ソフトバンク光

ソフトバンク光の評判が悪い理由は知らないだけ!4個メリットと2個デメリットを解説

ソフトバンク光の評判が悪い理由は知らないだけ!メリットとデメリットを解説

ソフトバンク光の評判が悪い理由は知らないだけ!メリットとデメリットを解説

 

ソフトバンク光をご利用しようとお考えですか?

ソフトバンク光は携帯電話やスマートフォンでおなじみのSoftBankが提供するフレッツ光の光コラボで、NTTフレッツ光東日本と西日本のエリアに対応しています。

プロバイダはYahoo!BBですがシンプルでわかりやすいです。

 

ソフトバンク光を利用する前に気になるのは評判ではないでしょうか?

光回線を利用するなら評判が良いところが良いな!
ソフトバンク光の評判からわかるメリットや注意点を紹介するよ。

 

ソフトバンク光は遅いなど口コミがありますが、これには理由があります。

 

この記事ではソフトバンク光の評判とメリット、注意点について解説します。

 

 

ソフトバンク光の基本情報|料金・プロバイダについてまずは知っておこう

ソフトバンク光の基本情報|料金・プロバイダについてまずは知っておこう

ソフトバンク光の基本情報|料金・プロバイダについてまずは知っておこう

 

ソフトバンク光の料金詳細
月額料金戸建て5,200円
月額料金マンション3,800円
最低利用期間2年
スマホ割引SoftBank
事務手数料3000円
工事費戸建て(24,000円)、マンション(9,200円)
工事費実質無料適用他者からの乗り換え
速度下り最大1Gbps(10ギガサービスは10Gbps)

 

ドコモ光を利用する前に最も気になるのは料金ではないでしょうか。

ドコモ光の料金は少し複雑ですのでわかりにくい方もいます。

 

ドコモ光の料金の基本的なところを簡単に解説します。

 

ソフトバンク光の月額料金

項目料金
戸建の月額料金5,200円
マンションの月額料金3,800円

 

ソフトバンク光の月額料金は以上のようになってます。

他社の光回線は代理店のキャンペーンサイトによって割引になるところがありますが、ソフトバンク光はどこから申し込んでも月額料金は同じです

 

ソフトバンク光の初期費用(契約事務手数料・工事費用)

ソフトバンク光の初期費用として契約事務手数料と工事費用があります。

 

ソフトバンク光の契約事務手数料は3000円です

契約事務手数料は利用開始月の支払いと合算されて請求されます。

 

ソフトバンク光の工事費用は下記のようになります。

住居工事費用
立会い工事あり(屋外・宅内工事あり)24,000円
立会い工事あり(宅内工事のみ)9,600円
立会い工事なし2,000円

 

基本的な工事費用は上記の通りです。

マンションの場合など宅内工事のみの場合は9,600円です。

 

工事費の支払いは一括払いと分割払いで下記の5パターンから選ぶ事ができます。

支払い方法立会い工事あり(屋外・宅内工事あり)立会い工事あり(宅内工事のみ)
一括払い24,000円9,600円
24回払い(2年)1,000円/月400円/月
36回払い(3年)667円/月267円/月
48回払い(4年)500円/月200円/月
60回払い(5年)400円/月160円/月

 

ココに注意

ただし、工事日が土日祝日になる場合は追加工事費用が請求されますのでご注意ください。

 

追加工事費用

ソフトバンク光の工事費用は基本的に以上の費用がかかりますが、土日祝日に工事を行う場合は追加で費用を支払う必要があります。

追加工事費用:3000円

発生条件

・土日祝日

・年末年始(12月29日〜1月3日)

 

ソフトバンク光の工事は立会いが必要で、どうしても休みが取れない場合などにかかる費用とお考えください。

また、工事の立会いは契約者本人でなくご家族の誰かでも大丈夫です

 

工事には立会いが必要ですが、契約者ではなくご家族の誰かで大丈夫です。土日祝日は追加料金が発生しますので可能なら平日に工事のお願いをするといいでしょう。

 

光コンセントが設置されているマンションなど立会い工事が必要ない場合は2,000円です。

 

光コンセントは一体型タイプの光コンセントと分離型タイプの光コンセントの2種類があります。

画像引用元:NTT東日本

 

光コンセントの見分け方

」の文字

NTTマーク」の文字

光コンセント」の文字

いずれかの文字が記載されています。

 

 

ソフトバンク光の評判

ソフトバンク光の評判

ソフトバンク光の評判

 

ソフトバンク光の利用の前には評判を知っておきたいですよね。

ソフトバンク光の口コミを紹介します。

 

ソフトバンク光は遅い

 

ソフトバンク光の利用者は通信速度が遅いという評判が悪い口コミが多かったです。

しかし、一方で通信速度が速いという口コミもありました。

 

快適に利用できる

 

通信速度が330Mbpsは十分に速いものです。

ではどうして利用者によって通信速度に違いが出てしまうのか気になるところでしょう。

 

その理由は時間帯によって利用者が多いからです。

 

通信速度が遅いのはユーザーが多いから

 

この口コミにもあるように通信速度が遅いのはユーザーが多いからです。

 

これはソフトバンク光のユーザーが多いこともありますが、日本でインターネット通信をする利用者が多くなる時間帯であることが大きな理由です。

夜は多くの方が仕事や学校を終えて帰宅し、インターネットの利用者が多くなります。

 

高速道路と同様にインターネット回線は利用者が増えると混雑して遅くなるものです

 

またマンションの配線方式によっては速度が異なります。

建物が光配線方式なら戸建タイプ同様下り最大1Gbpsですが、VDSL配線だと下り最大100Mbpsです

 

通信速度に関しては建物状況や環境によっても左右されますので一概には言えない部分もありますが、配線によっては大きく下がります。

 

光BBユニットを利用しないと遅くなる

 

ソフトバンク光では月額468円で光BBユニットをレンタルできます。

光BBユニットはソフトバンク光専用のブロードバンドルーターで、Wi-Fiマルチパックのオプションや光電話などの利用に必須なものです。

 

もしかしたら月額料金を支払ってレンタルするのが嫌で、市販のWi-Fiルーターでいいとお考えになるのではないでしょうか

私もそう思ってしまいます。

 

実はソフトバンク光は専用の光BBユニットを利用しないと通信速度が速くならない仕組みになってます。

 

光BBユニットをレンタルしないと速くならないってやだな〜
光BBユニットのレンタルを含むオプションパックに加入すればソフトバンクのスマホが最大1,000円引きになるメリットもあるよ。

 

 

ソフトバンク光の4個メリット

ソフトバンク光のメリット

  • ソフトバンクスマホが割引になる
  • 他社からの乗り換えで工事費が実質無料
  • IPv6 高速ハイブリットで高速
  • 10ギガサービスがある

 

ソフトバンク光では以上のような多くのメリットがあります。

それぞれについて詳しく解説していきますので、ドコモ光のご利用をお考えの方は是非参考にしてください。

 

ソフトバンクスマホが割引になる

ソフトバンクのスマートフォンを利用している方はおうち割光セットで割引になります。

割引の条件はオプションパックに加入することです。

 

割引の対象者は契約者だけでなく、契約者の家族も割引になります。

 

つまり、家族みんながソフトバンクのスマートフォンを利用していれば大きな割引を受けることになるので実質ドコモ光を安く利用できるようになります

 

割引額はSoftBankスマホの料金プランによって異なります。

 

他社乗り換えで工事費が実質無料

ソフトバンク光は新規申し込みの工事費無料キャンペーンは行なっていませんが、他者からの申し込みではキャッシュバック、または割引になります。

 

回線工事費が24,000円の場合は24,000円のキャッシュバックまたは1,000円×24ヶ月分の割引

回線工事費が9,600円・2,000円の場合は10,000円のキャッシュバックまたは1,000円×10ヶ月分の割引

 

これにより工事費用が実質無料になります。

 

IPoE 高速ハイブリットで高速通信

ソフトバンク光はIPv6高速ハイブリットで通信速度が高速になります。

IPoE高速ハイブリットは光BBユニットを使うことでIPv4の通信だけでなくIPv6の接続を同時に使うことで速度の遅延や通信の安定が見込めます

 

ただし、ネット環境によっては改善されない場合もあります。

 

ソフトバンク光が遅いという口コミがあるのは光BBユニットを利用していないことが理由の一つだと考えれます。

 

10ギガサービスがある

ソフトバンク光では一部の地域で10Gbpsの通信速度がでるサービスがあります。

通常のドコモ光では通信速度は1Gbpsなのでシンプルに10倍の速さです。

 

ただし、利用可能エリアは限定されています。

ソフトバンク光の10ギガのサービス提供エリアはこちらです。

東日本エリア

大田区・世田谷区・杉並区・練馬区・板橋区・足立区・葛飾区・江戸川区・目黒区・中野区・品川区・北区・狛江市・調布市・三鷹市の一部

 

西日本エリア

大阪府大阪市・愛知県名古屋市

 

このように東京都や大阪府、愛知県のほんの一部のみです。

これからエリアはどんどん拡大されて行くことは予想できますが、エリア外の方は今は我慢するしかありません。

 

現在は戸建タイプのみですがこれからマンションタイプもできてエリアも日本全国に拡大していくでしょう。

 

 

ソフトバンク光の2個デメリット

ソフトバンク光の注意点・デメリット

ソフトバンク光の注意点・デメリット

ソフトバンク光のデメリット

  • ソフトバンクスマホしか割引が効かない
  • プロバイダを選べない

 

ソフトバンク光をご利用しようと考える前にデメリットと注意点を知っておきましょう。

デメリットを先に知っておけば利用開始後に後悔する事がないでしょう。

 

ソフトバンク以外のスマートフォンは割引にならない

ソフトバンク光はSoftBankのスマートフォンの料金が割引になります。

しかし、SoftBank以外のスマートフォン、例えばドコモやauの場合は割引になりません。

 

SoftBank以外のスマートフォンを利用している方はそれぞれ割引になる光回線がおすすめです。

 

プロバイダを選ぶことができない

ソフトバンク光のプロバイダはYahoo!BBです。

同じフレッツ光の光コラボのドコモ光のようにプロバイダを選ぶことができません。

 

通信速度やサポートに不満がある場合などにプロバイダを変更することができません

また乗り換えの際に今まで利用していたプロバイダをそのまま利用することができませんので、プロバイダを解約することになります。

 

 

スマホセットのおうち割で割引になる

料金プランおうち割 光セット 割引額
データプランメリハリ/データプランミニフィット1,000円
データプラン50G+/データプランミニ
データ定額50GBプラス/ミニモンスター
データ定額50GB/20GB/5GB
データ定額(お手軽プラン)500円
データ定額ミニ2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
パケットし放題フラットfor 4G LTE1,000円
パケットし放題フラットfor 4G
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
パケットし放題フラットfor シンプルスマホ500円
(iPad専用)ベーシックデータ定額プランfor 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プランfor 4G

 

SoftBankのスマートフォン・携帯電話を利用している場合はソフトバンク光とセットにすると料金が割引になります。

割引額が利用しているプランによって異なり、最大で1,000円引きです

 

ただし、光BBユニットのレンタル、Wi-Fiマルチパック、光電話加入の3つ合わさったオプションパックの加入が条件です

 

家族がSoftBankのスマートフォン・携帯電話を利用している場合は、一人ずつ割引になります。

 

おうち割は家族みんながソフトバンクのスマホの場合に一人ずつ適用されます

 

参考

家族4人でおうち割を適用した場合

父:データ定額5GB 1080円割引

母:データ定額ミニ2GB 540円割引

兄:データ定額20GB 1080円割引

妹:データ定額20GB 1080円割引

合計:3780円割引

 

ココに注意

ソフトバンクのスマホ利用者がソフトバンク光を利用することで得られる割引サービスを受けるにはオプションパックの加入は必須ということになります。

 

ソフトバンク光の光電話の利用を含むオプションパックの内容

ソフトバンク光のオプションパックの内容

ソフトバンク光のオプションパックの内容

 

ソフトバンク光のオプションのオプションパックは以下の内容です。

光BBユニットレンタル

Wi-Fiマルチパック

BBフォン・ホワイト光電話・光電話(N)+BBフォンのどれか1つ

この3つでサービスが合わさって月額500円です。

1つずつ紹介しますね。

 

光BBユニットレンタル

光BBユニットはソフトバンク光専用のブロードバンドルーターです。

ソフトバンク光の以下のサービスを利用するためには必須なものです。

BBフォン

Wi-Fiマルチパック

光電話機能

ソフトバンク光のオプションパックの起点となるものですね。

つまり、オプションサービスを利用するにはまずはこの光BBユニットのレンタルが必要ということです。

 

光BBユニットのレンタル代は月額467円です

 

ココがポイント

ソフトバンク光の光電話を利用すにはこの光BBユニットが必須ということになります。

 

Wi-Fiマルチパック

Wi-Fiマルチパックは、光BBユニットでWi-Fiを接続する機能と、街中に広がるBBモバイルポイントでインターネットに接続できるサービスです。

 

簡単に解説しますと光BBユニットがWi-Fiルーターになる事です

光BBユニットから無線でパソコンやスマートフォン、タブレット端末、ゲーム機に接続できるようになります。

 

また、外出先でもインターネットを利用したい方のためにBBモバイルポイントに接続するIDを一つもらえます

 

Wi-Fiマルチパックの月額料金は990円です

 

BBフォン・ホワイト光電話・光電話(N)+BBフォンのどれか1つ

ソフトバンク光のオプションパックは以上の2つと、以下の3つから1つ選んだものがセットになったものです。

BBフォン

ホワイト光電話

光電話+BBフォン

 

BBフォン

BBフォンはソフトバンクのネットワークを利用したIP電話サービスです。

全国のBBフォンやホワイト光電話への通話料が24時間無料です

 

BBフォン単体の月額料金はありませんが、光BBユニットのレンタルが必要です。

これは光電話とは別のものですよ。

 

ホワイト光電話

ホワイト光電話は今お使いの電話番号をそのまま使用できるサービスです。

全国のおうち電話、ホワイト光電話、BBフォン、ソフトバンク携帯電話への通話料が24時間無料です

 

それ以外の固定電話には3分7.99円で、ソフトバンク以外の携帯電話への通話料は16円です。

 

基本プランの月額料金は467円です

 

光電話+BBフォン

光電話は月額料金500円で利用できるサービスです

 

以上の光電話と先ほど紹介しましたBBフォンがセットになったものです。

 

 

光BBユニットで通信速度が高速になる

 

ソフトバンク光を利用して通信速度が遅い理由は光BBユニットを利用していないからです。

逆に言えば光BBユニットを利用すれば通信速度が速くなります。

 

光BBユニットを利用しない場合の通信方式はPPPoE接続になり、これは時間帯や混雑具合で通信速度が遅くなりやすいです

 

通信速度を速くするには混雑するポイントを通らないIPoE接続にするには対応しているWi-Fiルータが必要です。

ドコモ光やSo-net光など他の光回線では対応しているWi-Fiルーターを利用すればv6プラスなどで通信速度が速くなります

しかし、ソフトバンク光は光BBユニットを利用しないとIPoE接続になりません。

 

例えばバッファロー製のWi-FiルーターのIPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)対応確認済みリストを見ると、Yahoo!BBやソフトバンクの名称がありません。

>>バッファローIPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)対応確認済みリスト

 

ココがポイント

ソフトバンク光では光BBユニットは必須

 

IPv6とは新しい接続方式

インターネットに接続されているすべての機器には、必ず個別の「IPアドレス」という番号が振り当てられています。

それらの機器を特定し、インターネットによる様々なの情報を正しく届けるためのインターネット上の住所がIPアドレスです

 

これまで、このIPアドレスを付与する仕組みはIPv4という接続方式でした。

IPv4は約43億個のアドレスをそれぞの機器に割り当てることができましたが、インターネット利用者の増加や、パソコンだけでなく携帯電話やゲーム機、家電などインターネットに接続できる機器の増加など、インターネットの発展と同時にIPアドレスが枯渇になりました

 

このような問題を解決するために開発された仕組みが「IPv6」という新しい接続方式です。

IPv6はほぼ無限のIPアドレスが使用できるようになりますので発展することによって新しい便利なサービスが生まれたり使いやすくなることが期待されます。

 

光BBユニットでIPv6高速ハイブリット対応で高速に

従来のインターネット接続は「IPv4 PPPoE」で、インターネットを大勢で利用する時間帯は、混雑している道路と一緒でスピードを出すことが出来ません。

光BBユニットを利用しない場合はこの状態です。

 

光BBユニットを使う「IPv6  IPoE」ならばほぼ無限のIPアドレスがありますので快適にネット通信をすることができます

 

ただし、この「IPv6 IPoE」通信というのは、動画サイトやオンラインゲーム、ホームページなどがそもそも「IPv6 IPoE」通信に対応していなければなりません。

現在この「IPv6 IPoE」のみに対応したサイトはGoogleやFacebookなどの有名企業しかなく、現在はIPv4からIPv6への移行期でありIPv6に対応していないウェブサービスも少なくありません。

 

ゲームでも遅くなるなら意味ないんじゃないかな?
IPv4 ovre IPv6という技術で、IPV4 PPPoEでもIPv6 IPoE経路上でのインターネットアクセスが可能になるよ。

 

ソフトバンク光のIPv6 高速ハイブリットはIPoE方式の新方式によりIPv6に加えIPv4のWebサイトなどの閲覧においても、快適にインターネットをご利用いただける接続方式になります。

これは従来のPPPoE方式を利用しないので全ての通信が高速になります。

 

つまりどのサイトを開いても動画を見ても常に快適なインターネットを利用できるサービスです

 

ソフトバンク光が遅くなる原因は光BBユニットを利用しないことですから、光BBユニットをレンタルしてIPv6 高速ハイブリットで高速にしましょう

 

まとめ

ソフトバンク光のまとめ

  • ソフトバンクのスマートフォンの料金が割引になる
  • 割引には光BBユニットのレンタルを含むオプションパックの加入が必要
  • 速度が遅いのは光BBユニットを利用していないことや時間帯による
  • IPv6高速ハイブリットで高速に
  • 夜に遅くなるのはソフトバンク光だけではない
  • 10Gギガに対応している

 

ソフトバンク光はSoftBankのスマートフォンなど携帯電話を利用していると割引になる光回線なので、SoftBankユーザーにおすすめなインターネット回線です。

 

速度が遅いという口コミ多くがありましたが光BBユニットを利用していないことが理由の一つです

従来のIPv4 PPPoEでは混雑しやすく遅くなり、光BBユニットを接続することで高速なIPv6高速ハイブリットを利用できます。

 

市販のIPoE接続対応のWi-Fiルーターはソフトバンク光のIPv6高速ハイブリットに対応していないため通信速度が速くなりません

 

市販のWi-Fiルーターを利用したい場合はONU→光BBユニット→Wi-Fiルーターの順番で接続してください。

 

また、以上の理由からも夜に遅くなるのはソフトバンク光だけの原因ではありません。

インターネット回線は18時〜24時までが最も利用者が多いので回線が混雑するのでどうしても速度が遅くなります。

 

光BBユニットのレンタルは月額料金が発生しますが、ソフトバンクのスマートフォンの月額料金が割引になる条件ですので損はありません

しかし、SoftBank以外のスマートフォンは割引になりませんので月額料金の発生はデメリットになることからも他の回線の方がいいでしょう。

 

 

ソフトバンク光は乗り換えでキャッシュバックになる公式のキャンペーンがありますが、代理店からの申し込みではさらにキャッシュバックを受け取れるキャンペーンを行なっています。

このサイトではソフトバンク光の代理店をランキング形式で紹介してますので併せて参照してみてはいかがでしょうか。

 

 

-ソフトバンク光

© 2020 ネットヒカリ