次世代通信技術

5Gスマホで光回線はいらなくなる?速さを比較して必要性を解説

5Gで光回線はいらない?

5Gで光回線はいらない?

 

5Gのスマートフォンは通信速度が速いと評判です。

この通信速度が速い事で光回線いらなくなると考えてしまう人もいるようです。

5Gは光回線より速いならこれだけで良いんじゃないかな?
そんな事ないよ。インターネットを安定して楽しむなら光回線が必要な人のほうが多いよ。

 

月額料金で経済的な事を考えると5Gスマホだけで良いという方はいると思います。

しかし、高画質動画をたくさん楽しんだりオンラインゲームをする方は光回線が必須です

 

この記事では、5Gスマートフォンを利用する方が光回線がいらなくなると疑問に思っている方に対して解説していきます。

 

5Gとは何か?特徴など解説

5Gとは何か?4Gとの違いは?特徴など解説

5Gとは何か?4Gとの違いは?特徴など解説

 

5Gの基礎知識から解説していきます。

5GのGは「Generation(世代)」の頭文字の事です。

5は五番目という意味で、5Gは「第5世代の移動通信規格」のことを言います。

 

5Gには次の特徴があります。

  • 高速通信で大容量
  • 低速遅延の軽減
  • 多数接続が可能

 

これはスマートフォンでゲームや動画を楽しむだけでなく、近年注目されているIoT(あらゆるモノがインターネットと繋がって情報交換をする仕組み)など含めて開発段階からあらゆる活用シーンが想定されています

5Gはスマートフォンだけでなく、「社会全体のあらゆる端末やアプリケーションを活用するために作られた通信規格」です。

 

5Gの通信はスマートフォンのためではなく、あらゆる産業のために作られた次世代技術です。

  • 車の自動運転
  • オンライン動画での講習
  • ドローン操作
  • 動画中継のアングルの変化の多様
  • 家電家具の遠隔操作
  • etc

4Gよりも通信速度が速い回線になりますが、スマートフォンにおける5Gは通信速度が速いだけです。

 

ダウンロードが早く、8Kの高画質動画を快適に見る事ができるでしょう。

最近はよく「4K」「8K」テレビという言葉を耳にしますよね。
「4K」「8K」の“K”とは1,000を表す用語で、それぞれ「4,000」「8,000」を指しています。
「4,000」と「8,000」は水平(横)方向の画素数のことで、4Kなら横方向に3,840画素、8Kなら7,680画素含まれています。

引用元:フレッツ光

 

8K動画って?

横×縦の解像度が7680×4320画素が定義になっています。今は基本的に『2K』と呼ばれる動画。2Kは1920×1080画素で単純に8Kなら2Kの16倍の画質になるというわけです。

スマートフォンで速度を体感すると元に戻れなくなると思います。

 

5Gで光回線はいらなくなる?速度比較でどちらが速い?

5Gで光回線はいらなくなる?速度比較でどちらが速い?

5Gで光回線はいらなくなる?速度比較でどちらが速い?

 

5Gスマホは通信速度が速いので、これが普及したら光回線が不要になると考えてしまうかもしれませんね。

ですが、結論を先に言ってしまえば光回線は必要です。

 

まず第一に企業側も光回線を不要としない事業を行わないからです。

5Gスマホのインターネットサービスを提供しているドコモやau、ソフトバンクも光回線事業を行なっていますのでこれをやめさせるようなことはしないはずです

 

しかしユーザー目線では不要と感じる方もいると思いますので、5Gと光回線を比較したものを紹介します。

 

通信速度の比較

5Gと光回線の通信速度を比較します。

5Gと光回線の速さ比較

5Gと光回線の速さ比較

 

5Gの通信速度の最大値は理論上10Gbpsで、将来的には20Gbpsまで上がると言われています

そして、実際使用した人の5Gの平均速度の書き込みは以下のような数値でした。

 

スマホの5Gの速度

 

大体実際の速度は250Mbps前後になっているようです。

 

光回線の速度は基本は2020年冬までは下り最大1Gbpsでした。

これは現在の主流の光回線の通信速度で、フレッツ光・NURO光・auひかりでは一部の地域で10Gbpsのサービスがスタートしています

日本全国にこれから広がっていく予定ですが、速度はかなり速いです。

 

光回線の10Gbpsの速度

 

このように10Gbpsの光回線は相当は速いです。

比較すると5Gよりも4倍くらいは平均的に速いです。

 

 

5Gの20Gbpsはまだまだ先の話の可能性が高いので、実際に今のデバイスではそこまでの速度は必要ないです。

 

5Gスマホのデータ上限とテザリング

5Gスマートフォンでテザリングをすれば光回線が不要と考えてしまうかもしれませんね。

確かにそう思うよね

しかし、この考えはやめたほうがいいとお伝えしておきます。

 

ドコモ・au・ソフトバンク各社のデータ容量とテザリングは以下のようになっています。

メーカー名通信量テザリング
ドコモ100GB(無制限キャンペーン中)可能
au無制限可能(30GBまで)
SoftBank50GB500円(一台当たり)

ドコモの5Gは100GBが上限とされていますが、現在は無制限キャンペーン中です。

auは無制限でSoftBankは50GBが上限になってます。

あくまでも予想ですが、auも今後は上限がつくでしょう。

 

テザリングはドコモは自由に行えますが、auでは30GBまでが上限です。

SoftBankに至っては1台当たり500円必要なので損をしてる感覚になります。

自分が買ったデータ量くらい好きに使わせてほしいな・・・

 

通信量に制限があり、パソコンなどで5Gの回線を利用してもあっという間に上限にいくでしょう

 

光回線は使い放題で安定しているので、インターネットを楽しむにはこちらがおすすめです。

 

光回線とセットで5Gは割引になる

docomoauSoftBank
光回線割引-1000円(セット割)-1000円(auスマートバリュー)-1000円(おうち割)
オプション加入なし500円500円

 

ドコモやau、ソフトバンクの5Gスマホと光回線とセットで割引になります。

この割引金額は大容量プランを利用している場合です。

 

ドコモのスマホはドコモ光を利用する事で割引になります。

 

auはauスマートバリュー対応の光回線で割引になります。

auスマートバリュー対応光回線

 

SoftBankのスマートフォンは「おうち割」対象の光回線にする事で割引になります。

おうち割対象光回線

 

ドコモはオプションの加入が必要なく割引になります。

auのauスマートバリューは月額500円の光電話のオプションSoftBankのおうち割は光電話とWi-Fiマルチパック、光BBユニットのオプションがセットになった月額500円のオプションパックの加入が条件です

 

一人暮らしならいらないと考える場合も

単身の方が5Gスマホと光回線を利用した場合の料金はこちらです。

docomoではドコモ光、auではビッグローブ光、SoftBankではソフトバンク光を利用し他場合の料金です。

また、auとSoftBankは光回線とセットで割引になるために月額500円のオプション加入が必要なためこの料金も含まれています。

docomoauSoftBank
1人通信量合計10,480円10,960円10,780円
半年後11,480円11,960円11,780円
2年後11,480円12,960円12,780円
内訳
1人スマホの合計6,480円6,480円6,480円
光回線4,000円4,480円4,300円
その他条件dカード払いスマホ購入なし

 

単身で契約した場合、光回線を含めた最安値の料金は以上のようになっています。

ドコモでは支払いをdカード払い、auではスマホ購入が条件です。

 

比較するとドコモが最も安いですね

 

しかし単身の場合には光回線のような固定回線が不要という考えの方もいるでしょう。

家にあまりいなかったりインターネットで動画を見る習慣やオンラインゲームやパソコンがない人は光回線不要になるかもしれませんからね。
逆に言うとゲームをしたり動画をたくさん見る人は光回線が必須だよね!

 

光回線の契約がない場合の料金はこちらです。

docomoauSoftBank
1人通信量合計6,480円6,480円6,480円
半年後7,480円7,480円7,480円
2年後7,480円8,480円8,480円
内訳
1人スマホの料金6,480円6,480円6,480円
光回線0円0円0円
その他条件dカード払いスマホ購入なし

 

光回線を利用しない場合は偶然にも各キャリア横並びで同じ料金になります。

 

光回線を利用しない、インターネットの利用はスマートフォンのみならば料金を安くするために光回線なしでも良いでしょう。

使いすぎると制限になるから注意してくださいね!

>>5Gスマホの3大キャリア別料金の詳細記事

 

まとめ 光回線は必要な場合の方が多い

5Gスマートフォンが普及しても光回線は必要になる可能性は高いです。

その理由の最大のポイントは「5Gの回線サービスを提供するドコモ・au・SoftBankが光回線のサービスを提供しているので、これが不要になるようなプランを商売上出さない」という理由からです。

 

そして、実際は5Gで速度の質がUPしても回線が混み合えば結局は速度も遅延してしまうのが仕組み上高いです。

 

確定ではないけど、今までを見てるとそうなるだろうね。じゃないと売上がドンと下がるし会社は社員の生活を支えていけなくなるし、仕方ないね

 

テザリングでデバイスに電波を送れますが、上限がありますので5Gの速度だとあっという間に使い切ってしまうでしょう。

安定した高速通信を望むのなら光回線がおすすめです。

光回線を繋いでwi-fiで電波飛ばすのがなんだかんだ1番コスパは良いよ

光回線も一部の地域で10ギガの高速通信のサービスが始まっていますので、ドンドン全国に広がっていくでしょう。

 

今はまだ急いで5Gや高速の光回線にする必要性はありませんが、数年後全国的に広がる頃に様々な産業が高速通信に対応したサービスが増えるのでその時に乗り換えるで良いでしょう。

 

5Gで何が変わる?
【5Gスマホ】4Gと違う新技術で実際どんなことができる?

5Gで何が変わる?   スマートフォンで新しく5Gの電波が使えるようになりましたね。 この5Gの技術で何がどう変わるのか、何ができるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。 5G気に ...

続きを見る

-次世代通信技術

© 2022 ネットヒカリ