中国地方で光回線をお探しですか?

鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県にお住いの方でマイホームの購入やいい物件を見つけて引越しをして光回線を検討するか、今の光回線が契約期間が終了して乗り換えようとしているかもしれませんね。

 

光回線を選ぶ基準

 

ピヨ丸ピヨ丸

中国地方での光回線は何を基準に選べばいいですか?

ネットうネットう

一番重要なところは通信速度だね。

 

光回線を選ぶときに注意して欲しいのはインターネットの通信速度です。

一昔前のインターネットはADSLが主流でした。

定額で使い放題になり、速度が速くなったことでインターネット革命が起ったと言われた時代ですね。

この時の通信速度は最大で1.5Mbpsほどです。

 

それからしばらくして現在の主流である光回線が誕生しました。

この光回線の通信速度は下り最大1Gbpsです。

これをMbpsで表すと1000Mbpsになります。

文字通り桁違いですね。

 

この光回線が誕生したことにより、現在のインターネットコンテンツは動画が主流になりました

ADSL回線が主流の時にもYouTubeなどの動画コンテンツはありましたが、この速度で見る動画は画質が粗くなり、少し見たら止まって、また再生されたと思ったら止まって、この繰り返しでした。

 

光回線で動画を見ると滑らかに見ることはできますね。

ストレスを感じると言うことは少ないでしょう。

つまり、再びインターネット革命が起ったのです。

 

このせいかおかげなのか、YouTubeが大人気になり、子供の将来の夢がユーチューバーが1位になるということも起こりましね。

大量の動画をサクサクと見られるようになりました。

 

速度を重要視する理由

さて、そんな光回線で最も優先するべきことは通信速度でしたね。

速度は通常1Gbpsですが、料金の安さに目がくらんで通信速度を遅いプランにするのは、ダウンロードが遅くなり、高画質動画が見にくいなどデメリットしかないおで時間とお金の無駄になります。

回線が混雑しているときに速度が遅くなるところを選んでしまうと、それこそストレスがたまりますのでお金の無駄になります。

 

またYouTubeでは4Kや8Kの動画がが始まりました

これは単純にフルハイビジョンより画質が4倍、または8倍綺麗ということになります。

動画の画質が綺麗ということはその分、情報量(データ量)が多くなるということになります。

 

ADSLが主流の時代に動画を滑らかに見れなかったのは、動画の情報量(データ量)が多くて、通信速度が追いつかなかったことが理由です。

つまりは、インターネットの通信速度が遅いほど滑らかに動画が見られないということになり、逆に言えば、通信速度が速ければ高画質動画がサクサク見れるようになります。

 

これからの時代はにはのような4Kや8Kの動画が主流になる時代が絶対に来るはずなので、インターネットの通信速度は速いものを利用した方が良いということになります。

 

ピヨ丸ピヨ丸

これからの時代に対応するためにも通信速度が速い光回線にした方がいいんだね。

ネットうネットう

そう、2020年にはガラッと変わるかもしれないからね。

 

中国地方おすすめ光回線ランキング

 

中国地方の光回線のおすすめをランキング形式でお伝えします。

 

1位 auひかり

 

KDDIグループのauひかりが一番おすすめです。

特に戸建てにお住いの方は最初に検討した方がいいい光回線だと言えます。

これはユーザー数が一番多いフレッツ光とは別の回線になりますのでフレッツ光の混雑の影響を受けません。

auひかりはキャンペーンも豊富でキャッシュバック額も大きいです。

 

通信速度も「RBB SPEED TEST 2016」で固定回線の部、中国地方最優秀賞をもらっています。

 

工事費も実質無料になり、他者からの乗り換えの場合は費用還元してくれたりと至れり尽くせりな光回線です。

また、お使いのスマートフォンがauならauスマートバリューにより月々の料金がお得になるのも特徴です。

 

各プロバイダを比較しauひかり最高はコレ

>>auひかりキャンペーンの詳細をみる

2位 ソフトバンク光

 

フレッツ光の光コラボであるソフトバンク光はマンションタイプならおすすめです。

多くのマンションなどの集合住宅ではフレッツ光の設備が入ってますので選びやすく、料金も安いです。

お使いのスマートフォンがソフトバンクの場合は「おうち割」により月々の料金がお得になります。

速度は通常の最大1Gbpsですが、実測値はその他の光回線と比べても安定して速いです。

 

しかしマンションタイプは配線により変わってしまします。光ファイバー式なら戸建てとほぼ変わらずに使用できますがVDSLの場合はマンションから各部屋までアナログになってしまいますので周りからの影響を受けやすく、速度が遅くなってしまいます。

これはソフトバンク光だけにかかわらず、auひかりのマンションタイプも含めて全てがそうなってしまいます。

もし引っ越す前でしたら先にマンションの配線方式を確認した方がいいです。

 

 

3位 ドコモ光

 

ドコモ光はフレッツ光の光コラボですので、品質はフレッツ光とほぼ変わりません。

お使いのスマートフォンがドコモならセット割が適応されて料金がお得になり、また長期間でドコモを使用しているのなら「ずっとドコモ割」によりさらに料金がお得になります。

ソフトバンク光と同じフレッツ光の光コラボなので、この二つに差はありません。

なので、お使いのスマートフォンがドコモならドコモ光が1位です。

 

 

4位 メガエッグ光

メガエッグ光は中部電力グループのエネルギア・コミュニケーションズが提供する光回線です。中国地方の一部とエリアは狭いですが、地方電力系らしい地域密着型になっています

フレッツ光のようにエリアが全国規模ではなく、独自回線あのでどの時間でも比較的に快適にインターネットが使えます

また、メガエッグ光は回線とプロバイダ、セキュリティソフトを含めた料金になっています

マンションタイプもありますがマンション自体に設備が入っていないと使用できません。

 

契約期間が最低3年と長く、途中の解約金がホームタイプで30000円とかなり高額です。しかも解約金とは別に10000円の撤去料がかかりますので賃貸の物件に住んでいる人は注意が必要です。

セキュリティソフトは「McAfee(マカフィー)」か「ウイルスバスター」から好きな方を選べますが、アカウントのパスワードを守れるウイルスバスターの方がおすすめです。

 

メガエッグはauスマートバリューも使えるのでお使いのスマートフォンがauなら月々の料金がお得になります。

>>メガエッグ光の詳細

 

5位 フレッツ光・その他の光コラボ

 

フレッツ光はユーザー数ナンバーワンでお勧めできる光回線ですが、回線とは別にプロバイダの料金が必要なため、比較的割高になってしまいます。

光コラボはプロバイダーの料金が含まれていますが、プロバイダは選べませんのでこだわる人が注意してください。

私がお勧めするのはSo-netですが、So-netはSo-net光という光コラボもありますのでこちらもおすすめです

So-net光はauスマートバリューで料金が安くなり、マンションタイプでは設備があるところが多いのでお使いのスマートフォンがauでマンションにお住いの方はおすすめです。

 

1位のau光をもっと詳しく!

 

中国地方でナンバー1のauひかりについてより詳しく解説します。

auひかりはKDDI系の1Gbpsの光回線です。

 

特徴としてはキャンペーンが充実していて、スマートフォンがauならセットにすることで料金が割引になります。

なので、スマートフォンがauの場合は第一に検討する光回線と言えます。

 

NTT とは違う整備なので提供エリアはフレッツ光と異なりますが、ユーザー数がフレッツ光より少ないので回線速度が出やすいです。

また、NTTの回線を全く利用しないので、フレッツ光を利用する人が多くなる時間帯など混雑する時にその影響を受けません。

 

おすすめの理由としては、auひかりは通信速度を測定するWebサービス「RBB SPEED TEST」の「RBB SPEED TEST 2016」で固定回線の部、中国地方最優秀賞をもらったことです。

このアワードはRBB SPEED TESTを使ったユーザーが1年間に測定したデータを集計して部門ごとに実測値の平均が早かったサービスを表彰しているものです。

なので純粋に回線の通信速度重視の表彰ですので信頼性も高いです。

 

aurひかりのメリット

auひかりのメリットはこちらです。

・通信速度が速い

・回線がKDDIで速度が出やすい

・キャンペーンが良い

・スマホがauならセットで割引になる。

 

メリットは何と言っても回線の通信速度の速さです。

中国地方で利用できる光回線の通信速度ではRBB SPEED TESTに表彰されるほど最も速いので、速度が重要になるこれからの時代にもぴったりと言えます。

 

auひかりのデメリット

auひかりのデメリットはこちらです。

・フレッツ光よりエリアが狭い

・マンションタイプがあるが棟数が少ない

・契約期間が3年と他より長い

・解約金+撤去費用が高い

auひかりにエリアはフレッツ光より狭いことがデメリットですが、中国地方地方は網羅しているので関係ないですね。

 

auひかりはマンションタイプもあるのですが、auひかりを利用できるマンションの数が少ないです。

その理由は多くのマンションがNTTフレッツ光の光回線を利用できるようにしているからです。

こうなるとKDDI回線のauひかりは利用できないんですね。

 

マンションの場合は、マンションの建物まで光回線の大元が繋がり、ここから各部屋にインターネットが利用できる配線が繋がっています。

つまり、マンションの建物にNTTのフレッツ光の光回線が繋がっているとKDDIのauひかりが利用できません

この場合はフレッツ光、またはその光コラボを利用することになります。

 

また、多くの光回線は最低利用期間が2年であるところがおいですが、auひかりは3年です。

例えば戸建てタイプでずっとそのその家に住むことが決まっている場合はデメリットにはなりませんが、引越しを控えている場合には途中解約で、更新月以外の解約では解約金を支払わないといけません。

 

さらに光回線の撤去工事もあり、その費用が高いことがデメリットになります。

 

auひかりはこんな人におすすめ

 

auひかりは中国地方住んでいる方の中でもこちらのような方におすすめです。

・工事費用が無料が良い

・高額キャッシュバックが欲しい

・auのスマートフォンを利用している

・通信速度が速いのが良い

auひかりはキャンペーンで工事費が実質無料になります。

これは工事費用を分割払いにし、その費用分が割引になることです。

なので実質無料ということになります。

ただし、工事費を払い終わる前に解約した場合は、残りの費用を一括で支払うことになるので注意してください。

 

また、auひかりは様々なキャンペーンを行なっている代理店があり、そのどれもが高額なキャッシュバックのキャンペーンを行なっています。

現金でもらえるところもあれば、プレイステーション4やニンテンドースイッチのゲーム機をもらえるところもあります。

 

auのスマートフォン、携帯電話を利用している方はセットにすることで割引になります。

なので特に戸建てタイプの住居にお住いの方でauのスマートフォンを利用している方はおすすめな光回線と言えます。

 

光コラボののおすすめについて

 

光コラボはNTTフレッツ光の回線を様々な通信業者に卸売をしているものなので、回線の品質ははフレッツ光と同じです。

光コラボはこのフレッツ光の回線とプロバイダがセットになったものなので、申し込みも解約も1回ですみます。

料金もプロバイダとセットになっているので、回線の料金とプロバイダの料金を別々で支払うフレッツ光より料金が安いです。

 

主な光コラボはランキング2位のソフトバンク光、ランキング3位のドコモ光です。

ソフトバンクひかりはスマートフォンがSoftBankならスマホとセットにすると「おうち割」が適応されてやすくなり、docomotpおスマートフォンを利用していればドコモ光にすることで、セット割が適応されます。

ドコモ光の場合、docomoのスマートフォン・携帯電話を長期間利用していれば「ずっとドコモ割」により料金がさらにやすくなります。

 

光コラボはv6プラスを選ぼう

光コラボの通信方式のほとんんどはIPv4です。

利用者が多いので混雑する時間帯は通信速度が遅くなってしまいます。

 

v6プラスは利用者が少なく、混雑するポイントを通らない通信方式なので速度が速くなります。

つまり、快適なインターネット通信が行える通信方式ということです。

 

これを高速道路で例えると、利用者が多くなる混雑する時間帯は料金所や合流地点で渋滞が発生して速度が遅くなりますね。

これがIPv4です。

混雑するポイントを通らないといけなく、利用者が最も多いです。

 

v6プラスはこの混雑するポイントを通らず、利用者も少ないので快適な速度でインターネットを行うことができます。

 

これは「この光コラボだからv6プラス」になるということではなく、同じドコモ光でもv6プラスを採用しているところとそうでないところがあります。

 

料金が高くなるということはないので、同じ料金を払うのならv6プラスにした方がお得ですね。

 

光コラボはこんな人におすすめ

 

光コラボのメリットはこちらです。

・キャリアのスマホを利用している人

・マンションに住んでいる人

 

光コラボはdocomo・au・SoftBankのスマートフォンを利用している場合に、スマホとセットにすると割引になるところがあります。

auユーザーはauひかりを利用すればいいのですが、docomoとSoftBankでは割引の対象になりませんので、その場合はドコモ光やソフトバンク光を利用すると割引があります。

また、マンションの場合はauひかりが利用できないマンションがあるので、その場合はauとセットで割引になる光コラボを利用するといいでしょう。

 

auのスマートフォンとセットで割引になる光コラボは、ビックローブ光・So-net光・@nifty光です。

この中でおすすめはビックローブ光です。

ビックローブ光は通信方式v6プラスを採用しているところがあるので、こちらを利用すればインターネットの通信速度が早くなります。

 

 

4位のメガエッグ光について

 

メガエッグ光はエネルギア・コミュニケーションズが提供するインターネット回線で、中国地方限定です。

自前の設備で光回線とプロバイダを合わせて提供しているので、ワンストップでサービス提供やカスタマーサポートをしてもらえるのはメリットです。

 

フレッツ光のように全国的なエリアではないので、利用者は少ないことから、混雑する時間帯での通信が比較的速くなります

顧客満足度の調査機関であるJ.Dパワーの「2017年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」で中国地方で1位になりました。

 

メガエッグのメリット

メガエッグのメリットはこちらです。

・中国地方でのユーザー満足度が高い

・セキュリティソフトが標準搭載

・工事費用が実質0円

 

満足度が高いことが何よりも大きなメリットと言えるでしょう。

さすがは地域密着型のインターネット回線です。

 

メガエッグのデメリット

メガエッグのデメリットはこちらです。

・契約が36ヶ月(自動更新)と長い

・解約金が30,000円と異常に高い

・撤去を頼むと10,000円かかる

 

メガエッグは最低利用期間が36ヶ月、3年で長いです。

更新月以外の解約では解約金が30,000円もかかり、これが他の光回線と比較すると異常に高いです。

また、その際に撤去を頼むと10,000円がかかるので、とにかくメガエッグを辞める時にデメリットが大きいです。

 

まとめ

中国地方で最もおすすめできる光回線はauひかりです。
手厚いサポートがあるメガエッグ光もおすすめです。

しかし、auひかりが、通信速度が段違いに速くなる5Gプランや10Gプランが関東など一部の地域で始まったことから、中国地方でもこの通信速度が速いプランが適応されることは十分に予想できます。

その時にメガエッグ光がその速い通信速度になっているのかは予想できません。

メガエッグ光は解約金が以上に高く、撤去費用もかかるので、auひかりに乗り換えたくなった場合には大きな出費になります。

 

なので、後に中国地方でも5Gや10Gプランが来ることを見越して、先にauひかりにしておくということも一つの手です。

そのため、誰がなんと言おうと、中国地方のナンバー1光回線はauひかりです

 

また、マンションの場合はフレッツ光の光コラボがオススメになりますが、こちらはお使いのスマートフォンと同じキャリアのものを選ぶと料金がお得になります。

 

\ auひかりの私が厳選したプロバイダ人気NO1 /

>>auひかりキャンペーンの詳細をみる