各種ランキング

光回線の回線速度が速いランキング【遅いのはもうコリゴリな人へ】

更新日:

 

光回線を選ぶときに一番重要視して欲しいのが価格ではなく通信速度です。

そのため今回は光回線の回線速度が速い光サービスのランキングを書きました

 

通信速度が遅いとWebページの閲覧やダウンロードに時間がかかるため、お金を渋ってしまうと大切な時間を奪ってしまうことになります。

それに光回線は選び方をしっかりやれば、「月額料金が安く済み更に通信速度も速くて通信が途切れない安定したネット環境を作ることが可能」です。

光回線の一般的な速度は下り最大1Gbpsです。これ以下の速度はどんなに安くても、お得に感じても選ばないことをお勧めします。

 

回線速度が速くなる未来

 

2020年に携帯電話のモバイル回線でも5Gという新しい通信サービスで、従来の10倍の速度になる予定です。

光回線でも首都圏では5Gbpsのものや10Gbpsの速度のサービスがスタートしています。

 

これに伴い、4Kや8Kの動画が楽しめるようになり、株やFXなどの取引もより高速になるでしょう。

 

ネットぅ
YouTubeではすでに4Kや8Kの動画配信をスタートしてるよ。

 

ゲームでも大容量のものが多くなり、回線速度が遅いものはダウンロードが遅くなることと、オンラインでの対戦時にタイムラグが出ることも頻繁にあります。

 

これはごく一部の可能性ですが通信速度が速くなることで、暮らしがより快適になることは今までのインターネットの歴史から言っても明らかです。

なので、現在でも光回線を契約するのなら、通信速度が速いものを選ぶことが最適だと言えます。

 

速度の単位でよく「1Gbps」や「2Gbps」などの表記があります。
あれはあくまでMAXの速度であり「実測値」とは異なります。
※実測とは…実際に通信をしたときの速度の値のこと※

 

基本的には『1Gbps』を例にしても平均の値は100mbps~500mbpsを行き来していることが多いです。

なのであくまで「1Gbps(1000mbps)の速度表示があってもその値に平均が達していることはない」のでMAX値として捉えてください。

そして、今現在はこの1Gbpsの速度が色々な光回線で多いですが、それでも種類によってその幅は異なります。

 

同じ1Gbpsでも
Aという回線が「100~130mbpsが上りと下りの平均」。
Bという回線が「350~400mbpsの上りと下りの平均」。
Cという回線が「200~250mbpsの上りと下りの平均」。

上記のように回線速度の表記は同じでもは種類によって異なりますので選び方にも注意が必要です。

 

光回線の平均的な速度って大体どれくらい?

光回線の速度は幾つかの場所で調べられています。

その中で私自身がまとめたデータだと以下になります。

 

平均速度

105~110Mbps

 

これが大体光回線の平均的な速度だと思われます

基準としては各光回線のデータ通信の実測値を参考にし口コミや調査期間、みんなが実際にそれぞれの地方で計った数値を調べたもので、それらを平均すると105~110Mbpsになります。

 

しかし、これは1日の速度平均です

 

夜や深夜は傾向として速度がもっと遅くなる傾向があります。

シンプルに回線が込み合うためだと言えます。

 

サイトによっては400、500Mbpsが平均的と言われているところもありますが、全国的な平均の数値を見るとそこまでの数値は難しいと思いますので上記が一般的な平均値に近いと思います。

そして、これは地域いわゆる県単位や市単位でも速度のムラはあるのであくまで一般的な目安として参考にしてください。

回線速度ランキング

 

インターネットの光回線を通信速度の速い順に解説します。

みんなのネット回線速度の口コミなどを主に参考にしています。

速度だけを視点におくのであればこのランキングの上位から選べば間違い無いです。

 

1位:NURO光

下り最大2Gbpsの超高速インターネットサービスです。

現状では一番速い光回線です。

更に2019年になってから6Gbps、10Gbpsなどの速度も始まっているため正に最速の光回線

通信速度が遅くなる理由の一つにセキュリティソフトがありますが、NURO光では通信速度にさほど影響を与えないセキュリティソフトのカスペルスキーの料金が含まれています。

また、NURO光のモデムにはWi-Fi機能が備わっているため無線LANルーターの代わりにもなります。

 

光回線、セキュリティソフト、無線LANルーターのレンタル代が込み込みで4743円です。

コスパ最強で通信速度も一番です。

 

NURO光の通信速度(実測値)

1日の速度平均値(全国)

Ping値 下り速度(ダウンロード) 上り速度(アップロード)
14.63ms 247.8Mbps 205.2Mbps

流石はNURO光。

平均下り速度を200Mbps越えています。

ping値も10代をキープ。

ping値は応答速度と呼ばれる値でこの数値が小さいほど、良くて平均的には35~50と言われています。

 

ping値も下り速度も申し分なし最速の光回線です。

 

ネットぅ
NURO光はコスパ最強で通信速度も最速でおすすめナンバー1のインターネット光回線だよ。
じゃあみんなこれを選べばいいんだね!
ピヨ丸
ネットぅ
実はNURO光が使えない場合があるんだよ。

 

しかし、欠点もあります。

NURO光の欠点は対象エリアが関東と関西、東海エリアの一部地域を覗くところの狭さと、マンションが7階建までしかないところです。

 

NURO光の7階建以上のマンションタイプは、そのマンションでNURO光を契約する人が最低でも4人以上いないと契約できない仕組みなので、管理組合などで決めないと難しいところだと思います。

 

また、NURO光はこれから東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の一部のエリアの戸建と5階以下のマンションを対象に10Gbpsと6Gbpsの通信速度のサービスが始まるため、これからも注目していきたい光回線です。

>>NURO光プロバイダー別おすすめランキング

はてな

公式速度1Gbpsの中でNURO光は2Gbps。
1Gbpsの平均が100~200mbpsが多い中、実測の平均値も500、600mbpsを超えている数値がツイッターの書き込みでも多くデータ調査でも平均値が速度はダントツ。※

2位:auひかり

先に言っておきますが2位以下の通信速度は1Gbpsで同じです。

その中でもauひかりが2位の理由は通信速度の安定性です。

 

auひかりはKDDIグループの光回線でNTTのフレッツ光とは違う回線になります。

そのため、ユーザーの多いフレッツ光とは違い、混雑時の影響を受けにくいことから回線速度が安定しています。

 

auひかりの通信速度(実測値)

1日の速度平均値(全国)

Ping値 下り速度(ダウンロード) 上り速度(アップロード)
22.04ms 191.72Mbps 166.63Mbps

auひかりもping値は20ms前半で下り速度は200Mbps近くで非常に高速。

NURO光には及ばないものの、これだけの数値は充分すぎるほど速いです。

全国向けで幅広いので、NURO光圏外の人で速度を重視する人は迷わずこのauひかりが良いと思います。

 

auひかりは全国区でエリアが広いですが、一部の地域では同じKDDIグループの光回線があるためauひかりを契約できない地域があります。

例えば中部地区のコミュファ光です。

コミュファ光もauひかりと同じ理由で速度は安定しています。

 

ネットぅ
電波の安定性にも影響する基地局も多いので全国的に広くおすすめ。 速さもプラス速度の安定度はとても高い光回線です。

 

>>auひかりの7つのプロバイダーの良し悪しを徹底解説!

はてな

公式速度1Gbpsの中でauひかりはmbpsの平均値は1番高いと評判。

1Gbpsの平均が100~200mbpsが多い中 、実測の平均値が400~500mbpsが多くツイッターの書き込みでの数値でもよく見られます。NURO光のエリア外の地域で速度重視の人はauひかり回線が最適※

 

3位So-Net光

So-net光は料金もそんなに掛からない光回線でフレッツ光の光コラボの一つです。

2位のauひかりと同様に「auスマートバリュー」の割引も適用されるので隠れた名光回線です。

光コラボの一角としてのイメージも強いですが、光コラボの中ではNO1に通信速度が速いという評判です。

更にIPv6に対応しているため接続の不具合や不安定さも低いので、クオリティが高いです。

老舗のインターネット回線ということもあり、通信技術も高いように思えます。

So-net光の通信速度(実測値)

1日の速度平均値(全国)

Ping値 下り速度(ダウンロード) 上り速度(アップロード)
23.56ms 174.36Mbps 176.57Mbps

全ての数値的にも確実にトップクラスです。

トップ2が速すぎますが、So-net光もストレスを感じずに通信をすることができるでしょう。

 

夜や夕方は利用者が重なり、速度が落ち気味にはなります。

ただ平均してこれだけ速度が出ていれば全く問題ない数値ですね。

 

>>So-net光おすすめ代理店比較ランキング!

4位:フレッツ光・光コラボ

NTTグループのフレッツ光はユーザー数が最も多い光回線です。

ユーザーが多い理由から混雑してしまったときに他と比べて速度が遅くなるということもあります。

 

しかし、それでも大手の光回線なので安心と安全は約束され信頼できる光回線です。

フレッツ光の光コラボはこのフレッツ光の回線を各通信業者が卸売している形になっているため、品質はほぼ変わりません。

なのでお使いのスマートフォンによってお得になる光回線を選べばいいでしょう。

 

フレッツ光(光コラボ)の通信速度(実測値)

1日の速度平均値(全国)

Ping値 下り速度(ダウンロード) 上り速度(アップロード)
28.15ms 132.4Mbps 134.24Mbps

フレッツ光としての数値なので、基本的には高い数値を誇っています。

光コラボ全ての数値ではなく、光コラボの場合はもっと全然遅い回線も存在するので注意してください。

 

>>最大70,000円キャッシュバック!【フレッツ光】

 

画像引用元:https://minsoku.net/

1位のNURO光を徹底解説

 

正直に申し上げますと、通信速度を重視する場合はNURO光1択と言っても過言ではありません。

特に、スマートフォンがソフトバンクの方は「おうち割」で月額料金が割引になるので、第一選択になります。

 

通信速度は下り最大2Gbpsで、他の光回線は1Gbpsなので圧倒的な速さを誇ります

 

ネットぅ
NURO光は世界最速のインターネット回線だよ。

 

現在では関東の一部のみ10Gbpsの速度のNURO光もありますが、今のスマートフォンやパソコンなどの端末では規格が合わないことの理由から対応しきれないのでそこまでの通信環境は必要なく、利用者も少ないため口コミもないことからお勧めできるかの判断ができません。

なので10Gbpsというよりも2GbpsのNURO光が最適となります。

 

\ NURO光各プロバイダの中で厳選し総合NO1におススメな会社 /

>>ネットのみでも必ず3万円進呈!NURO光キャンペーン

月額料金が安い

NURO光は月額料金が4,780円です。

通信速度が最速でしかも安いですね。

 

auひかりは5,100円でドコモ光やソフトバンク光は5200円なので、比較すると300円以上も違いますね

 

これを2年利用した場合は7200円以上の差になるのでかなり大きいですね。

 

塵も積もれば山となるですね!
ピヨ丸(スマホ)

この月額料金は光回線の利用料だけでなくプロバイダー(So-net)の料金も含まれています。

他の光回線だと請求が別で2重請求を受けることにもなりますが、それがないことも安心と言えます。

セキュリティソフトとWi-Fiルーターが無料

NURO光はセキュリティソフト「カスペルスキー」の料金が含まれています。

このカスペルスキーは本来の仕様では月額500円かかりますが、NURO光を利用すれば無料で使えます。

 

また、NURO光からレンタルするONUは高速Wi-Fiルーターが内臓されているので、自宅でWi-Fiを実質無料で利用できるようになります。

 

なのでWi-Fiルーターを購入しなくてもいいです。

 

NURO光は月額料金にプロバイダーとセキュリティソフト、Wi-Fiルーターのレンタルの料金が含まれてるんだね
ピヨ丸
ネットぅ
まさにコスパ最強なインターネット光回線だよ

 

ソフトバンクならさらにお得に

スマートフォンや携帯電話がソフトバンクの場合は、さらにお得になります。

NURO光はソフトバンクのスマートフォンや携帯電話と、特定の光回線とセットで携帯料金が割引になる「おうち割 光セット」の対象になっています。

 

そのためお使いのスマートフォンがソフトバンクなら、おうち割が適応されることで、スマートフォンや携帯電話の料金が毎月最大2000円引きになります。

 

NURO光の注意点

NURO光は最もおすすめな光回線ですが、これは戸建てと7階建以下の集合住宅でしか利用することができません。

なので8階建以上のマンションに住んでいる場合は利用できないので、その場合は他の光回線にするしかないです。

 

また、NURO光は工事が必要で、結構な日数がかかってしまいます。

最短で30日前後ですが、NURO光は屋内工事と屋外工事の2回あり、その2回立ち会いが必要になります。

 

申込者が多くなってしまうと工事の日程がなかなか決められなくて日数がかかってしまうことがあるので、早めに申し込んだ方がいいです。

 

NURO光の開通工事は2回必要だけどそこまでして使う価値はあるの?

  NURO光は世界最速と言われている超高速インターネット通信サービスです。 このNURO光は2回立会いの工事が必要です。 今回はNURO光の工事の簡単な流れについて解説します。 &nbsp ...

続きを見る

 

ポイント

・通信速度がダントツで速い

・料金が安い

・Wi-Fiルーターとセキュリティソフトが無料

以上の理由から通信速度でもナンバー1のNURO光がおすすめナンバーワンなんですね
ピヨ丸(スマホ)

 

ネットぅ
ソフトバンクユーザーももちろんだけど、他のスマートフォンを利用してもセキュリティソフトとかWi-Fiルーターの料金を考えても安くなるし、何よりこの通信速度はヤバいから一番おすすめになるんだよ

 

2位のauひかりが速い理由は?

 

auひかりは2位としました。

1位のNURO光は関東・関西・東海地方限定のものですがauひかりは全国的に広いです。

しかし、中にはauひかりを利用できないエリアもあります。

それでは2位のauひかりが利用できるエリアと、通信速度が速い理由や特徴などを解説します。

 

auひかりのサービス提供エリア

 

auひかりのサービス提供エリアは戸建てタイプとマンションなどの集合受託向けで異なります。

それぞれ見ていきましょう。

 

auひかりエリア:戸建てタイプ

■北海道・東北地方
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県

■関東地方
東京都・茨城県・神奈川県・栃木県・千葉県・群馬県・埼玉県

■中部地方
山梨県・新潟県・長野県・富山県・石川県・福井県

■中国地方
鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県

■四国地方
香川県・愛媛県・徳島県・高知県

■九州地方
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県

 

auひかりエリア:マンションタイプ

■北海道・東北地方
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県

■関東地方
東京都・茨城県・神奈川県・栃木県・千葉県・群馬県・埼玉県

■中部地方
山梨県・新潟県・長野県・富山県・石川県・福井県

■東海地方
静岡県・愛知県・岐阜県・三重県

■関西地方
大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・滋賀県・兵庫県

■中国地方
鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県

■四国地方
香川県・愛媛県・徳島県・高知県

■九州地方
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県

 

このように戸建て向けは東海地方と関西地方ではサービスを行なっていません。

東海地方と関西地方ではauひかりと同じKDDIの回線であるeo光やコミュファ光があるので競合しないようにするためです。

しかし、マンションによってはauひかりに対応していないので注意してください。

申し込む前に一度確認してみるといいでしょう。

 

なんで関西地方と東海地方にauひかりのマンションタイプがあるの?
ピヨ丸
ネットぅ
こればかりは謎なんだよ。

 

auひかりはなぜ速いのか?

auひかりの通信速度は下り最大1Gbpsです。

この通信速度はフレッツ光の通信速度と同じです。

 

同じ通信速度なのになんでauひかりの方がフレッツ光よりも速いの?
ピヨ丸
ネットぅ
それは実測値がauひかりの方が速いからなんだ。

 

同じ通信速度なのになぜauひかりの方が速いのか気になりますよね。

インターネット回線の通信速度はベストエフォート型と呼ばれるもので、実測値はこれよりも遅いです。

フレッツ光は利用者が多すぎるから回線が混雑しやすく、それにより通信速度が遅くなってしまします。

 

auひかりはKDDIの回線なのでフレッツ光のNTT回線とは違うものです。

フレッツ光の混雑の影響を受けないので通信速度は安定しています。

しかもKDDIの回線はユーザーが多くなるにつれて増強しているので通信速度が速くなります。

 

フレッツ光でも通信速度を速くしたい

 

フレッツ光の光回線をどうしても利用したい場合がありますね。

お住いのマンションがフレッツ光の回線しか利用できない場合や、ドコモのスマートフォンを利用したい場合はドコモ光とセットにするしか割引になりません。

 

でも通信速度が遅いのは嫌だ!

 

そんなあなたには通信方式v6プラスがおすすめです!

フレッツ光の光コラボの一部ではv6プラスを利用できます。

 

通信方式v6プラスとは

 

通信方式v6プラスは簡単に解説するとインターネットを快適に行える通信方式です。

フレッツ光の光コラボで、v6プラスを採用している光コラボを利用すれば通信速度が速くなります。

フレッツ光しか利用できない環境にお住いの方はこちらを選ぶといいでしょう。

 

 

フレッツ光はIPv4という通信方式でサービスを提供していました。

このIPv4の利用者が多すぎるので混雑して通信速度が遅くなってしまいます。

そこで誕生したのがv6プラスです。

 

高速道路のIPv4の利用者が多すぎて渋滞が多くなるから、快適に走るためにv6プラスというもう一つ高速道路が誕生したようなものです。

まだ利用者が少ないので快適にインターネットが行えます。

 

v6プラスを採用している光コラボ

通信方式v6プラスを採用している光コラボは、申し込めば必ず利用できるというものではありません。

v6プラスのサービスを提供している代理店やプロバイダから申し込まないといけません。

 

v6プラスを採用している光コラボはこちらです。

 

この中の光コラボは通信方式v6プラスを採用している代理店があります。

 

リンク先はおすすめランキングになってるよ!
ピヨ丸
ネットぅ
v6プラスを採用している代理店も紹介してるから比較してみてね。

 

まとめ

現在最も速い光回線は下り最大2GbpsのNURO光です。他は1Gbpsですがその中でも比較的にユーザー数が少ないau光の方が速度は安定します。

通信速度を第一に考える方は参考にして見てください。

 

-各種ランキング

Copyright© 光回線を比較してランキング|ピヨ丸とネットぅ , 2019 All Rights Reserved.