ドコモ光 各種ランキング

ドコモ光24種プロバイダ申し込みランキングTOP4!【2020年キャンペーン情報】

ドコモ光24種プロバイダ

ドコモ光24種プロバイダ

 

スマホがドコモだとドコモ光とセットにすれば安くなるんだよね?
スマホのプランによって割引額は変わるけど、ドコモでは唯一割引対象になる光回線だよ。
でもドコモ光って、プロバイダがいっぱいあるよね?

どこが一番いいのかな?

 

スマートフォンをdocomoで利用している方は、ドコモ光にするのがおすすめです。

ドコモ光の料金詳細
月額料金戸建てA:5200円、B:5400円
月額料金マンションA:4000円、B:4200円
最低利用期間2年
スマホ割引メーカーdocomo携帯
事務手数料3000円
工事費マンション(15000円)、戸建て(18000円)
工事費実質無料適用○: 基本は無料(キャンペーン期間中)
速度1Gbps

 

 

というのは、ドコモ光とセットにすると「セット割」による割引と、長期間docomoを利用している方なら「ずっとドコモ割」で料金がお得になります。

そのドコモ光ではプロバイダーを選ぶことができます。

 

数あるドコモ光の中で、どのプロバイダーを選べばいいかわからないという方が多いですよね?

今回はドコモ光プロバイダとおすすめについて解説します。

【これで解決!】ドコモ光の料金まとめ!月額・工事費・初期費用・割引

ドコモ光の料金!月額・工事費・初期費用・割引   ドコモ光に申し込むのに月額料金はいくらなのか? 初期費用にどれだけ価格のかなど料金面で気になることが多いでしょう。   また、ドコ ...

続きを見る

 

ドコモ光のプロバイダーの選び方

ドコモ光で選ぶことのできるプロバイダはこちらです。

タイプA

・ドコモnet
・ぷらら
・So-net(サービス終了)
・GMOとくとくBB
・DTI
・タイガースドットコム
・ビッグローブ
・BBエキサイト
・アンドライン
・ic-net
・@nifty
・エディオンネット
・シナプス
・TiKiTiKi、
・楽天
・hi-ho
・ヒカリコアラ
・@ネスク
・スピーディアインターネットサービス
・U-Pa(サービス終了)

※U-Paは2019年にサービスが終了します。

 

タイプB

・@Tcom
・OCN
・TNC
・アサヒネット
・ワクワク
・@ちゃんぷるネット

 

注意

上記にはそこから「メールアドレス数」「セキュリティサービス」「サポートサービス(リモートサポートや訪問サポート)」wi-fiルーター(レンタル)」「契約条件(契約名義や年齢制限)」「プロバイダ窓口(受付時間)」など様々な要素が各社異なっており、全部を調べていると非常に時間が掛かり、なによりわからないと思います。

ドコモ光のプロバイダってたくさんありすぎて迷っちゃうよ・・・
じゃあ選択肢を絞ってみよう!

 

地域限定を除外する

ドコモ光のプロバイダは地域限定のもがあります。

「TNC」は静岡県限定で、「@ちゃんぷるネット」は沖縄県限定です。

 

このどちらの県にも住んでいないという方はまずはこちらを除外できます。

 

そもそも地域外だと申し込めないとは思うけどね。

 

タイプAを選ぶ

よほど大きな理由はこだわりが強くない限りは、タイプAから選んだ方が200円安くなります

 

年間にすると2400円も違いますからね。

 

タイプBを選ぶケースとしては、以前にフレッツ光を利用している場合にタイプBにあるプロバイダを利用していて、解約すると解約金がかかってしまうことや、手続きがめんどくさいなどを理由にプロバイダを変更したくない場合でしょう。

 

フレッツ光からの転用ではなく、新規でドコモ光と契約する場合はタイプAから選ぶといいでしょう。

 

光回線をフレッツ光から転用する場合に、現在使っているプロバイダがタイプBのものならそれを利用するというのもありだ。
解約金がかかる場合があるからですね。
でも、解約金を払ってでも変えたほうがいい場合がある理由を解説するZE!

 

通信方式「v6プラス」対応を選ぶ

v6プラスにって何ですか?
簡単に言ってしまうと、通信速度が段違いに速くなることだ。

 

通信方式にv6プラスを採用しているところは速度が別格です。

 

ドコモ光の通信速度は下り最大1Gbpsですが、これはベストエフォート型と言って、実測値はこの10分の1から100分の1程度です。

 

ネット上では「ドコモ光は遅い」とか、「あのプロバイダは速い」、「あのプロバイダに変更したら遅くなった」など色々な口コミを目にしますが、v6プラスにすれば、通信速度が別格になるのでこのようなことに悩まなくても済みます。

 

ドコモ光ではv6プラス対応を選ぶ事が必須ですよ!
速度が遅いって嫌だもんね!

 

ドコモ光の通信速度が速くなるサービスv6プラスは日本ネットエアークネイブラー株式会社(JPNE)をVNE事業者とするIPoE IPv4 over IPv6通信のことです。

IPv4は従来のインターネット通信の接続方式のことで、このIPv4通信のみを利用しているから速度が遅くなります

IPv4の後続とのなる次世代インターネットプロトコルがIPv6のことで、これの利用により速度が速くなります。

 

IPoE方式の新方式によりIPv6に加えIPv4のWebサイトなどの閲覧においても、快適にインターネットをご利用いただける接続方式です。

これは従来のPPPoE方式を利用しないので全ての通信が高速になります。

どのサイトを開いても動画を見ても常に快適なインターネットを利用できるようになるサービスです

 

まとめ

  • 地域限定を除外する
  • 安いタイプAから選ぶ
  • 速度が速いv6プラスを選ぶ
これでかなり絞られますね!
以上を踏まえてランキングを発表だ!

 

ドコモ光おすすめプロバイダーランキング

 

以上を踏まえた上で、ドコモ光のプロバイダにおすすめをランキング形式でお伝えします。

 

プロバイダが窓口になってるドコモ光からの申し込みが一番お得なんだ。

ドコモ光に申し込める窓口は様々あります。

しかし、同じドコモ光でも代理店の窓口によってサービスが違います。

どうせ同じ料金を払うのなら、お得に入りたいと思います。

そもそもなんだけど、正規代理店ってどういう事?
ドコモがドコモ光を正式に申し込み受付の代行を許可している会社の事だよ。

 

ポイント

正規代理店はドコモ光の申し込み受付を正規に許可している会社の事ですので問題なく申し込みする事ができます。

正規代理店のキャンペーンサイトから申し込む場合と、公式サイトから申し込むのに月額料金などの料金の違いはありません。

同じドコモ光に申し込むのならキャッシュバックを受け取れる正規代理店のキャンペーンサイトから申し込む方がお得です。

 

ドコモ光はプロバイダが窓口になっているところが一番お得です。

その理由はシンプルでわかりやすく、特典が異なります。

 

例えばレンタルできるWi-Fiルーターも、微妙なものもあれば高性能なものを無料でレンタルできるなど、サービスが大きいところがあります。

 

コンセプトは『ドコモ光のプロバイダで選んで通信性が最も大丈夫なものだけを厳選』したのでご参考ください。

 

1位 GMOとくとくBB

ドコモ光(GMOとくとくBB)

ドコモ光(GMOとくとくBB)

GMOとくとくBBは通信方式にv6プラスを採用していますので速度が速いです。

単純に通信速度が速いから1位というわけではなく、このv6プラスに対応している高速Wi-Fiルーターを無料でレンタルできることも大きなメリットです。

 

レンタルできるWi-FiルーターはBUFFALO製のものやNEC、ELECOMのもので、普通に購入すれば1万円以上します。

Wi-Fiの規格が「11ac」まで対応し、通信速度が速く遠くまで電波を飛ばせることから3LDKのマンションや3階建のお住まいでも大丈夫です

 

他にもWi-Fiルーターを無料でレンタルできるところはありますが、GMOとくとくBBで無料でレンタルできるWi-Fiルーターが最も性能のいいルーターです。

 

さらにキャッシュバックを最大20,000円受け取れるキャンペーンを行なっているので、どのプロバイダに申し込むよりも圧倒的にお得なんです。

 

3種とも通信速度が5GHZで1600Mbps以上、2.4GHZで800Mbpsの高性能で他のプロバイダよりも性能が良いので、GMOとくとくBBが1番速度の安定や速さが優れているよ!
GMOとくとくBBにすればWi-Fiの速度も速くてキャッシュバックもあるから余計な出費が出る事もなくむしろ増えるから安心して申し込めるね!

 

ポイント

  • キャッシュバック20000円プレゼント‼
  • V6プラスの高性能ルーターから厳選3つを選べそれが0円‼
  • dポイント5000円プレゼント
  • ドコモ光でも速度が1,2位を争うほど速いと評判
  • 設定が非常にラク
  • 高性能セキュリティソフトのマカフィーが1年間無料(その後月額500円)

 

申し込みページで詳細を確認してみる

速いドコモ光のGMOとくとくBBの評判と測定してみた違いを解説!

  ドコモ光って通信速度は1Gbps何ですよね? そうだね。 ドコモ光はフレッツ光の光コラボで、同じ回線を使っているから、通信速度はフレッツ光と同じ1Gbpsだよ。 じゃあどこで申し込んでも ...

続きを見る

 

2位 @nifty

ドコモ光✖@nifty

ドコモ光✖@nifty

@niftyはネットの世界でも老舗のプロバイダで信頼度が高いです。

セキュリティサービスやルーターサービスも良いです。

キャッシュバックも平均10000円~15000円なのに対して20000円なので良いと思います。

関連

GMOとくとくBBと比べると順位は2位です。その理由は「ルーター性能の差」です。速度の安定感や平均的な速さはGMOとくとくBBがやはり勝っていますのでドコモ光の契約では1位のGMOとくとくBBが本当に良いと思います。なぜこんなにお勧めなのかは、私自身がプロバイダを変えて調べてわかったことです。GMO上記記事を読むとより解りやすいです。

 

ポイント

  • キャッシュバック20000円プレゼント‼
  • V6プラスのそこそこ高性能ルーターを選べそれが0円
  • dポイント5000円プレゼント
  • 老舗のプロバイダ

 

申し込みページで詳細を確認してみる

@nifty with ドコモ光のキャンペーンとメリットについて【契約前に再確認】

ドコモ光@niftyキャンペーンの詳細   ドコモ光をプロバイダの@niftyから申し込もうとお考えですか? @niftyから申し込む「@nifty with ドコモ光」では申し込みのキャン ...

続きを見る

 

3位 DTI

ドコモ光(DTI)

ドコモ光(DTI)

DTIもv6プラスの接続を無料で使えるプロバイダです。

GMOとくとくBBやSo-net同様にv6プラスに対応したWi-Fiルーターを無料でレンタルできることができるのですが、比較してしまうとGMOとくとくBBの方が性能の良いルーターをレンタルできます。

 

キャッシュバックも申請がめんどくさくないもので、開通した翌々月に案内がきます。

ポイント

  • メールサービスとして10アドレスまで作成可能
  • 月額500円のセキュリティサービス。(最初の12か月は無料)
  • DTI club off 会員優待サービス
  • ELECOMルーターで867Mbps(11ac)

 

申し込みページで詳細を確認してみる

 

4位 So-net

ドコモ光(So-net)

ドコモ光(So-net)

 

So-netは新規申し込みを終了しました

 

So-netは通信方式v6プラスに対応していますので快適なインターネットをすることができます。

そのv6プラスに対応しているIO DATA製のWi-Fiルーターを無料でレンタルすることができます。

 

So-netはサービスのいいプロバイダなのでかなりおすすめできるプロバイダなのですが、同じ料金を払って使えるWi-FiルーターがGMOとくとくBBでレンタルできるものより劣るので、3位とします。

しかし、現在はso-netのプロバイダが撤退してしまった選ぶことができなくなり残念です。

 

申し込みページで詳細を確認してみる

>>ネットもスマホもお得!【So-net for ドコモ光】

 

 

1位のドコモ光×GMOとくとくBBをより詳しく

 

今回はランキングとしてトップ3を紹介しましたが、はっきり言って1位のGMOとくとくBBを選べば間違いありません

 

光回線を選んで失敗したと思う一番の理由は回線速度なのですが、GMOとくとくBBは通信方式にv6プラスを採用し、無料でレンタルしているルーターはv6プラスに対応している高速ルーターです。

では詳しく解説します。

 

回線速度が速い!

 

GMOとくとくBBは通信方式v6プラスに対応していますので速度が速いです。

 

従来の通信方式IPv4より速いv6プラスは、アクセスが集中するポイントを通らないでインターネットに接続するので、混雑している時間帯でも快適にインターネットが行えます

 

Wi-Fiも快適

メーカーBUFFALONECELECOM
型番WSR-2533DHP2Aterm WG2600HSWRC-2533GST2
画像WSR-2533DHP2Aterm WG2600HSWRC-2533GST2
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/ac
データ伝送速度(規格値)最大1733Mbps最大1733Mbps最大1733Mbps
セキュリティ規格WPA2-PSK(AES)
WPA/WPA2 mixed PSK(TKP/AES mixed)
WEP(128/64bit)
Any接続拒否
プライバシーセパレーター
MACアクセス制限
(最大登録許可台数64台)
SSID
MAC アドレスフィルタリング、
ネットワーク分離機能
WEP(128bit)WPA2-PSK(AES)
WPA/WPA2-PSK(AES)
WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)
*IEEE802.11ac、IEEE802.11nは
対向機とAESで接続された場合のみ使用可能
WPA2-PSK(AES)
WPA-PSK(TKIP)
WEP(64bit/128bit)
アンテナ方式5GHz/2.4GHz 4本5GHz :送信4 ×受信4
2.4GHz :送信4 ×受信4
2.4GHz帯 : 送受信 4本
5GHz帯 : 送受信 4本
無線LAN機能プライバシーセパレーター
MACアクセス制限
(最大登録許可台数64台)
オートチャンネルセレクト
ハンドステアリング
プライバシーセパレーター /
SSIDセパレーター対応
「友だちWi-Fi」に対してのみ機能
SSIDステルス設定 / 自動チャンネル設定
有線LANポート数444
外形寸法37.5(W)x160(D)x160(H)mm
(付属品および突起物を除く)
約38(W)×129.5(D)×170(H)mm
(突起物除く)
約141.0(W)×約36.5(D)×約160.0(H)mm
(本体のみ)
質量(本体のみ)約382g(製品本体のみ)約500g約380g(本体のみ)
消費電力13.8W(最大)13.5W(最大)約13.2W(最大)

※横にスクロールできます。

 

GMOとくとくBBで無料レンタルできるWi-Fiルーターは、最大1.3Gbpsの速度まで対応している高速Wi-Fiルーターです。

 

もちろんv6プラスにも対応しているもので、相性は抜群です!

また、BUFFALO製のものとNEC製のもの、ELECOM製から選べますが、どれを選んでも無料です。

 

比較表を見ると、GMOとくとくBBレンタルできるBUFFRO製とNEC製のルーターはよりもELECOM製の方がセキュリティ機能が豊富ですので子供がいる方におすすめです。

 

Wi-Fiルーターの選び方

  • バランスが良さはBUFFALO
  • 速度重視ならNEC
  • セキュリティ重視はELECOM

 

キャッシュバックが多くてシンプル

GMOとくとくBBからドコモ光に申し込むとキャッシュバックが現金とドコモポイントでもらえます。

 

条件はGMOとくとくBBのホームページから申し込んだ場合のみで、家電量販店やドコモショップから申し込んだ場合はもらえません

 

ポイント

ドコモ光(2年定期契約プラン)orドコモ光(2年定期契約プラン)+ドコモ光電話バリューでキャッシュバックの額が違います。

ネットのみか光電話もつけるかの違いだよ。

現金キャッシュバック

  • ネットのみ:5,500円
  • ネット+光電話:15,000円

 

キャッシュバックは申し込み手続き完了後に、「キャッシュバック受け取り手続き案内メール」が届くから、しっかりと登録しておこう。
開通月の翌月末までに申し込み申請しないともらえなくなっちゃうよ
申請した月から数えて翌月末に指定口座に振り込まれるよ

 

またドコモのdポイントクラブの会員の場合はdポイントが最大20000ptもらえます。

関西エリア限定でさらに10000ptもらえます。

 

もらえるドコモポイントは期間と用途限定だから早めに使っておこうね

 

 

ドコモ光はdocomoのスマホセットで割引になる

 

docomoのスマホを利用している人はドコモ光一択という理由についての解説だよ。
どれくらいお得になるんだろ
世帯にもよるけど、家族みんなで3,000円引きにすることだってできるよ
3,000円も!? 生活の足しになるな〜

ドコモ光はお使いのスマートフォンがdocomoの場合は支払いをセットにして一括にする事で料金が割引になります。

この割引額は、スマートフォンの料金プラン(データ容量プラン)によって異なります。

 

ギガホ&ギガライトプラン選択の場合

ドコモのスマホの料金プランの「ギガホ」と「ギガライト」で受けれる割引はこちらです。

ギガライトの場合利用したデータ量でその月の割引が決まります。

 

料金プランドコモ光セット割
ギガホ-1,000円
ギガライトステップ4:~7GB-1,000円
ステップ3:~5GB-1,000円
ステップ2:~3GB-500円
ステップ1:~1GB-

 

ドコモケータイの料金が割引になる形になり、ドコモ光が実質的に安く利用できる形になります。

 

戸建て住み・タイプA・3人家族(父・母・子)

父:docomo(ギガホ)

母:docomo(ギガライト3GB)

子:ソフトバンク

 

値引き額

父(-1000円)+母(-500円)+子(なし)=月額-1500円の割引

戸建て向けタイプA(5200円)割引-1500円=3700円の支払い

これは実質的な金額でドコモ光の請求からは値引きされずにそれぞれのスマホ携帯の請求から引かれます

 

このように家族がドコモの場合は毎月のドコモのスマホ料金を割引にされますのでかなりお得になります。

 

スマホセットで割引になる金額(旧料金プラン)

ここで解説する割引サービスは旧料金プランですので、現在ギガホやギガライトに変更されている方は選べません

 

旧料金プランではギガホとは異なり、家族のみんなでのシェアパックがありました。

このシェアパックのプランによって割引額に違いがあります

 

パケットパックドコモ光セット割ドコモ光セット割適用後 月額料金
ウルトラシェアパック100-3,500円21,500円
ウルトラシェアパック50-2,900円13,100円
ウルトラシェアパック30-2,500円11,000円
ベーシックシェア
パック
<ステップ4:
~30GB>
-1,800円13,200円
<ステップ3:
~15GB>
-1,800円10,200円
<ステップ2:
~10GB>
-1,200円7,800円
<ステップ1:
~5GB>
-800円5,700円
ウルトラデータLLパック-1,600円6,400円
ウルトラデータLパック-1,400円4,600円
ベーシックパック<ステップ4:
~20GB>
-800円6,200円
<ステップ3:
~5GB>
-800円4,200円
<ステップ2:
~3GB>
-200円3,800円
<ステップ1:
~1GB>
-100円2,800円

 

上記のようにドコモスマホ割引がパックやステップによって光回線の料金の割引が違うので、該当している人はゆっくり見比べてみてください。

 

また、ドコモ光では携帯電話・スマートフォンを長年ずっとdocomoを愛用している人のために「ずっとドコモ割」が適応されてさらにお得になります。

この「ずっとドコモ割」は、セット総合での料金割引、またはdポイントの付与を選ぶ事ができます。

 

ずっとドコモ割」はdポイントクラブのステージによって、割引額とdポイントの付与が異なります。

dポイントクラブステージは次のようにして決まっています。

画像引用:ドコモ光

 

下から1st、2nd、3rd、4th、Pt(プラチナ)に分けられています。

ドコモ光の「ずっとドコモ割」による割引はこちらです。

 

ずっとドコモ割プラス月額料金の割引の場合

パケットパックずっとドコモ割
1st2nd3rd4thプラチナ
家族で分け合うベーシックシェアパック(~30GB)--600円-800円-1,000円-1,200円
ベーシックシェアパック(~15GB)--600円-800円-1,000円-1,200円
ベーシックシェアパック(~10GB)--400円−600円-800円−1,200円
ベーシックシェアパック(~5GB)--100円-200円−600円-900円
ウルトラシェアパック100--1,000円-1,200円-1,800円-2,500円
ウルトラシェアパック50--800円-1,000円-1,200円-1,800円
ウルトラシェアパック30--600円-800円-1,000円-1,200円
個人で使うベーシックパック(~20GB)--100円-200円-600円-800円
ベーシックパック(~5GB)--100円-200円-600円-800円
ベーシックパック(~3GB)--600円
ベーシックパック(~1GB)-−200円
ウルトラデータLLパック--200円-400円-600円-800円
ウルトラデータLパック--100円-200円-600円-800円
ケータイパック-最大−300円

 

ずっとドコモ割プラスdポイン付与の場合

パケットパックずっとドコモ割
1st2nd3rd4thプラチナ
家族で分け合うベーシックシェアパック(~30GB)-720pt960pt1,200pt1,440pt
ベーシックシェアパック(~15GB)-720pt960pt1,200pt1,440pt
ベーシックシェアパック(~10GB)-480pt720pt960pt1,200pt
ベーシックシェアパック(~5GB)-120pt240pt720pt1.080pt
ウルトラシェアパック100-1,200pt1,440pt2,160pt3000pt
ウルトラシェアパック50-960pt1,200pt1,440pt2160pt
ウルトラシェアパック30-720pt960pt1,200pt1,440pt
個人で使う











ベーシックパック(~20GB)-720pt960pt1,200pt1,440pt
ベーシックパック(~5GB)-720pt960pt1,200pt1,440pt
ベーシックパック(~3GB)-720pt
ベーシックパック(~1GB)-240pt
ウルトラデータLLパック-240pt720pt960pt1,200pt
ウルトラデータLパック-120pt240pt720pt960pt
ケータイパック-最大−360pt

 

dポイントクラブ1stだとずっとドコモ割は割引もdポイント付与もないんだね。
ずっとドコモ割はdocomoの携帯電話からスマートフォンまで長年利用している人への感謝の気持ちみたいな物だからね。

 

例えば家族みんなでdocomoのスマートフォンを使っている場合「ウルトラシェアパック50」のプランを利用しているとしたら、ドコモ光の料金はセット割により2900円の割引になります。

 

さらにdocomoを15年以上利用している場合は、dポイントクラブ「プラチナ」になるので、1800円の割引になります。

 

総合すると2900円+1800円で4700円の割引になりますので、戸建てタイプの場合は実質500円で利用できます。

すごいね! めちゃくちゃ安いよ!
だからスマホがdocomoならドコモ光1択なんだよ

 

ドコモ光に変えたいけど不安…評判はどうなんだろう

ドコモ光に変更した速くなった

 

マンションで大家にNURO光にしようと相談したらムリだった

 

速度は安定している

 

ドコモ光とくとくGMOで満足はしている

 

基本的にはドコモ光に変えてから満足している人は多い

やっぱりV6プラスの存在は大きい豆

 

フレッツ光からの転用について

 

フレッツ光を利用している場合は、ドコモ光へ転用になるよ。
なにが違うの?
フレッツ光の解約の必要がないから工事費もかからないんだよ。

現在自宅でインターネット回線をフレッツ光を利用している場合は、フレッツ光を解約ではなく、ドコモ光に転用する形になります。

この転用方法はNTT東日本、NTT西日本共通です。

フレッツ光からドコモ光への転用の手続きについて解説します。

 

転用手続きに必要なものを準備する

フレッツ光からドコモ光に転用するための手続きはいくつかあります。

転用手続き必要な物

・お客様ID、ひかり電話番号もしくは連絡先電話番号

・ご契約者様名

・フレッツ光ご利用場所住所

・フレッツ光ご利用料金のお支払い方法情報

 

お客様IDと光電話電話番号はフレッツ光が開通された時に受け取っている「フレッツ光開通案内」で確認できます。

転用手続きではメールアドレスを利用することになります。

 

現在利用しているプロバイダーのメールアドレスは、ドコモ光に転用することで利用できなくなるので他のメールアドレスを用意しておきましょう。

GoogleのGmailやYahoo!のヤフーメールなどのフリーメールを用意しておくと良いでしょう。

 

フリーメールは完全無料で利用できるメールサービスだよ。

 

NTT承諾番号を受け取る

フレッツ光からドコモ光へ転用するには、転用番号を受け取る必要があります。

転用番号を受け取るには電話とWebの二つの方法があります。

 

NTT東日本
電話:0120-140-202
Web:https://flets.com/app4/input/consent/index/#process

NTT西日本
電話:0120-553-204
Web:https://flets-w.com/collabo/

 

15日以内にドコモ光へ転用手続きをしないと有効期限が切れてしまいますので注意してください。

 

準備が整ったらドコモ光へ申し込みましょう。

 

転用の注意点について

フレッツ光からドコモ光への注意点をご紹介します。

一つはフレッツ光に再び戻れないことです。

 

ドコモ光にすると料金がやすくなり、ドコモのスマートフォンを利用しているのならさらに安くなるメリットがありますのであまり問題ないかと思います。

 

注意して欲しいのはもう一つです。

それはプロバイダーの解約金がかかる場合があることです。

 

フレッツ光ではインターネット光回線とは別にプロバイダーを契約していますね。

プロバイダーの解約には、最低利用期間内の解約や、更新月以外での解約の場合に解約金が発生する場合があります。

 

思わぬ出費になってしまうことになるかもしれないので事前に把握しておこうね。

解約忘れにも注意だよ。

 

また、フレッツ光を解約して自動的にプロバイダーも解約ということにはなりません。

プロバイダーの解約は忘れてしまいがちになるので、注意してください。

忘れていて請求書で気がつくなんてこともあります。

 

1位 GMOとくとくBB

 

GMOとくとくBBは通信方式にv6プラスを採用しています。

先ほども解説した通り、通信方式v6プラスは、インターネットの速度が快適な通信です。

無料でレンタルできるWi-Fiルーターはv6プラスに対応しているもので通信速度が早い高性能なものです。

 

docomoの窓口でドコモ光を申し込んでプロバイダーをGMOとくとくBBにすることはもちろん可能なのですが、高性能のWi-Fiルーターがレンタルできたり、キャッシュバックが受け取れるのは、GMOとくとくBBのドコモ光へ直接申し込むことでしかこの特典は受け取れません。

 

2位 @nifty

@niftyは老舗プロバイダで信頼が高くファンも多いです。

ドコモ光の中でもルーター性能は劣りますが、普通に使う分には全く問題なし。

 

3位 DTI

 

DTIのドコモ光も通信方式v6プラスを採用しています。

そのため、通信速度は速いですが。無料でレンタルできるWi-FiルーターをGMOとくとくBBのものと比較してしまうと劣ってしまうので、お得さを考えるとGMOとくとくBBの方がおすすめです。

 

また、So-netと比較するとサービスの面が若干So-netの方が優秀だと思いますので3位とします。

それでも、ここで紹介していない代理店での申し込みよりは圧倒的におすすめです。

なぜなら、他の代理店の場合は通信方式v6プラスを採用していませんからね。

 

4位 So-net

 

So-netからドコモ光を申し込む場合でも通信方式v6プラスが採用されています。

v6プラスが採用されているWi-Fiルーターを無料でレンタルすることが可能なのですが、GMOとくとくBBでレンタルできるものと比較してしまうとどうしても劣ってしまいます。

 

ただ、So-netというプロバイダーのサービスは優秀で、特にプレイステーション4などでオンラインゲームを楽しむ方が好んでいる方が多いようです。

 

※現在は新規申し込みを終了しています

 

>>ネットもスマホもお得!【So-net for ドコモ光】

 

これまで解説した通り、ドコモ光の申し込みはGMOとくとくBBがナンバー1だよ。

 

ドコモ光をお得なキャンペーンを利用して申し込む

ドコモ光はお使いのスマートフォンがドコモの場合には割引が適用されて毎月の料金が安くなりますね。

ここまで紹介した正規代理店のランキングで紹介したキャンペーンサイトから申し込むとキャッシュバックを受け取れてさらにお得になります。

 

ドコモ光に申し込んでから開通までの流れ

ドコモ光に申し込んでから利用するまでの流れを紹介します。

 

手順1.キャンペーンサイトから申し込む

ドコモ光の正規代理店のキャンペーンサイトの「申し込み」をクリックします。

名前や住所など必要情報を入力していきます。

 

手順2.工事日を決める

申し込みを完了すると後日電話がきます。

申し込み情報の確認をして問題がなければ工事日を決めましょう。

工事には立会いが必要なので、自分に都合がいい日にしましょう。

 

手順3.工事完了後に利用できる

工事日になったら専門の業者がきます。

工事時間は1時間〜2時間ほどで終わります。

工事完了後にインターネットが利用できるようになります。

 

以上がドコモ光に申し込んでから開通までの流れだよ。

 

まとめ

ドコモ光はドコモショップなどで申し込む事ができますが、特典はありません。

正規代理店からの申し込みの方がキャッシュバックを受け取れてお得になります。

 

ドコモ光のプロバイダーは通信方式v6プラスを利用できるものを選べば間違いありません。

しかし、レンタルできるWi-Fiルーターやサービスを考慮するとGMOとくとくBBを選ぶのが一番と言えるでしょう。

 

ドコモ光は契約者数が600万人を超えている人気回線なので、安心して利用することができます。

 

1位のGMOとくとくBBの詳しい解説はこちらからどうぞ!

速いドコモ光のGMOとくとくBBの評判と測定してみた違いを解説!

  ドコモ光って通信速度は1Gbps何ですよね? そうだね。 ドコモ光はフレッツ光の光コラボで、同じ回線を使っているから、通信速度はフレッツ光と同じ1Gbpsだよ。 じゃあどこで申し込んでも ...

続きを見る

 

>>アナタに合う光回線のおすすめな選び方

-ドコモ光, 各種ランキング

© 2020 インターネット回線のおすすめ「ネットヒカリ」