次世代通信技術

【5G対応】iPhone12/mini/Pro/Pro Maxは買い時?11からどう変わった?

iPhone12ってどうなの?

iPhone12ってどうなの?

 

2020年10月14日に新型のiPhone、iPhone12が発表されました。

予想されていた通り、次世代の通信技術「5G対応」ですね!

新型iPhoneの発表が来たね!
今回は4種類の発表があったよ。

 

今回発売されるのは以下の4種類です。

  • iPhone12
  • iPhone12 mini
  • iPhone12 Pro
  • iPhone12 Pro MAX

 

日本では特にiPhoneユーザーが多いので、どのようなものなのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

このiPhone12の価格や、どんな性能なのか、買い時なのかきになるところですね。

 

この記事では発表されているiPhone12とiPhone11を比較して、買い時なのかについて解説します。

5Gで何が変わる?
【5Gスマホ】4Gと違う新技術で実際どんなことができる?

5Gで何が変わる?   スマートフォンで新しく5Gの電波が使えるようになりましたね。 この5Gの技術で何がどう変わるのか、何ができるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。 5G気に ...

続きを見る

 

iPhone12/mini/Pro/Pro Maxの価格と発売日

iPhone12/mini/Pro/Pro Maxの価格と発売日

iPhone12/mini/Pro/Pro Maxの価格と発売日

 

iPhoneはとにかく価格が高いイメージがありますよね。

最初に言いますと、やはりiPhone12の価格は高いです

 

iPhoneを価格で選ぶという事をしない方がいると思いますが、やはり価格は気になるところだと思いますのでまずはiPhone12の価格から紹介します。

予約開始日・発売日容量価格(税別)
iPhone12予約:10月16日(金)午後9時

発売:10月23日(金)

64GB85,800円
128GB90,800円
256GB101,800円
iPhone12 mini予約:11月6日(金)午後10時

発売:11月13日(金)

64GB74,800円
128GB79,800円
256GB90,800円
iPhone12 Pro予約:10月16日(金)午後9時

発売:10月23日(金)

128GB106,800円
256GB117,800円
512GB139,800円
iPhone12 Pro Max予約:11月6日(金)午後10時

発売:11月13日(金)

128GB117,800円
256GB12,800円
512GB150,800円

 

サイズが小さいこともありiPhone11 miniが最も価格が安く、サイズが最も大きいiPhone12 Pro Maxが最も高額です。

15万円だとMacBookが購入できる金額なのでそう考えると高いですね。

 

価格を紹介したところでそれぞれのサイズについて紹介します。

iPhone12iPhone12 miniiPhone12 ProiPhone12 Pro Max
ディスプレイ6.1インチ(対角オールスクリーン)有機EL(OLED)ディスプレイ

Super Retina XDR

2,532×1,170ピクセル解像度460ppi

5.4インチ(対角オールスクリーン)有機EL(OLED)ディスプレイ

Super Retina XDR

2,340×1,080ピクセル解像度476ppi

6.1インチ(対角オールスクリーン)有機EL(OLED)ディスプレイ

Super Retina XDR

2,532×1,170ピクセル解像度460ppi

6.7インチ(対角オールスクリーン)有機EL(OLED)ディスプレイ

Super Retina XDR

2,778×1,284ピクセル解像度458ppi

高さ

厚み

131.5mm

64.2mm

7.4mm

146.7mm

71.5mm

7.4mm

146.7mm

71.5mm

7.4mm

160.8mm

78.1mm

7.4mm

重さ162g133g187g226g

 

サイズ感はiPhone12 miniが使いやすそうだと感じます。

 

iPhone12と11の基本スペックとカメラ、バッテリーの比較

iPhone12と11の基本スペックとカメラ、バッテリーの比較

iPhone12と11の基本スペックとカメラ、バッテリーの比較

 

iPhone12は昨年発売されているiPhone11とどこが違うのか気になりますよね!

最も大きな違いは5G通信に対応しているかどうかですが、それ以外で違いが出たものを紹介します。

 

二つのiPhoneを比較してみましょう。

 

基本スペックの比較

iPhone12iPhone11
ディスプレイ6.1インチ

有機EL(OLED)

Super Retina XDR

HDR

True Tone

広角域

2,000,000:1コントラスト比(標準)

6.1インチ

LCD

Liquid Retina HD

True Tone

広角域

1,400:1コントラスト比(標準)

液晶画面

解像度

2,532×1,170

460ppi

1,792×828

326ppi

高さ

厚み

146.7mm

71.5mm

7.4mm

150.9mm

75.7mm

8.3mm

重量162g194g
システムチップA14A13

 

ディスプレイが有機ELになったこともあり、画質が大幅に向上されています。

同じ6.1インチ機種ですが本体サイズはiPhone12の方が一回り小さく軽くなっています。

 

カメラ性能の比較

カメラ性能ではiPhone12シリーズ共通としてDolby Vision対応HDRでの撮影が可能になっています。

インカメラでのナイトモード、ビデオ撮影ではナイトモードのタイムラスプにも対応しています。

 

iPhone12iPhone11
メインカメラ1,200万画像デュアルカメラ
超広角f12.4
広角f1.6
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
光学式手ぶれ補正
より明るいTrue Toneフラッシュとスローシンクロ
ナイトモード
自動調整
写真のスマートHDR 3
1,200万画像デュアルカメラ
超広角f12.4
広角f1.8
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
光学式手ぶれ補正
より明るいTrue Toneフラッシュとスローシンクロ
ナイトモード
自動調整
写真のスマートHDR(写真)
インカメラ1,200万画像
f2.2
4Kビデオ(24fps,30fps,60fps)
拡張ダイナミックレンジ(30fps)
Retina Flash
映画レベルの手ぶれ補正(4K,1080P,720p)
写真のスマートHDR 3
Dolby Vision対応HDR(最大30fps)
ナイトモード
Deep Fusion
1,200万画像
f2.2
4Kビデオ(24fps,30fps,60fps)
拡張ダイナミックレンジ(30fps)
Retina Flash
映画レベルの手ぶれ補正(4K,1080P,720p)
次世代のスマートHDR(写真)
ビデオカメラ4K(24fps,30fps,60fps)
1080p HD (30fps,60fps)
Dolby Vision対応HDR(最大30fps)
拡張ダイナミックレンジ(60fps)
光学式手ぶれ補正(4K,1080P,720p)
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
オーディオズーム
Quick Takeビデオ
ステレオ録音
ナイトモードのタイムラスプ
4K(24fps,30fps,60fps)
1080p HD (30fps,60fps)
拡張ダイナミックレンジ(60fps)
光学式手ぶれ補正(4K,1080P,720p)
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
オーディオズーム
Quick Takeビデオ
ステレオ録音

 

バッテリー性能の比較

iPhone12iPhone11
充電方式Lightning端子での有線接続

MagSafeおよびQi企画でのワイヤレス接続

Lightning端子での有線接続

Qi企画でのワイヤレス接続

高速受電対応(充電アダプタ別売)

30分で最大50%

対応(充電アダプタ別売)

30分で最大50%

ビデオ再生17時間17時間
ビデオストリーミング11時間10時間
オーディオ再生65時間65時間

 

バッテリーはそこまで変わったという印象は少ないですが、充電方式にMagSafeが追加されました

iPhone12では背面に磁石がつき、Apple Watchのような充電が可能になります。

 

iPhone12はカメラが凄い

 

iPhone12 Proはとにかくカメラが凄いと評判です。

どんなものか簡単に解説しますと、一眼レフとGoProのいいとこ取りした感じです

 

現状スマートフォンのカメラでは最も高性能な物になります。

 

まとめ iPhone12/mini/Pro/Pro Maxは買い時?どれがおすすめ?

iPhone12は5Gに対応し、カメラの性能が凄いと評判です。

スマートフォンのカメラにとにかくこだわりたいという方はiPhone12 Proがおすすめではないでしょうか

 

ただし、5Gに対応しているから購入すると考えている方は注意が必要です。

なぜなら日本ではまだ5Gの恩恵が少なく、利用可能なエリアも狭いです。

>>5Gのエリアや必要性について

 

そもそも5Gってどんな特徴があるの?
簡単に言うと通信速度がとにかく速いよ。

 

5Gには次の特徴があります。

  • 高速通信で大容量
  • 程遅延
  • 多数接続

 

これはスマートフォンでゲームや動画を楽しむだけでなく、近年注目されているIoT(あらゆるモノがインターネットと繋がって情報交換をする仕組み)など含めて開発段階からあらゆる活用シーンが想定されています

5Gはスマートフォンだけでなく、「社会全体のあらゆる端末やアプリケーションを活用するために作られた通信規格」です。

 

つまり5Gはスマートフォンのためではなく、あらゆる産業のために作られた次世代技術です。

そのため5Gだから購入するという考えでは選ばない方がいいです。

 

また、iPhone12はミリ波に対応していません

ミリ波は5G通信の中でも周波数が30〜300GHzと高いものです。

無線通信は周波数が高いほど通信速度が速くなるものなので、他のミリ波対応のスマートフォンと比較すると最大通信速度は劣ってしまいます

 

iPhone11と比較すると性能が上がっていますが無理をして購入する必要はまだ無いかと考えます。

 

ここからは個人的な意見ですが、ホームボタンがあるiPhoneが好きなのでずっと待っています。

顔認証ではなく指紋認証で利用したいです。

その理由から私はずっとiPhone8を使い続けています。

 

アメリカのトランプ大統領もツイッターで「iPhoneにホームボタンをつけろ」と過去にツイートしていたので期待していたのですが、今回のiPhone12もホームボタンが無いのショックを受けています。

 

ただ、iPhone SE2にはホームボタンがついているので5Gに対応したiPhone SEが出るのを待ってみようかなとも思います。

 

しかしながらこの中で私がおすすめしたいのはiPhone12 miniです

iPhone miniはiPhone8のようにサイズが小さいので片手で操作がしやすいと思います。

価格が最も安いこともあり、人気が出るのでは無いでしょうか?

 

iPhone12はドコモ、ソフトバンク、auの三社で取り扱っています。

各社それぞれの5G通信料金をまとめていますのでそちらも合わせて参照してみてはいかがでしょうか。

-次世代通信技術

© 2020 ネットヒカリ