BBIQ(ビビック)は九州地方限定の光回線です。

スマートフォンなどをビビックの光回線で利用するにはWi-Fiルーターが必要です。

ビビックではWi-Fiルーターのレンタルが可能です。

しかしWi-Fiルーターには性能がありますので、レンタル品でも大丈夫か気になる方も多いですね。

この記事ではビビックでWi-Fiを利用するのにWi-Fiルーターをビビックからのレンタルでいいのか、購入した方がいいかについて解説します。

 

BBIQ(ビビック)のレンタルWi-Fiルーター

 

BBIQ(ビビック)でWi-Fiルーターは月額500円でレンタルできます。

Wi-Fi(無線通信)が利用できるだけでなく、光電話も利用できるようになります。

ではこのWi-Fiルーターの性能について解説します。

 

無線規格と伝送速度

Wi-Fiルーターには無線規格というものがあり、伝送速度が異なります。

同じ無線規格でも伝送速度が異なると実際の通信速度が異なります。

 

BBIQの無線規格はIEEE802.11a/b/g/n/acに対応しています。

Wi-Fiルーターを選ぶときに注目して欲しいのが「11ac」に対応しているかです。

一つ前の「11n」と比較すると伝送速度がかなり違います。

BBIQでレンタル可能なWi-Fiルータの伝送速度

IEEE802.11n:最大450Mbps

IEEE802.11ac:最大1300Mbps

このように倍以上違いますね。

 

この「11ac」でも最大850Mbpsの伝送速度のルーターもあるので、ビビックでレンタルできるWi-Fiルーターの性能はいいと言えます。

 

Wi-Fiルーターで速度が大事な理由

Wi-Fiルーターの性能という点で第一に考えた方がいいのが伝送速度なのですが、なぜ速度が大事なのかはもちろん理由があります。

それはせっかく光回線を利用しているのにWi-Fiで遅くなったら意味がないですからです。

 

パソコンやプレイステーション4などではLANポートがありますので有線でインターネットに繋がり、ビビックの速い速度でインターネットを利用できますが、スマートフォンやタブレット、携帯ゲーム機にはLANポートがないのでWi-Fiでしか繋げることができません。

なので、Wi-Fiの速度が遅いとWi-Fiで繋がる端末での通信速度が遅くなってしまうんですね。

普通にインターネットを利用しているときにはそこまで差はないこともないのですが、アプリのダウンロードをするときにはかなりの時間がかかってしまいます。

なのでWi-Fiの伝送速度って大事なんですよ。

 

購入とどっちがいいの?

BBIQ(ビビック)でWi-Fiを利用するにはWi-Fiルーターをレンタルすることでも利用できますが、もちろん購入したものを利用することも可能です。

このレンタル料は月額500円です。

なので、年間だと6000円、2年だと12000円、3年だと18000円ですね。

18000円も支払うのならかなりいいWi-Fiルーターを購入できます。

市販で評判のいいBUFFALO製のルーターも7000円前後で購入できるので、14ヶ月以上利用するのなら購入した方が料金的にはお得になります!

 

しかし、これは光電話を利用しない場合です。

ビビックでは光電話を利用するときにルーターをレンタルする形になります。

この光電話の利用料が月額500円です。

つまり、「光電話利用料」=「Wi-Fiルーターレンタル料」ということになります。

 

光電話の料金でWi-Fiルーターがレンタルできるのでお得になります。

反対に、光電話を利用しないのであればこ運輸した方がいいということになります。

 

まとめ光電話を利用する方:レンタル

光電話を利用しない方:購入

 

自宅でWi-Fiを利用するには?

 

ルーターは一つの回線から複数の端末に分配する機能という認識が強いと思いますが、主な役割はIPアドレス(インターネット上の住所のようなもの)を振り分ける機能です。

Wi-Fiルーターはこれを無線で繋げることができるルーターです。

BBIQでWi-Fiを利用するために必要な基礎知識を紹介します。

 

そもそもWi-Fiルーターってなに?

ルーターには2種類あります。

有線LANルーターと無線LANルーターです。

有線LANルーターはインターネットを利用する端末とルーターをLANケーブルで接続するルーターのことです。

無線LANルーターはインターネットを利用する端末とルーターをLANケーブルは利用せず、無線(Wi-Fi)で接続するルーターのことです。

 

無線LANルーター、すなわちWi-Fiルーターを用意することでご自宅にWi-Fi環境が作れるということです。

 

ピヨ丸ピヨ丸

LANケーブルを使わないから場所にとらわれないし、部屋がスッキリするね!

 

購入したWi-Fiルーターは設定が必要

家電量販店やAmazonなどで購入したWi-Fiルーターは利用するのに設定が必要です。

パッケージ内にある解説書の通りにパソコンやスマートフォンで設定します。

設定完了後は、SSIDとパスワードをスマートフォンやタブレット、パソコンで設定することで利用可能になります。

 

BBIQのWi-Fiルーターは設定が不要

BBIQ(ビビック)でレンタルするWi-Fiルーターは、BBIQ光インターネット回線に接続して電源を入れるだけで自動的にインターネットへ接続するのて、接続設定の手間が必要ありません

Wi-Fiに接続するにも、BBIQ光電話ルーター前面にある「無線設定(WPS)」ボタンを押すだけで無線LAN設定がかんたんに行えなます。

 

ピヨ丸ピヨ丸

かんたんに利用できるっていいね!

 

Wi-Fiを利用すると便利なの?

ご自宅でWi-Fiルーターを設置するとどのようなメリットがあるのか気になりますね。

まず第一に場所にとらわれません

パソコンやゲーム機などの有線LANルーターで接続する場合は、LANケーブルが届く範囲でしかインターネットに接続することができません。

しかし、Wi-FiルーターならWi-Fiの電波が入るところならどこでも利用することができます。

なので場所にとらわれることなく利用できるということです。

 

また、スマートフォンをWi-Fiに繋げると利用する回線はdocomoやau、SoftBankのケータイ会社の回線ではなくBBIQ光インターネットの回線になりますので、ケータイ会社の通信制限を気にすることなく利用できるようになります

 

ピヨ丸ピヨ丸

スマホで動画が見放題になるんだね!

 

まとめ

 

BBIQ光インターネットでレンタルできるWi-Fiルーターを利用するということは、同時に光電話を利用するということになります。

なので光電話も利用したいと考えている方はおすすめです。

しかし、月額料金が500円なので光電話を利用しない方は購入した方が安くすみます。

どちらが自分にとってお得なのか検討してから選んでみてはいかがでしょうか。