-1,200円
ベーシックシェアパック(~15GB)-600円-800円-1,000円-1,200円
ベーシックシェアパック(~10GB)-400円−600円-800円−1,200円
ベーシックシェアパック(~5GB)-100円-200円−600円-900円
ウルトラシェアパック100-1,000円-1,200円-1,800円-2,500円
ウルトラシェアパック50-800円-1,000円-1,200円-1,800円
ウルトラシェアパック30-600円-800円-1,000円-1,200円
個人で使うベーシックパック(~20GB)-100円-200円-600円-800円
ベーシックパック(~5GB)-100円-200円-600円-800円
ベーシックパック(~3GB)-600円
ベーシックパック(~1GB)−200円
ウルトラデータLLパック-200円-400円-600円-800円
ウルトラデータLパック-100円-200円-600円-800円
ケータイパック最大−300円

 

ずっとドコモ割プラスdポイン付与の場合

パケットパックずっとドコモ割
2nd3rd4thプラチナ
家族で分け合うベーシックシェアパック(~30GB)720pt960pt1,200pt1,440pt
ベーシックシェアパック(~15GB)720pt960pt1,200pt1,440pt
ベーシックシェアパック(~10GB)480pt720pt960pt1,200pt
ベーシックシェアパック(~5GB)120pt240pt720pt1.080pt
ウルトラシェアパック1001,200pt1,440pt2,160pt3000pt
ウルトラシェアパック50960pt1,200pt1,440pt2160pt
ウルトラシェアパック30720pt960pt1,200pt1,440pt
個人で使う











ベーシックパック(~20GB)720pt960pt1,200pt1,440pt
ベーシックパック(~5GB)720pt960pt1,200pt1,440pt
ベーシックパック(~3GB)720pt
ベーシックパック(~1GB)240pt
ウルトラデータLLパック240pt720pt960pt1,200pt
ウルトラデータLパック120pt240pt720pt960pt
ケータイパック最大−360pt

 

 

ポイントでもらった方が少し多いですね。

 

これは「セット割」は必ず割引されて、「ずっとドコモ割」はdポイントクラブのステージが上がらないと割引が多くならないことになります。

 

具体的にどれくらい割引になるか例をあげると、

家族で分け合うプランの「ウルトラシェアパック30」を利用している場合でdポイントステージがプラチナ、ドコモ光の戸建てプランのタイプA場合はこうなります。

 

5200円-2500円-1200円=1500円

 

3700円も割引されてドコモ光をこの料金で利用できることになります。

 

個人で持つ場合ではマンションタイプのプランAウルトラデータLパックでdポイントクラブのステージがプラチナの場合はこうなります。

 

4000円-1400円-800円=1800円

 

 

2200円も割引されて利用することができます

 

ドコモのスマホセットでかなり割引されますね!
長年ドコモを利用していれば利用するほどお得になるんだよ。

 

通信速度

ドコモ光の通信速度は下り最大1Gbpsなので、2位のNURO光よりは劣ります。

でも月額料金も、通信速度もこだわりたい

そんな欲張りなあなたにはおすすめのプロバイダがあります。

 

それはGMOとくとくBBです。

 

ドコモのプロバイダは数多いですが、GMOとくとくBBにすると通信方式がv6プラスを採用しているので、従来の光回線、他のドコモ光より速くなります

そのためドコモ光最速プロバイダの呼び声も高くドコモ光の多くの利用者がGMOとくとくBBを好んで使っています。

 

流石にNURO光までの速さにはなりませんが、通信速度が遅くてイライラすると言うことはなくなります。

 

速いドコモ光のGMOとくとくBBの評判と測定してみた違いを解説!

  ドコモ光って通信速度は1Gbps何ですよね? そうだね。 ドコモ光はフレッツ光の光コラボで、同じ回線を使っているから、通信速度はフレッツ光と同じ1Gbpsだよ。 じゃあどこで申し込んでも ...

続きを見る

 

GMOとくとくBBならv6プラス対応の高速Wi-Fiルーターが無料でレンタルできるよ!

 

通信方式v6プラスについて

通信方式v6プラスは、従来の通信方式であるIPv4とは異なる通信方式です。

まだ利用者が少ないので快適なインターネットができます。

 

通信方式v6プラスについて高速道路で例えます。

 

イメージとしては、IPv4は利用者の多い道路で、IPv6(v6プラス)は利用者の少ない高路です。

インターネット回線の一般的な接続サービスであるIPv4(PPPoE)は、利用者が多いです。

IPv4の利用者が多くなったから新しく作ったのがv6プラスという感じです。

 

IPv4は利用者が多いから利用者が増える時間帯では回線が混雑して通信速度が遅くなるよ。

 

高速道路は一般道路よりも速度を出して、目的地に速く到着することができる道路ですね。

しかし、この道路はいくら速いスピードを出せるといても、利用者が増えると速度が出しにくくなります

 

特に、合流地点や料金所付近では混雑してしまいますね。

混雑すると速度が落ちて、徐行運転を余儀なくされてしまいます。

場合によっては止まってしまうこともあるでしょう。

 

これが一般的な接続サービスであるIPv4(PPPoE)です。

 

通信方式v6プラスは、混雑するポイントを通らないので目的地までより速く着くことができるようになります。

つまりは、インターネット回線が混雑しにくいので、速度が遅くなることが圧倒的に少なくなります。

 

利用者も少ないので快適な速度をだすことができます。

 

通信方式v6にすれば快適にインターネットが快適にできるってことだよ!

 

まとめ

ドコモユーザーはドコモ光にすれば毎月お得になるのでお勧めです。

はっきりと言いますと、スマートフォンがドコモの方はドコモ光一択と言ってもいいでしょう。

 

ただし、料金にこだわらず通信速度を重視する方はNURO光やauひかりの方がお勧めなので、この3つから好きなものを選ぶのがベストです。

 

ドコモ光も通信速度10Gbpsのサービスが東京、大阪、愛知県の一部で始まっていますので今後はNURO光やauひかりと速度の差別がが無くなります。

こうなると名実ともにドコモのスマートフォンユーザーはドコモ光のみおすすめという形になるでしょう。

 

現在のインターネット環境は10Gbpsに今すぐにしないと不便という状況ではありませんが、速度が速いと不便さがなくなりますのでこだわる方は速度重視で選ぶのもいいでしょう。

 

ドコモ光はプロバイダのGMOとくとくBBから申し込むとキャッシュバックが受け取れて、通信方式v6プラスに対応してWi-Fiルーターを無料レンタルができます

ドコモショップからだとプロバイダをGMOとくとくBBにしてWi-Fiルーターの無料レンタルはありませんが、キャッシュバックは受け取れません。

 

ドコモ光に申し込む場合はGMOとくとくBBから申し込むのがベストです。

 

基本的にdocomoのスマホユーザーでお得な特典がつくのは「ドコモ光」だけ

特にdocomoをずぅ~っと使っている人にはお得なプランが用意されています。

しかも値引き額もかなり多いので、やっぱりdocomoスマホユーザーであれば「ドコモ光が一番おススメ!」になる豆。

もちろん2,3位も光回線だけで考えれば、非常に魅力だけど、月額料金を考えるとやっぱりドコモ光だとぅ!

-各種ランキング
-,

© 2020 ネットヒカリ