メガエッグ光ネットは中国地方(岡山県・広島県・山口県・鳥取県・島根県)の光回線です。

そのため、以上の地方以外では利用ですることができません。

メガエッグは戸建て向けのホームタイプと集合住宅向けのマンションタイプの2種類があります。

マンションでメガエッグ光ネットを利用しようとお考えであるならば、他の光回線と比較しておすすめなのか気になるかと思います。

この記事では、中国地方の集合住宅にお住いの方でどのような方にメガエッグがおすすめなのか料金や速度をもとに解説します。

 

メガエッグのマンションタイプ料金

 

メガエッグのマンションタイプは2種類あります。

ピヨ丸ピヨ丸

2種類ってマンションはマンションじゃないの?

ネットうネットう

マンションでも3階建以下とそれ以上だと料金が異なるよ。

メガエッグのマンションタイプの料金は3階建以下のマンションの場合は戸建てタイプの料金になります。

3階建以下のマンション:4200円

それ以外のマンション:3200円

 

ピヨ丸ピヨ丸

1000円も差があるんだね!

ネットうネットう

それでもメガエッグは安いけどね。

 

メガエッグの料金はプロバイダとセキュリティソフトも込み

フレッツ光の場合は光回線とプロバイダが別々の契約になりますので支払いも別々です。

他の光回線でもセキュリティソフトも自分で選んで料金を支払うことが多いです。

しかしメガエッグではこの料金が含まれています。

 

ネットうネットう

セキュリティソフトは2種類から選べるよ。

 

メガエッグではセキュリティソフトをマカフィーかウイルスバスターから選べます。

マカフィーのメリットは最大5台まで適応可能。

ウイルスバスターのメリットはパスワードの管理も可能。

 

それぞれメリットがあり、完全な好みです。

 

主要光回線と料金の比較

メガエッグ以外の主要光回線のマンションタイプの料金を比較してみましょう。

auひかり:2,350円〜5,000円

ドコモ光:4000円

ソフトバンク光:3,800円

ビッグローブ光:3,980円

So-net光:4480円

@nifty光:3,980円

ぷらら光:3,600円

 

以上の光回線と比較すると料金が安くなることがわかると思います。

 

auのスマートバリューで安くなる

auのスマートフォンを利用している場合はauスマートバシューで安くなります。

割引の条件は光電話(月額500円)を利用することです。

 

ピヨ丸ピヨ丸

光電話を利用することで割引になるんだね。

ネットうネットう

ただし、auの料金プランによって割引が異なるよ。

 

割引になる金額は契約しているauのプランによって異なります。

データ定額1GBまで:割引対象外

データ定額2ギガ以下:500円

データ定額4ギガ以下:934円

データ定額5〜20ギガ:1,410円

データ定額21ギガ以上:2,000円

これはauのスマホ1台あたりに適用される金額です。

例えば家族4人がauのデータ定額5ギガを利用している場合は、1,410円×4で5,640円引きで利用できます。

 

docomoやSoftBankなどau以外のスマートフォンを利用している人は他の光回線を利用すればセットで割引になり、メガエッグを利用するよりも安くできます。

docomoのスマートフォン:ドコモ光

ドコモ光のおすすめプロバイダと割引について徹底解説。

SoftBankのスマートフォン:ソフトバンク光

ソフトバンク光の割引とおすすめ代理店について徹底解説。

 

選べるオプションがある

メガエッグは4つの中からオプションを選べる選択制オプションがあります。

1つ選択で+500円/月

2つ選択で+950円/月

3つ選択で+1400円/月

 

ネットうネットう

オプションは自分にとってお得だなって思えるものを選ぶといいよ。

 

選べるエンタメ

動画配信サービスまたは雑誌読み放題のサービスのどちらかを選ぶことができます。

クランクイン!ビデオ

いつでもどこでもマイルき4本分の映画作品を観ることができます。

 

雑誌読みホーダイ

最大3台までの端末で国内最大級800誌以上全て読み放題になります。

 

選べる定期ギフト

ライフスタイルや趣味にあわせてギフトを届けてもらえます。

選べるe-GIFT

毎月10日頃メールでAmazonギフト券や楽天Edyなど500円分を届けてもらえます。

 

福屋

老舗デパート「福屋」の厳選した各地の特産品などの中から一つ選んだものを年2回届けてくれます。

 

データ通信SIM(データ容量2ギガ)

インターネット通信が行えるSIMカードを月に2GB分利用することができます。

SIMフリーのスマートフォンやタブレット、モバイルルーターに入れることで利用できます。

 

パソタブ機器保証

パソコンやタブレットなどメガエッグ光ネット回線に接続されている周辺機器の自然故障や水没、落雷、落下、破損などを保証するサービスです。

年2回(1年あたり1台)まで「修理」もしくは「同等の製品提供」を保証上限額の範囲で保証してくれます。

 

ネットうネットう

好きなものを組み合わせてもいいし、必要ないと思ったらつけなくてもいいよ。

 

メガエッグマンションタイプの初期費用

メガエッグマンションタイプの初期費用は契約事務手数料と標準工事費です。

この費用はどちらも分割払いで支払い可能です。

契約事務手数料:3000円(80円/月×34ヶ月+最終月280円)

標準工事費

FTTH:3,500円(1,000円/月×35ヶ月)

VDSL/LAN:2,100円(600円/月×35ヶ月)

 

ネットうネットう

メガエッグはこの工事費が実質無料になるよ!

 

メガエッグを新規で申し込む場合は新規加入割引で35ヶ月間割引になります

この割引額は工事費の分割払いと同じなので、実質無料で利用できるということになります。

 

メガエッグの速度は?

 

メガエッグを利用するのにきになるのは通信速度だと思います。

通信速度には特にこだわっていないと思うかもしれませんが、通信速度が遅いとインターネットに繋がりにくくなるということになります。

 

メガエッグのマンションタイプは配線によって異なる

メガエッグのマンションタイプの通信速度はマンションの配線によって異なります。

マンションのはMDFと呼ばれる集合装置まで電柱から光ファイバーケーブルが通っていて、そこから各部屋まで配線を通してインタネットが利用できるようになっています。

FTTHは光ファイバーケーブルで繋がっています。

VDSLは電話線のことでアナログ回線です。

LANはLANケーブルで繋がっています。

 

メガエッグの通信速度は下り最大1Gbpsですが、VDSL方式のみ100Mbpsになります。

VDSLはアナログ配線でインターネットを利用するための配線ではないのでどうしても100Mbpsの壁があります。

 

配線は変更できるの?

通信速度が遅くなるVDSLは嫌だと思いますよね。

なので配線を変更したいと思うでしょうが、残念ながらこれは個人ではどうすることもできません。

大家や管理会社に直談判するか、FTTH配線方式のマンションに引っ越すしかないでしょう。

 

VDSLでも速くする方法がありますのでよろしければこちらの記事も参照してください。

しかしこれは残念ながらメガエッグ以外の光回線を選ぶという形になります

 

 

まとめ

 

メガエッグの料金は3階建以下のマンションとそれ以外のマンションで異なります。

三回建以下のマンションの場合は戸建てタイプの料金になりますので、他の光回線を利用した方がお得になります。

メガエッグはauスマートバリューで割引になりますのでauのスマートフォンを利用している方はお得になります。

 

まとめメガエッグのマンションタイプがおすすめの人

・4階建以上のマンションにお住いの人

・auのスマートフォンを利用している人

・配線がFTTHのマンションにお住いの人

 

メガエッグのマンションがおすすめでない人

・3階建以下のマンションにお住いの人

・au以外のスマートフォンを利用している人

・配線がVDSL方式のマンションにお住いの人