ドコモ光

速いドコモ光のGMOとくとくBBの評判と測定してみた違いを解説!

 

ドコモ光って通信速度は1Gbps何ですよね?
そうだね。

ドコモ光はフレッツ光の光コラボで、同じ回線を使っているから、通信速度はフレッツ光と同じ1Gbpsだよ。

じゃあどこで申し込んでも同じなんですね
そんなことはないぞ。

通信速度が速いドコモ光があるんだ

 

ドコモ光はフレッツ光の光コラボで、携帯電話のキャリアでおなじみのNTTドコモの光回線です。

 

光コラボはフレッツ光が光回線を様々な通信業者に卸売している光回線で、品質はフレッツ光とほぼ同じです。

そんな中、ドコモ光の中でも通信速度が速いドコモ光があります。

それがドコモ光×GMOとくとくBBです。

 

ドコモ光✖GMOとくとくBBの契約書

ドコモ光✖GMOとくとくBBの契約書

GMOとくとくBBのドコモ光を契約すると上記のような書類が届きます。

GMOとくとくBBを使っているから解る使い心地や評判との違いや速さについても述べてくよ

GMOとくとくBBは多くの回線のプロバイダーとして人気ですが、ドコモ光のプロバイダーとしても人気が高いです。

今回はドコモ光×GMOとくとくBBについて解説します!

 

▼▼公式ページで詳しく確認する▼▼

>>速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

ドコモ光GMOとくとくBBの通信速度の秘密

 

どうしてGMOとくとくBBで申し込むドコモ光は通信速度が速くなるのですか?
それはね、通信方式にv6プラスを採用しているからだよ。

 

ドコモ光はフレッツ光と同じ回線なので、通信速度はフレッツ光と同じ下り最大1Gbpsです。
なのでドコモ光×GMOとくとくBBの通信速度は下り最大1Gbpsです。

ではなぜGMOとくとくBBのドコモ光は速いと言われるのでしょうか?

その秘密は通信方式に「v6プラス」を採用しているからです。

 

最大1Gbpsはベストエフォート型

光回線の下り最大1Gbpsというのはベストエフォート型の速度なので、「実際はこれくらいでないけどなるべく近づけるように頑張っている」という意味です。

なので実測値はこの10分の1〜100分の1ほどで1Gbpsはないです。

というか、それはフレッツ光の回線では現実的に無理なんですよ。

 

それでも必死に技術を重ねて通信速度をより速くしたのがv6プラスです。

 

通信方式v6プラスは速い!

通信速度は建物の環境や地域によって左右されるので、速度が遅くなる理由は一概には言えないのですが、GMOとくとくBBのドコモ光は通信方式に「v6プラス」を採用していますので同じドコモ光でも速いです。

通信方式「v6プラス」は、簡単に言ってしまうと、混雑していない快適な回線です。

 

従来の通信方式ははIPv4でv6プラス(Ipv6)は次世代型高速パケットを利用した接続サービスです。

 

IPv4を混雑している道路として例えるのなら、v6プラスは空いている快適な道路です。

 

なので、同じベストエフォート型の下り最大1Gbpsでもv6プラスは速いということになり、GMOとくとくBBのドコモ光は速いということになります。

 

マンションVDSL方式でビッグローブとGMOとくとくBBを速度測定した

GMOとくとくBBが本当に速いのか?

 

これが1番速く解りやすいのがドコモ光にあるプロバイダと比較した画像を見せるのが1番速いと思います。

なので、下記にて実際に変更前とGMOに変更後の速度の比較をした画像を下に載せました。

 

GMOとくとくBBの速度比較

BIGLOBE:夜8時(平日)

GMOとくとくBB:夜8時(平日)

BIGLOBE:夜9時(平日)

GMOとくとくBB:夜9時(平日)

 

上記のような速度差があります。

BIGLOBEGMOとくとくBB
夜8時ダウンロード値:

22.68Mbps

ダウンロード値:

81.03Mbps

夜9時ダウンロード値:

7.12Mbps

ダウンロード値:

42.78Mbps

はてな

画像ピンの下がプロバイダの表示になります。ビッグローブの場合は「BIGLOBE」という表示になっていますが、GMOとくとくBBの場合は何故か「au one net」になってしまいます。他の速度表示でも同じようになってしまいます。ですがこれはGMOとくとくBBをあくまで測った表示です。

 

ドコモ光という回線を使用していてもプロバイダが違うだけでここまで差が出ます。

ちなみにマンションVDSLなので速度上限が100Mbpsになっています

これは戸建ての人なら上限が1Gbpsになるので、単純に10倍近く上がる計算になります。

 

web限定キャンペーンGMOとくとくBBはコチラ

 

使用者のGMOとくとくBBの評判を並べてみた

超速い!

 

爆速!

 

東京で使ってみた速度結果 

 

変えて大正解!

 

上記のように他の人の評判でも「ドコモ光✖GMOは◎の評価」でした。

ワタシも実際に同じドコモ光でプロバイダを変えただけでマンションVDSLでも速度が全然違ったので、驚いています

リアルにプロバイダだけでも速度は変わります

 

ドコモ光×GMOとくとくBBの料金

ドコモ光の月額料金はこちらです。

ドコモ光には2年間の定期契約プランと契約期間がない場合とで料金に違いがあります。

2年定期契約契約期間なし
戸建てマンション戸建てマンション
タイプA5200円4000円6700円5000円
タイプB5400円4200円6900円5200円
タイプC5200円4000円6500円5000円
単独タイプ5000円3800円6500円4800円
ドコモ光ミニ2700円〜5700円-4200円〜7200円-

 

2年定期契約の場合は2年毎の更新になり、更新月以外での解約は違約金が発生します。

 

ドコモ光の月額料金はプロバイダーの料金が含まれていて、プロバイダーはタイプAとタイプB、ケーブルテレビのタイプCがあります。

GMOとくとくBBはタイプAに分類されています。

 

月額料金が安いタイプAなのでメリットが大きいです。

 

スマホがドコモなら割引になる!

お使いのスマートフォンがドコモの場合は、料金の支払いをセットにすることで「セット割」による割引が受けられます。

ドコモのスマホの料金プランの「ギガホ」と「ギガライト」で受けれる割引はこちらです。

ギガライトの場合利用したデータ量でその月の割引が決まります。

 

料金プランドコモ光セット割
ギガホ-1,000円
ギガライトステップ4:~7GB-1,000円
ステップ3:~5GB-1,000円
ステップ2:~3GB-500円
ステップ1:~1GB-

 

ドコモケータイの料金が割引になる形になり、ドコモ光が実質的に安く利用できる形になります。

 

旧料金プランの場合

旧料金プランは家族でデータをシェアできるプランがあり、ギガホが主流になった今でも利用し続けている人がいますね。

現在は旧料金プランへ変更はできませんが、こちらを利用している方の割引を紹介します。

 

パケットパック 月額料金セット割
家族で分け合うベーシックシェアパック(~30GB)15,000円−1,800円
ベーシックシェアパック(~15GB)12,000円-1,800円
ベーシックシェアパック(~10GB)9,000円-1,200円
ベーシックシェアパック(~5GB)6,500円-800円
ウルトラシェアパック10025,000円-3,500円
ウルトラシェアパック5016,000円-2,900円
ウルトラシェアパック3013,500円-2,500円
個人で使うベーシックパック(~20GB)7,000円-800円
ベーシックパック(~5GB)5,000円-800円
ベーシックパック(~3GB)4,000円-200円
ベーシックパック(~1GB)2,900円-100円
ウルトラデータLLパック8,000円-1,600円
ウルトラデータLパック6,000円-1,400円
ケータイパック300円〜4,200円-500円

 

旧料金プランでは長年ドコモを利用している方を対象に「ずっとドコモ割」があります。

 

「ずっとドコモ割」の割引額はdポイントクラブのステージによって「ステージ」があり、その段階のよって異なります。

下から順番に1st、2nd、3rd、4th、プラチナになっています。

画像引用NTTドコモ

 

このランクはスマホアプリの「dポイント」で確認できますので、まだインストールされていない方はインストールし、ログインしてみてください。

 

アプリでは現在利用できるポイントや、使用できる期間のあるポイントの確認もできます

またこれはMy docomoでも確認できます。

 

「セット割」の割引額は料金プランにより異なります

「ずっとドコモ割」による割引は、利用料金を割引するか、dポイント付与かで選べます。

 

スマートフォンのデータ通信量を家族で分け合うプランでの割引はこちらです。

 

 

ずっとドコモ割プラス月額料金の割引の場合

パケットパックずっとドコモ割
1st2nd3rd4thプラチナ
家族で分け合うベーシックシェアパック(~30GB)--600円-800円-1,000円-1,200円
ベーシックシェアパック(~15GB)--600円-800円-1,000円-1,200円
ベーシックシェアパック(~10GB)--400円−600円-800円−1,200円
ベーシックシェアパック(~5GB)--100円-200円−600円-900円
ウルトラシェアパック100--1,000円-1,200円-1,800円-2,500円
ウルトラシェアパック50--800円-1,000円-1,200円-1,800円
ウルトラシェアパック30--600円-800円-1,000円-1,200円
個人で使うベーシックパック(~20GB)--100円-200円-600円-800円
ベーシックパック(~5GB)--100円-200円-600円-800円
ベーシックパック(~3GB)--600円
ベーシックパック(~1GB)-−200円
ウルトラデータLLパック--200円-400円-600円-800円
ウルトラデータLパック--100円-200円-600円-800円
ケータイパック-最大−300円

 

ずっとドコモ割プラスdポイン付与の場合

パケットパックずっとドコモ割
1st2nd3rd4thプラチナ
家族で分け合うベーシックシェアパック(~30GB)-720pt960pt1,200pt1,440pt
ベーシックシェアパック(~15GB)-720pt960pt1,200pt1,440pt
ベーシックシェアパック(~10GB)-480pt720pt960pt1,200pt
ベーシックシェアパック(~5GB)-120pt240pt720pt1.080pt
ウルトラシェアパック100-1,200pt1,440pt2,160pt3000pt
ウルトラシェアパック50-960pt1,200pt1,440pt2160pt
ウルトラシェアパック30-720pt960pt1,200pt1,440pt
個人で使う











ベーシックパック(~20GB)-720pt960pt1,200pt1,440pt
ベーシックパック(~5GB)-720pt960pt1,200pt1,440pt
ベーシックパック(~3GB)-720pt
ベーシックパック(~1GB)-240pt
ウルトラデータLLパック-240pt720pt960pt1,200pt
ウルトラデータLパック-120pt240pt720pt960pt
ケータイパック-最大−360pt

 

dポイントクラブ1stだとずっとドコモ割は割引もdポイント付与もないんだね。
ずっとドコモ割はdocomoの携帯電話からスマートフォンまで長年利用している人への感謝の気持ちみたいな物だからね。

 

ドコモの利用が4年未満の1stステージの場合は「ずっとドコモ割」の割引がありません

しかし、プラチナステージの場合は比較的大きな割引になるので、長年ドコモを利用している方はお得になりますね。

 

例えば個人でドコモを利用している場合、ベーシックパック(〜5GB)のプランでdポイントクラブのステージがプラチナの場合、ドコモセット割で800円、ずっとドコモ割で800円、合計で1600円の割引になります。

 

ドコモ光をマンションで、GMOとくとくBBを利用した場合はタイプAになりますので、4,000円から1,600円引きで、実質2400円で利用することができます。

 

Wi-Fiルーターのレンタルが無料

GMOとくとくBBのドコモ光ではv6プラスに対応した高速Wi-Fiルーターを無料でレンタルできます。

これは大きなメリットです。

 

他の光回線やプロバイダーでもWi-Fiルーターはレンタルできますが、Wi-Fiの規格が「11n」までの高速でないものであったりレンタル代が有料のところが多いです。

 

しかしGMOとくとくBBのドコモ光でレンタルできるWi-Fiルーターは普通に購入すれば1万円以上はするBUFFALO製の高速Wi-FiルーターかNEC製のWi-Fiルーターです。

 

通信方式v6プラスのドコモ光はGMOとくとくBB以外にもSo-netなどがありますが、So-netでレンタルできるI-O DATA製のWi-Fiルーターよりも、GMOとくとくBBでレンタルできるものの方が優れています。

 

Wi-Fiルーター比較表

 

この表のBUFFURO製とNEC製はGMOとくとくBBでレンタルできるもので、I-O DATA製はSo-netでレンタルできるものです。

 

通信速度や最大接続台数、手軽さを見てもGMOとくとくBBでレンタルできるWi-Fiルーターの方が性能が良いということが分かります。

GMOとくとくBBで無料でレンタルできるWi-Fiルーターはかなり快適なインターネットができるってことだね!
もちろんv6プラス対応だからインターネットの速度に不満なんてなくなるはずだよ。

 

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーン

 

ドコモ光×GMOとくとくBBではキャンペーンが行なっています。

これは店頭でドコモ光を申し込んでプロバイダーをGMOとくとくBBにするのではなく、Web上からの申込者限定のキャンペーンです。

 

最大35000円のキャッシュバック!さらにdポイントも

ドコモ光×GMOとくとくBBに申し込むと最大15000円のキャッシュバックがもらえます。

光回線のみか光電話をつけることでキャッシュバックの額が違います。

 

キャッシュバック

ドコモ光のみ:5500円
ドコモ光+光電話:15000円

 

ドコモ提供特典でdポイントのプレゼントがあります。

dポイントプレゼント

タイプA/B/C:20000pt
ドコモ光ミニ単独タイプ:10000pt

 

キャンペーン適応条件はGMOとくとくBBの公式サイトからドコモ光(2年間契約プラン・タイプA)を申し込むことです。

 

開通した月の翌月末に振り込まれるからかなり速くもらえるね!
申し込んだ後に案内のメールが届くから、そこからしっかりと申請手続きを済ませよう!

 

ドコモ光をGMOとくとくBBのキャンペーンを利用して申し込む

ドコモ光はお使いのスマートフォンがドコモの場合には割引が適用されて毎月の料金が安くなりますね。

ここまで紹介したプロバイダであり、正規代理店のGMOとくとくBBで紹介したキャンペーンサイトから申し込むとキャッシュバックを受け取れてさらにお得になります。

そもそもなんだけど、正規代理店ってどういう事?
ドコモがドコモ光を正式に申し込み受付の代行を許可している会社の事だよ。

 

ポイント

正規代理店はドコモ光の申し込み受付を正規に許可している会社の事ですので問題なく申し込みする事ができます。

正規代理店のキャンペーンサイトから申し込む場合と、公式サイトから申し込むのに月額料金などの料金の違いはありません。

同じドコモ光に申し込むのならキャッシュバックを受け取れる正規代理店のキャンペーンサイトから申し込む方がお得です。

 

ドコモ光に申し込んでから開通までの流れ

ドコモ光に申し込んでから利用するまでの流れを紹介します。

 

手順1.キャンペーンサイトから申し込む

ドコモ光の正規代理店のキャンペーンサイトの「申し込み」をクリックします。

名前や住所など必要情報を入力していきます。

 

手順2.工事日を決める

申し込みを完了すると後日電話がきます。

申し込み情報の確認をして問題がなければ工事日を決めましょう。

工事には立会いが必要なので、自分に都合がいい日にしましょう。

 

手順3.工事完了後に利用できる

工事日になったら専門の業者がきます。

工事時間は1時間〜2時間ほどで終わります。

工事完了後にインターネットが利用できるようになります。

 

以上がドコモ光に申し込んでから開通までの流れだよ。

 

まとめ

ドコモ光×GMOとくとくBBは通信方v6プラスを採用している快適なインターネット回線です。

v6プラスに対応した高性能ばWi-Fiルーターを無料でレンタルできるのでかなりお得になる光回線です。

でも本当にドコモ光のGMOとくとくBBは速くなるのかまだ信じられない…

という人は姉妹サイトの『ドコモ光の解体新書』をお読みください。

 

▼▼公式ページで詳しく確認する▼▼

>>速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

-ドコモ光

© 2020 ネットヒカリ