各種ランキング

マンション住まいでも速度ガチ安定な光回線BEST3はコレ! ※光回線✖プロバイダの組み合わせ※

マンション住まいでも速度ガチ安定な光回線

マンション住まいでも速度ガチ安定な光回線

 

マンション住まいの方でインターネットの通信速度が気になる方が多いですね。

速度が遅いとイライラするので安定している速度のインターネット回線に乗り換えたい、またはこれからマンションに住むにあたって光回線を申し込みたいですよね。

マンションの光回線って遅いって聞いた事があるけど・・・
マンションの場合は配線方式や時間帯によって速度が違うよ。

 

マンションは建物によってインターネットの配線が違うので速度にどうしても差が出てしまいます。

また、マンションなど集合住宅の場合は住民の多くが利用すると回線が混雑して遅くなってしまいます

 

そんな条件の中でも通信速度が安定している光回線をランキング形式で紹介します。

 

マンションは配線によって速度が異なる

マンションは配線によって速度が異なる

マンションは配線によって速度が異なる

 

マンションにおすすめな光回線を紹介する前に、マンションではどうしても「配線」という速度が遅くなる仕方ない理由があります。

戸建ての場合は気にしなくていいのですが、これはどうする事もできない問題です。

 

マンションの配線方式は以下の3つがあります。

  • 光配線方式
  • VDSL方式
  • LAN配線方式

 

この配線方式によって通信速度に違いが出てしまいます。

 

光配線方式

光配線方式は建物に光コンセントや光コネクターが設定されています。

屋外配線網から建物宅内まで直接光ファイバーを引き込んでいる配線方式です。

 

一貫した光ファイバーでの信号伝送で、理想的な回線の安定性や高速化が見込める配線になります。

 

光配線方式だと通信速度が戸建てタイプのように下り最大1Gbpsになります。

 

VDSL配線方式

VDSL配線方式では通信速度が下り最大100Mbpsとどうしても遅くなってしまいます。

 

その理由はVDSL配線はもともとインターネット光回線のための配線ではないからです。

アナログの配線なので環境によって影響が出てしまいます。

 

そのため、VDSL配線方式では通信速度が遅くなってしまうのは仕方ありません。

 

VDSL配線方式のメリットは工事時間が短いことです。

約30分ほどで完了します。

配線を改めて引き入れる工事の必要がないので工事ができないということはありません。

 

VDSL配線方式はマンションの住人が多くインターネットを利用すると回線が混み合って繋がりにくくなって通信速度が遅くなりやすくなってしまいます。

 

LAN配線方式

LAN配線方式は宅内にはLANコネクターが設置されてルーターやPCのLANケーブルで接続します

建物に引き込まれた光ファイバーの幹線を一旦MDF(主配線盤)に取り込み、各部屋にLANケーブルで配信されます。

 

モデムやONUが必要ないです。

各戸の入居者がインターネット接続を希望するとマンションの管理会社などから認証番号が与えられるので設定するだけでインターネットが利用できるということになります。

 

しかし、自分で利用したいインターネット光回線が選べないというデメリットがあることからドコモ光を利用できません。

 

配線方式の変更は可能?

マンションなどの集合住宅にお住いで、配線方式を光配線方式に変更したいって思いますよね。

これを変更するにはマンションの管理会社や大家さんに直談判するしかなく個人ではどうすることもできないのでほぼ無理と行っていいでしょう。

 

どうしても光配線方式にしたい場合は、それに対応したマンションに引っ越しをすることが一番です。

 

光コンセントがあれば光配線方式

 

光コンセントはインターネットを利用するためのコンセントです。

光コンセントにONU(光終端装置)や光電話を利用する場合はホームゲートウェイを接続することでインターネットを利用できるようになります。

 

これはNTTのコンセントですので、auひかりやNURO光、地方電力系の光回線では利用できません

NTTフレッツ光、光コラボのインターネット光回線でのみ利用できます。

 

一体型タイプの光コンセントと分離型タイプの光コンセントの2種類があります。

画像引用元:https://www.ntt-east.co.jp/info/detail/130308_01.html

 

光コンセントの見分け方

」の文字

NTTマーク」の文字

光コンセント」の文字

以上ののいずれかの文字が記載されています。

 

 

ポイント

光コンセントがあれば戸建と同じような高速のインターネット回線を利用する事ができます。

しかし問題はVDSL配線です。

VDSL配線はどうしても通信速度が下り最大100Mbpsなので、この状況の中で安定して速くする光回線を選ぶのがポイントとなります。

 

マンションで速度安定なおすすめ光回線ベスト3

マンションで速度安定なおすすめ光回線ベスト3

マンションで速度安定なおすすめ光回線ベスト3

 

マンションにおすすめな光回線を紹介します。

ポイントはVDSL配線でも安心して速い回線です。

 

マンションで安定して速い理由も含めてランキング形式で紹介します。

 

1位 ドコモ光×GMOとくとくBB

ドコモ光はマンションのVDSL配線でも通信速度が高速です。

どうしてドコモ光×GMOとくとくBBが最もおすすめかと言いますと、僕が利用しているからです。

 

僕が住んでいるマンションはVDSL配線で、ドコモ光を契約しています。

プロバイダはGMOとくとくBBで動画再生やオンラインゲームも無理なく楽しめています

 

アーティストの配信ライブも快適に見る事ができました

 

実際にドコモ光をVDSL配線で利用している方の口コミを紹介します。

 

下りスピードがかなり遅い 

流石に下りのスピードが3mbpsだとyoutubeの視聴もままならないね。 

けっこう早い!

とりあえずこのスピードを維持してくれれば、助かるね!

上記のようにドコモ光のVDSLでの評判を確認したところ、感覚としては『やや遅いという意見が多い』という印象でした。

 

もちろん時間帯によっては通信速度が遅くなるのは全光回線共通のことです。

その中でもv6プラスを利用しているプロバイダは通信速度が速くなります。

 

ドコモ光の月額料金を紹介します。

2年定期契約契約期間なし
戸建てマンション戸建てマンション
タイプA5200円4000円6700円5000円
タイプB5400円4200円6900円5200円
タイプC5200円4000円6500円5000円
単独タイプ5000円3800円6500円4800円
ドコモ光ミニ2700円〜5700円-4200円〜7200円-

 

2年定期契約の場合は2年毎の更新になり、更新月以外での解約は違約金が発生します。

ドコモ光には2年間の定期契約プランと契約期間がない場合とで料金に違いがあり、一人暮らしの方は4000円になるマンションタイプのタイプAがおすすめです

タイプAとかって何?
選べるプロバイダの違いだよ。料金の違いは速度とかじゃなくて単純にドコモ光との関係だと思う。

 

ここでおすすめなのはプロバイダのGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBはタイプAに属するプロバイダで月額料金は4,000円です

どうしてGMOとくとくBBがおすすめなの?
キャッシュバックもあって、高性能Wi-Fiルーターが無料でレンタルできるからだよ。

 

プロバイダをGMOとくとくBBにするとキャッシュバック20,000円受け取る事ができます。

さらに高性能Wi-Fiルーターがを無料でレンタルできます

GMOとくとくBBはv6プラスを利用できるので、高速通信でインターネットを利用する事ができます

 

ドコモ光のプロバイダをGMOとくとくBBにすれば初めから高速Wi-Fiが利用できるって事ですね。キャッシュバック20,000円でdポイントも2000pt付与されるのでドコモスマホの方はドコモ光一択と言えます。

 

 

2位 So-net光プラス

So-net光プラスはSONYが運営するフレッツ光の光コラボです。

So-net光プラスはv6プラスを利用できるのでマンションで通信速度が速いです。

 

So-net光プラスの基本的な月額料金を紹介します。

戸建てマンション
So-net光プラス月額料金5,580円4,480円

 

1位のドコモ光と比較すると高く見えますね。

しかし、So-net光は公式サイトから申し込めばキャッシュバックがない代わりに2年間月額料金を安く利用できるようになります

 

So-net光×SONY

So-net光×SONY

 

キャンペーン適用後の料金は以下のようになってます。

戸建てマンション
So-net光プラス月額料金5,580円3,080円4,480円2,080円

 

これは工事費用とセキュリティサービスの料金も含まれているので大変お得です

さらに、月額500円の光電話オプションを必要としますがauスマホならauスマートバリューで1000円引きにする事も可能です。

 

またv6プラス対応のWi-Fiルーターをレンタルできるのでさらにお得です

キャッシュバックはありませんがその代わり安くインターネットを利用する事ができます。

 

マンションで利用するのに通信速度が速いだけでなく2年間限定ですが月額料金を安く利用できるのでおすすめな光回線です。

 

So-net光の公式サイトからの申し込みなら2年間をかなり安く利用できるのでauに限らずどのキャリアのスマートフォンでも2080円で利用できます

 

 

3位 ソフトバンク光

ソフトバンク光もマンションで安定して通信速度が速い光回線です。

しかし以下のような口コミが目立ちますので不安に思う方もいるでしょう。

 

ソフトバンク光は遅い

 

ソフトバンク光の利用者は通信速度が遅いという評判が悪い口コミがありました。

 

ソフトバンク光は通信速度が遅いという口コミがありますがそんなことはありません。

遅くなる理由は光BBユニットを利用していないからです。

 

ソフトバンク光では月額468円で光BBユニットをレンタルできます。

光BBユニットはソフトバンク光専用のブロードバンドルーターで、Wi-Fiマルチパックのオプションや光電話などの利用に必須なものです。

 

もしかしたら月額料金を支払ってレンタルするのが嫌で、市販のWi-Fiルーターでいいとお考えになるのではないでしょうか

私も過去にそう思ってしまいました。

 

実はソフトバンク光は専用の光BBユニットを利用しないと通信速度が速くならない仕組みになってます。

 

光BBユニットをレンタルしないと速くならないってやだな〜
光BBユニットのレンタルを含むオプションパックに加入すればソフトバンクのスマホが最大1,000円引きになるメリットもあるよ。

 

ソフトバンク光の料金を紹介します。

項目料金
戸建の月額料金5,200円
マンションの月額料金3,800円

 

ソフトバンク光のマンションタイプの月額料金は3,800円と安いです。

 

さらにSoftBankのスマートフォンをご利用の方は最大1,000円引きになります

ただし、月額500円のオプションパックの加入が条件です

 

ソフトバンク光のオプションのオプションパックは以下の内容です。

光BBユニットレンタル

Wi-Fiマルチパック

BBフォン・ホワイト光電話・光電話(N)+BBフォンのどれか1つ

 

ソフトバンク光のマンションタイプが月額料金が3,800円で、オプション料金が500円なので合計4,300円になります。

SoftBankスマホ利用者にはおうち割で最大1000円引きになりますが、スマートフォンの料金プランによっては500円になりプラスマイナスゼロになります。

 

ただし、ソフトバンク光は光BBユニットを利用しないと通信速度が遅すぎるので、オプションパックの加入は必須と言えます

月額料金がもともと安く、ソフトバンクスマホの方は3300円〜3800円で利用できるので安く利用できます。

 

光電話なんて利用しないって思っても、光BBユニットのみのレンタルでは割引の対象にならないし月額400円なんだよね。だから光電話のオプションも含まれているオプションパックに加入した方が総合的にお得なんだ。もちろんソフトバンクスマホのみの割引だからドコモやauは損しちゃうよ!

 

ソフトバンク光は代理店S&Nパートナーから申し込めばキャッシュバックを最大34,000円受け取る事ができます。

 

 

S&Nパートナーのキャッシュバック条件

キャッシュバック金額新規申し込み:34,000円

転用・事業者変更:15,000円

受け取り方法申し込み時に電話で振込口座を伝える
受け取れる時期最短2ヶ月後
オプション加入条件おうち割光セットor光BBユニットのレンタル

ソフトバンク光の正規代理店株式会社S&Bパートナーはキャッシュバックが34,000円受け取れ、受け取れる時期が早いです。

オプションの条件はありますが、このオプションはオプションパックの事なのでソフトバンク光の利用には不可欠なものです

 

申し込み時に電話で振込口座を伝えておくだけで申請が完了しますので、申請忘れによって受け取れないという事にはなりません

 

 

 

v6プラスを利用できる光回線は速度が速い

 

マンションでも安定して通信速度が速くするには通信方式v6プラスを利用することです。

この記事で紹介しているドコモ光のGMOとくとくBBとSo-net光プラスはv6プラスを利用できますので通信速度が高速です

 

ソフトバンク光はv6プラスを利用できませんが、光BBユニットを利用することで通信速度が速くなります。

通信速度が速くなる理由について解説しますね。

 

v6プラスとは

IPoE IPv4 over IPv6通信

画像引用元:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/provider_list/ipv6/

従来のインターネット接続は「IPv4 PPPoE」で、インターネットを大勢で利用する時間帯は、混雑している道路と一緒でスピードを出すことが出来ません。

光BBユニットを使う「IPv6  IPoE」ならばほぼ無限のIPアドレスがありますので快適にネット通信をすることができます

 

ただし、この「IPv6 IPoE」通信というのは、動画サイトやオンラインゲーム、ホームページなどがそもそも「IPv6 IPoE」通信に対応していなければなりません。

現在この「IPv6 IPoE」のみに対応したサイトはGoogleやFacebookなどの有名企業しかなく、現在はIPv4からIPv6への移行期でありIPv6に対応していないウェブサービスも少なくありません。

 

ゲームでも遅くなるなら意味ないんじゃないかな?
IPv4 ovre IPv6という技術で、IPV4 PPPoEでもIPv6 IPoE経路上でのインターネットアクセスが可能になるよ。

 

近年の通信方式はPPPoE IPv6通信と、IPoE IPv6通信、そしてIPoE IPv4 over IPv6通信の3タイプに別れています。

 

IPoE方式の新方式によりIPv6に加えIPv4のWebサイトなどの閲覧においても、快適にインターネットをご利用いただける接続方式です。

これは従来のPPPoE方式を利用しないので全ての通信が高速になります。

つまりどのサイトを開いても動画を見ても常に快適なインターネットを利用できるサービスです

 

IPoE IPv4 over IPv6通信はv6プラスをはじめプロバイダによってサービス名称(機能名称)が違います。

 

v6プラスは日本ネットエアークネイブラー株式会社(JPNE)をVNE事業者とするIPoE IPv4 over IPv6通信のことです。

ポイント

VNE事業者とははIPoE接続事業者の事を言い、電気通信設備を設置・運用し他の電気通信事業者に卸電気通信役務を提供します。

つまり、日本ネットエアークネイブラーがGMOとくとくBBなどのプロバイダにv6プラスのサービスを提供しています。

 

ドコモ光でv6プラスを利用できるプロバイダは以下の通りです。

プロバイダ申し込み
GMOとくとくBB不要
@nifty不要
タイガースネット必要
スピーディア必要
IC-NET必要
@ちゃんぷるネット必要

 

日本ネットエアークネイブラーが提供するv6プラス以外のIPoE IPv4 over IPv6通信は別の名称になります。

プロバイダ名称申し込み
ドコモnetIPoE over IPv6機能不要
ぷららぷららv6エクスプレス不要
DTI IPv6(IPoE)接続サービス必要
BIGLOBEIPv6オプション不要
andlineIPv6サービス必要
hi-hoIPv6_IPoE接続サービス必要
BB.exciteIPv6 IPoE接続サービス必要
OCNOCN v6アルファ必要
@T COMv6インターネット接続機能不要

 

v6プラスなどIPoE IPv4 over IPv6通信の利用には対応しているWi-Fiルーターが必要です。

例えばドコモnetの場合は専用のドコモ光ルーター01を購入しないといけません

 

最もスムーズに高速なドコモ光を利用するにはv6プラス対応しているプロバイダで高速Wi-Fiルーターをレンタルしているところです

 

速度を速くするには高性能Wi-Fiルーターが必要

ドコモ光やSo-net光プラスでv6プラスを利用するには対応しているWi-Fiルーターが必要です。

つまり、ONUやVDSL宅内装置からLANケーブルで繋いでも速度は速くなりません。

 

v6プラスの通信に対応しているWi-Fiルーターを利用する事で通信速度が速くなります。

 

ドコモ光のプロバイダGMOとくとくBBやSo-net光プラスの公式サイトではv6プラスに対応しているWi-Fiルーターを無料でレンタルする事ができます

もちろん自分の間取りなどにあった好みのものがあればそちらを購入してもいいのですが、1万円前後の値段で高性能のWi-Fiルーターを無料でレンタルできるので大変お得です。

 

ソフトバンク光は光BBユニットを利用しないと遅くなる

ソフトバンク光ではv6プラスは利用する事ができませんが、IPv6高速ハイブリットを利用する事ができます。

この利用条件は光BBユニットを利用する事です。

 

つまり光BBユニットを使うことで「IPv6  IPoE」ならばほぼ無限のIPアドレスがありますので快適にネット通信をすることができます

 

ソフトバンク光のIPv6 高速ハイブリットはIPoE方式の新方式によりIPv6に加えIPv4のWebサイトなどの閲覧においても、快適にインターネットをご利用いただける接続方式になります。

これは従来のPPPoE方式を利用しないので全ての通信が高速になります。

 

つまりどのサイトを開いても動画を見ても常に快適なインターネットを利用できるサービスです

 

市販のWi-FiルーターにはIPoE通信を利用できる機能がありますが、このIPv6高速ハイブリットは対応していませんのでソフトバンク光で高速通信を利用するには光BBユニットが必須という事です。

 

ソフトバンク光が遅くなる原因は光BBユニットを利用しないことですから、光BBユニットをレンタルしてIPv6 高速ハイブリットで高速にしましょう

 

まとめ

マンションで安定して通信速度が速い光回線をランキング形式で紹介しました。

光コンセントがあるマンションでは基本的に速いので、どうしても遅くなってしまうVDSL配線方式のマンションを基準に選びました。

 

基本的にはv6プラスを利用できるプロバイダがある光回線を選べば通信速度は速いです。

ドコモスマホ割引があるドコモ光ではGMOとくとくBB以外でも利用できますが、高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタルできることからもGMOとくとくBBが最もおすすめです。

 

So-net光でもv6プラスを利用できますので、auスマホ割引があることからauのスマートフォンの利用者におすすめです。

 

ソフトバンク光は通信速度が遅いと口コミが多いですが、この多くは有料の光BBユニットをレンタルしていない事が理由です。

光BBユニットを利用すれば通信速度が速いのでSoftBankスマホの方にはおすすめです。

 

-各種ランキング

© 2020 ネットヒカリ