光回線Q&A

VDSL方式はプロバイダ次第で速度改善する?おすすめの選び方

 

VDSL方式は主にマンションなど集合住宅のお住いで利用されています。

今回はそんなVDSLのおすすめプロバイダを書きました。

VDSLの場合は光回線の1Gbpsのプランで申し込んでも設備上仕方なく100Mbpsのプランになってしまいます。

 

マンションには以下の3つの配線方式があります。

『光配線』
『LAN配線』
『電話配線』

 

光配線方式は戸建てのように1Gbpsの通信速度になりますが、お住いのマンション内ではVDSLでしか利用できないようになっているので個人ではどうしようもありません。

なので、通信速度が遅く感じてしまいやすくなります。

 

しかし、プロバイダによっては通信速度を速くすることができます。

そこで今回は、VDSLについての解説とVDSL方式でも通信速度が速くなるプロバイダのおすすめについて解説します。

 

VDSL方式について

画像引用元:フレッツ光

マンションなどの集合住宅は電柱からマンションの共有スペースに光回線用の光ファイバーが引き込まれています。

そこから各部屋まで信号を分岐して送っていて、その配線の方式の一つがVDSLです。

 

VDSLはもともと光回線用に用意されているものではなく、電話用でアナログの信号の配線です。

ココに注意

VDSLの場合は光配線方式よりも通信速度が遅くなってしまうことは仕方ない事と思ってください。

 

VDSLの通信速度の評判は遅いみたいだけど実際どうなの?

VDSL配線を利用している人の口コミを見てみましょう。

 

非常に遅いという口コミが…

接触不良の可能性もある

ダウン40のアップ10…やっぱ遅かったです。

VDSLの速度に関しては実際遅いという口コミが8割以上という印象です。

VDSLのスピードは理論的に最大で100Mbpsまでしか出ないとされています。

 

通信速度が100Mbpsまでで遅いんじゃ光回線って言えないじゃ無いの?
マンションの共有部までは電柱から光ファイバーの光回線が来てるから、あくまでも光回線インターネットなんだよ。

 

マンションは共有部まで電柱から光ファイバーが引き込まれている工事が行われています

そこから各部屋までVDSL配線でインターネットの信号が送られています

 

VDSLはアナログの配線なのでどうしてもデジタル配信の光信号は遅くなってしまいます!

 

こればかりは仕方ない事なので受け入れるしかありません。

次はVDSLのメリットとデメリットも確認しましょう。

 

VDSLのメリット

VDSLは通信速度が遅くなるデメリットにばかり目がいきがちですがメリットもあります。

VDSLのメリットは工事が早く終わる事です。

 

もともとマンションの建物に通っている電話線を利用するので工事の時間が速く済みます。

所要時間は30分〜1時間程度と思ってください。

 

ココがポイント

工事が早く終わるので立会いの時間が短く済みます。

 

VDSLのデメリット

VDSLのデメリットは何と言っても通信速度が遅いことです。

光回線の通信速度は下り最大1Gbps(1000Mbps)ですが、VDSLだと下り最大100Mbpsです。

この通信速度はベストエフォート型と言って実測値はこの10分の1〜100分の1程度になります。

 

ベストエフォート型は実際はここまでの速度は出ないけど、なるべくはそれに近づけるように努力するよということだよ。

 

また、VDSLは電話線でアナログ配線なので、環境よって通信速度が左右されてしまいます。

『1本の光ファイバーの線からアナログ配線で各部屋に分散』になるのでスピードがどうしても遅くなるからです。

 

アナログ配線はノイズにも影響を受けます。

マンションのような集合住宅では利用者が多くなると回線が混み合って速度が遅くなります。

高速道路の料金所付近で渋滞が起こっているイメージですよ。

 

しかし、だからと言ってインターネットが全くできないという速度にはならないので安心してください。

体感的には30Mbps以上ではあまり違いがありません。

 

速度が遅いとダウンロードにかかる時間が短くなる程度で、Webの閲覧やYouTubeの視聴には問題ありません

しかし、時間帯によっては一部の動画配信サイトで高画質動画が滑らかに再生されなくなる事があります。

 

VDSLはなんかちょっと嫌だなって思っちゃうな。マンションは仕方ないの?
マンションによって配線方式が違うよ。

 

マンションにはVDSL以外に配線はないの?

VDSLは嫌だと感じてしまったかもしれませんね。

多くのマンションではVDSLですが他の配線方式を採用している建物もあります。

 

光配線方式LAN配線方式の二つです!

 

それぞれの特徴を紹介しますね!

 

光配線方式

光配線方式は屋外配線網から建物宅内まで直接光ファイバーを引き込んで、光コンセントや光コネクターが設定されています。

戸建てのように直接光ファイバーの信号でインターネットが利用できるので通信速度が速いです。

光配線方式が一番通信速度が速いよ。
戸建てと同じで光回線をダイレクトに利用できるんだね。

 

光配線方式は一貫した光ファイバーでの信号伝送で、理想的な回線の安定性や高速化が見込める配線になります。

快適にインターネットを楽しめます。

 

光コンセントがあるマンションで利用できるんだね。
光コンセントの探し方はこちらの記事を参照してね。

 

光コンセントは何種類のタイプが存在する?【画像入り】

この記事は光コンセントの種類やタイプを記載しています。 光コンセントはパソコンからインターネットを繋ぐ時に必要なもの。   通信機器であるONU(モデム、ルーター)からコードを繋ぎ、 光コン ...

続きを見る

 

LAN配線方式

LAN配線方式は建物に引き込まれた光ファイバーの幹線を一旦MDF(主配線盤)に取り込み、各部屋にLANケーブルで配信されます。

宅内にはLANコネクターが設置さててルーターやPCのLANケーブルで接続します。

 

モデムやONUが必要ないってことだね。

 

各戸の入居者がインターネット接続を希望するとマンションの管理会社などから認証番号が与えられるので設定するだけでインターネットが利用できるということになります。

 

自分で好きなインターネット回線を選べないというデメリットがあるよ。
ADSLはいつまで使えるの?乗り換えは光回線がおすすめ!

  今のインターネット回線の主流は光回線です。 一昔前に誕生したADSLでインターネットはブロードバンドの時代になって、インターネット革命というものが起きました。 定額で通信速度が早くて使い ...

続きを見る

 

じゃあ光配線方式がいいな!変更したい!
残念だけどそれはできないんだよ。

 

VDSL方式から光配線方式に変更は基本的にはできない

お住いの住居がVDSL方式の場合は通信速度が遅くなってしまいますので、光配線方式に変更したいって思いますよね。

その方法は、マンションの管理会社や大家さんに直談判するしかありません

 

しかし、これはほぼ無理だと言えます。

無理やり光配線にするという事は壁に穴を開けるなどの工事をする必要がある場合があります。

アパートならまだ可能かもしれませんが、高層のマンションでは不可能と思ってください。

 

こればかりは自分ではどうしようもありません

 

注意

もしどうしても、マンションでVDSL方式以外で光回線を敷きたい場合は「大家さんに許可を得て個人的に契約する」しかありません。この場合は戸建ての料金になるため金額が高くなります。また住んでいるマンションの階数が高いとできない場合もあります。

 

通信速度が遅いのか・・・嫌だな・・・
通信速度が早くなるプロバイダを選べばいいですよ!

 

VDSL方式でのおすすめプロバイダと光回線について

VDSL通信方式ではどうしても通信速度が遅くなってしまいます。

しかし、プロバイダ次第ではその中でも速度が早くなり、快適にインターネットを楽しめます。

 

それはv6プラス対応のプロバイダにする事です!

 

光回線では様々な業者とプロバイダの組み合わせがあります。

プロバイダ固定のところもありますがおすすめな組み合わせ

 

おすすめプロバイダ

VDSL方式でのおすすめプロバイダはこちらです。

  • GMOとくとくBB
  • Yahoo!BB
  • BIGLOBE
  • So-net
  • @nifty

 

光回線の業者ではプロバイダを選ぶ事もできますが、プロバイダが固定のところがあります。

それはプロバイダ自体が光回線のサービスを運営しているからです

 

プロバイダが運営している光回線のサービスはフレッツ光の光コラボレーションモデルというサービスです。

 

次はVDSL配線で通信速度が早くなる光回線とそのプロバイダの組み合わせについて紹介しますね!

 

VDSL方式で速くなる光コラボとプロバイダ

VDSL方式で通信速度を速くするには光コラボ選びが重要です。

光コラボはフレッツ光が様々な通信業者にフレッツ光の光回線を卸売りしているものです。

 

その卸売りしている事業者にプロバイダがあります。

なので、VDSL方式でも通信速度が速くなるプロバイダの光コラボを選ぶことが大事ということになります。

 

VDSL方式で通信速度が速くなる光コラボはこちらです。

※カッコ内はプロバイダ固定

 

ドコモ光は携帯電話とスマートフォンの大手キャリアのdocomoの光コラボで、こちらは他の光コラボとは少し異なり、プロバイダを選べます。

その中でGMOとくとくBBで申し込む場合は通信速度が速くなります

フレッツ光と卸売の代理店の関係
【疑問】光コラボって一体何?5個のメリットと2個のデメリットの詳細

インターネット回線で光コラボを利用しようとお考えですか? または光コラボというものの名前を知って、それがよくわからないという方も多いです。   コラボと聞くと他者同士がお互いに利益になるよう ...

続きを見る

 

ドコモ光以外ではプロバイダが固定されています。

ここで紹介したプロバイダでは通信速度が早くなるシステムを利用しているからVDSL配線でも速くなります。

 

どうしてVDSLでも速度が速くなるの?
それはねv6プラスを利用できるからだよ!

 

v6プラス対応プロバイダで快適なインターネットになる

 

マンションの配線がVDSLだと速度が遅いと思って落胆してしまいますよね。

VDSL配線方式でも通信速度を速くするにはv6プラスに対応したプロバイダを選ぶ事です。

V6プラスって何?
簡単に言うと快適にインターネットが利用できるサービスだよ。

 

v6プラスとは

v6プラスは日本ネットエアークネイブラー株式会社(JPNE)をVNE事業者とする「IPoE IPv4 over IPv6通信」のことです。

IPoE方式の新方式によりIPv6に加えてIPv4のWebサイトなどの閲覧においても、快適にインターネットをご利用いただける接続方式です。

これは従来のPPPoE方式を利用しないので全ての通信が高速になります

 

v6プラスはどうして通信速度が速くなるのか?

この光コラボ、プロバイダを選ぶことでどうして速くなるのでしょうか?

VDSLは最大100Mbpsで光配線ほどの速度ではないです。

 

これはベストエフォート型の数値ですので実測値はこの10分の1〜100分の1程度になりますね。

他のプロバイダでは実測値が10Mbpsでも30Mbps以上になるということです。

 

これは通信方式をv6プラスにすることで速くなります。

VDSLをマンションで切り替えた使用者の評判

V6プラスにしたスピードがグンッと上がった

従来の光回線の通信方式はIPv4で、これは利用者が多いので混雑しやすくなるために通信速度が遅くなります。

 

ですが、上記の口コミのように通信方式V6プラスは利用者が少ないので快適にインターネットを利用することができます。

なのでv6プラスを採用している光コラボ・プロバイダにすることでVDSL方式で通信速度をあげるということができるというわけです。

 

>>v6プラスについて徹底解説はこちらからどうぞ

 

v6プラスには対応したWi-Fiルーターが必要

v6プラスは対応したプロバイダに申し込む事で利用できるものではありません。

対応したWi-Fiルーターを利用する事で利用できます。

つまり、VDSL宅内装置から直接LANケーブルでパソコンに繋げると利用できないという事です

 

Wi-Fiルーターの価格は3000円〜20000円程度ですが、利用目的にあったものを選ぶといいでしょう。

利用目的?
家族が多いなら同時接続数が多くてWi-Fiの電波が遠くまで届くものがいいけど、一人暮らしには必要ない人が多いからね。

 

プロバイダによってはWi-Fiルーターの無料レンタルを行なっています

光回線の正規代理店では新規申し込みでWi-Fiルーターを無料でプレゼントしてくれるところがあります

 

光回線は自分にあったところを選べばお得になり、VDSL配線でも速度が快適になりますよ。

 

VDSL配線でオンラインゲームをするにはIPv6は必須

VDSL配線方式は光配線方式と比較すると通信速度が遅くなります。

オンラインゲームを楽しんでいる方は通信速度が気になる事でしょう。

 

特に対戦型のオンラインゲームを楽しんでいる方は、速度が遅くなる事でラグが発生して動きが止まるなどして不満を覚えたり相手を深いにさせる事もあります。

 

そのためVDSL配線では通信速度が速くなるIPv6通信のオプションが必須と言ってもいいでしょう。

 

ただし、注意して欲しいのがデメリットがあります。

P2P通信を行う一部のオンラインゲームでは不安定になってしまう可能性があります

人気なものでいうとニンテンドースイッチの大乱闘スマッシュブラザーズやスプラトゥーンです。

 

あくまでも可能性です。

v6プラスに変えて問題なく、むしろ快適になったという人も入れば通信エラーが起きるようになったという声があります。

 

VDSLでのゲームのダウンロードはv6プラスがいい

オンラインゲームのプレイではIPv6通信のオプションで通信にエラーがでる可能性がありますが、ダウンロードでは話は別です。

 

PS4やニンテンドースイッチのゲームをダウンロードで購入した場合は大容量ファイルをダウンロードする事になります。

大容量ファイルのダウンロードはVDSL配線では速度が遅いので時間がかかります

 

ダウンロードに時間がかかるとせっかく購入してもプレイするまで時間がかかりますね。

時間帯によってはダウンロード完了まで3時間以上かかることもあります。

 

そこで通信速度が速くなるv6プラスを利用すればダウンロード速度は速くなりますのですぐにプレイできます

ゲームだけでなく映画など長時間動画のダウンロードの速度も速くなりますので、VDSL配線ではIPv6のオプションは必須と言っていいでしょう。

 

まとめ

VDSLのマンションでは光配線方式に変更は自分ではどうすることもできません。

なのでインターネット通信速度をあげるにはプロバイダ選びが重要です。

 

言うなれば、VDSLとはADSL近い配線方式です。

スプリッタからアナログの電話回線が各戸に繋がっていくため、『ADSLのちょっと進化版』みたいなイメージです。

ですので光回線のスピードがいくら速くてもマンション内で込み合って分散されてしまい、思った以上にスピードが出ません

 

それを少しでも改善するには、やはりV6プラスの配線方式の光回線が現状①番効率の良い改善策です。

これはフレッツ光で利用するプロバイダではなく、光コラボ選びが重要になってきます。

-光回線Q&A
-,

© 2020 ネットヒカリ