光回線Q&A

1人暮らし用のネット回線は?【wimaxと光回線】実用性を比べるとこうなる

 

自宅でインターネットをするには回線の契約が必要です。

それは光回線なのかADSLなのか、モバイル回線なのか様々ありますね

工事が必要だったり回線速度や料金など選ぶ基準は様々だと思います。

1人暮らしだとwimaxを契約している人の方が多いイメージだけどどっちだろう?
ボクは1人暮らしの時に『wimax』も『光回線』も使っていたから気持ちわかるよ

今回主にお伝えするのはWiMAXです。

WiMAXは特に一人暮らしの方にはおすすめなので、今回はそのメリットについて解説します。

 

wimaxと光回線の基本的な11個の違い

特徴wimax光回線
月額料金2500~4500円3000~6000円
最大通信速度1.2Gbps10Gbps
実際の平均速度20~70Mbps120~500Mbps
速度制限3日で10GBない
繋がりやすさ場所によってムラがある特にムラがない
工事必要ない必要あり
繋がるまでの期間機器が届いてすぐなので1週間くらい工事が必要なので大体3週間~1ヶ月半
契約年数3年2~3年
引っ越し特にない移転手続きが必要になる
通信エリア家の中でも外でも家の中のみ
開通エリア全国全国

 

上記のように『光回線とwimax』を比較すると違いがあります。どちらもメリット・デメリットがある分、個人の用途が選ぶ際の大きなポイントと言えます。

ただ個人的にどちらを選んだ方が良い?と聞かれたら『1人暮らしであればwimaxを試しに3年間だけ使う』という選択肢が良いと思います。

 

この理由は

  • やや光回線よりも料金が安いこと
  • wimaxの契約は3年間のみでないと結果的に高い買い物だということ
  • いずれ家族ができること
  • そこまでネットのヘビーユーザーも少ないだろうから
  • 引っ越しの時に面倒でないから

などが理由です。

注意ポイント

※補足※「wimaxの契約は3年間のみでないと結果的に高い買い物だということ」という意味は3年間の計算で実質金額を各プロパイダが料金を安く設定しています。なので、これ以降使う場合を他のプロバイダを使った方が基本的にどのパターンでも得だからです。

3年目以降はサービスがないから同じwimax使う場合でも切り替えましょう!ってことだね

ちょっと話しはずれましたが、そのため1人暮らしであればwimaxを契約する事をお勧めします。

なので、もう少しwimaxについて掘り下げていきたいと思います。



 

WiMAXのメリット

 

WiMAXのメリットを紹介します。

まずはWiMAXの良いところを知っておきましょう。

 

WiMAXは工事がない

WiMAXは光回線と違い、自宅の工事の必要がありません。

光回線の場合は自宅に工事がきて立ち会わないといけなくて手間がありますが、WiMAXはその必要がないので楽です。

なので工事とはいえ自宅に他人を入れたくない人にはぴったりですね。

 

また、光回線の工事は有料でその額は高額です。

光回線のキャンペーンによっては光回線の工事の分割の料金を毎月割り引いてくれて実質無料にできますが、途中で解約する場合は残っている工事費の残額を一括で支払わないといけません。

 

WiMAXは工事がないので当然工事費はなくその心配がありません。

 

届いたらすぐに使える

WiMAXは端末が届いたらすぐにインターネットを利用できます。

具体的にはWiMAXのSSIDをスマートフォン、パソコン、タブレットなどの端末で探して接続し、パスワードを入力することで使用可能になります。

光回線は工事して開通しないと利用できません。

 

申し込んでから工事にきてもらえるまで1ヶ月など結構な期間がかかってしまうことがあるので、すぐにインターネットを利用したくても利用できません。

なのでその間はスマートフォンのモバイル回線を利用するしかないですね。

 

外出先でも使える

WiMAXは持ち運びできるタイプの端末を選べば外出先でも利用することができます。

自宅ではWiMAXを固定回線の代わりに使用し、外出先はWi-Fiルーターとして利用できます。

 

フリーワイファイがあるカフェなどを利用すれば外出先でもWi-Fiを利用できるのですが、フリーWi-Fiはセキュリティ面が心配だったりスマートフォンのモバイル回線だとデータ通信の容量を気にしないとけないので、WiMAXを利用できることはメリットです。

光回線は外に持ち運ぶことなど不可能ですからね。

 

回線速度が速い

WiMAX2+の通信速度は下り最大440Mbpsなので高速です。もちろんこれはベストエフォート型なので実測ではないのですが、HD画質の動画をサクサクみれる程度の通信速度です。

 

YouTube、Amazonプライム・ビデオ、バンダイチャンネル、Netflix、Huluなど様々な動画サービスに利用しても快適に動画を見ることができます。

そうは言っても光回線の下り最大1Gbpsよりは遅いので、安定した高速通信を希望する場合は光回線の方がおすすめです。

 

WiMAX申し込み前の注意点

 

WiMAXの注意点について解説します。

 

速度制限について

WiMAX2+ではスマートフォンモバイル回線のようなデータ容量の上限はありません。

しかし直近3日間で10GB以上使用してしまうと速度制限になってしまいます。

 

なのでインターネットのヘビーユーザーは注意してください。その場合は光回線の方がいいでしょう。

 

エリアの確認

WiMAXのエリアはUQ WiMAX公式サイトで確認できます。

エリアは拡大中なので、現在利用できないところでも今後利用できるようになる可能性はあります。

 

工事に関係なく利用できますが、WiMAXのサービス提供エリア内でないと利用することはできないので、必ず申し込む前に確認しておきましょう。

 

こんな人には不向き

WiMAXのメリットについてお伝えしましたが、向いていない人もいます。

安定した通信速度で速いのが好みの場合はWiMAX出なく光回線の方がおすすめです。

 

なので、プレイステーション4などでオンラインゲームを行う人はWiMAXは向いてないです。

 

WiMAXの電波が届く距離は狭いので一人暮らしでも広い家に住んでいる場合は、WiMAXからの電波を受信できない場合があるので不向きです。

以上の人はWiMAXではなく光回線の方がおすすめです。

 

まとめ

WiMAXのメリットについてお伝えしましたが、このメリットが向いている人と向いていない人がいます。

 

WiMAXが向いていない人は必然的に自宅でのインターネット回線は光回線の方がオススメということになりますので、光回線から自宅用の回線を選ぶようにしましょう。

 

光回線とホームルーター
光回線とホームルーター系はどっちがいいのか比較!【徹底解説】

  光回線とホームルーター 自宅でインターネットサービスを利用するには複数ありますが、私がお勧めするのは光回線とホームルーター系です。 ホームルーター系はWiMAXやソフトバンクエアーのコン ...

続きを見る

-光回線Q&A

© 2020 ネットヒカリ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。