wimax

WiMAX(GMOとくとくBB)評判を冷静分析|7個メリット・2個デメリット

GMOとくとくBB WiMAXの口コミや評判からわかったおすすめできる理由

GMOとくとくBB WiMAXの口コミや評判からわかったおすすめできる理由

 

GMOとくとくBB WiMAXをご利用しようとお考えですか?

WiMAXのプロバイダサービスは数多いですが、最も評判が良いと言われているのがGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBはドコモ光でも評判がいいプロバイダなんだぜ!
お客様満足度ナンバーワンだよね!

 

GMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンを行なっているプロバイダで、3年間の利用期間を考えると総額で最も安いWiMAXになります

 

この記事ではGMOとくとくBB WiMAXの口コミや評判と、メリットやデメリットを解説します。

>>GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!

 

GMOとくとくBB WiMAXとは?料金や速度など紹介

GMOとくとくBB WiMAXとは?料金や速度など紹介

GMOとくとくBB WiMAXとは?料金や速度など紹介

 

GMOとくとくBB WiMAXはGMOクリック証券やlollipopで有名なGMOインターネット株式会社が運営しているWiMAXサービスです。

 

WiMAXは本来UQ mobileが運営しているものですが、GMOとくとくBB をはじめ様々なプロバイダが代理店として独自にキャンペーンや料金設定をしてサービスを提供しています

プロバイダのWiMAXは本家UQモバイルのWiMAXより安いところばかりなんですよ。

 

GMOとくとくBBWiMAXの料金や基本情報を紹介します。

 

初期費用3,000円
月額料金3,609円〜4,263円
キャッシュバック額27,000円
3年支払い総額128,569円
キャンペーン現金キャッシュバックor月額料金割引
最短契約年数3年
配送料無料
通信速度440Mbps〜1.2Gbps
通信方式WiMAX(TD-LTE)
通信制限3日で10GB
取り扱い端末WX06、W06、WX05、L02、HOME01
支払い方法クレジットカードのみ

 

GMOとくとくBB WiMAXの特徴は、現金キャッシュバックが27,000円と高額なところです。

月額料金が安くなるキャンペーンもありますが、現金キャッシュバックの方が総額でお得になります。

 

ただし、支払いはクレジットカードのみなので口座振替やデビットカードに対応していないのでご注意ください。

 

GMOとくとくBB WiMAXの評判や口コミ

GMOとくとくBB WiMAXの評判や口コミ

GMOとくとくBB WiMAXの評判や口コミ

 

GMOとくとくBBのWiMAXの評判と口コミを紹介します。

良い口コミと悪い口コミをそれぞれ紹介しますので合わせて読んでみてください。

 

計算したらGMOが一番安い!

 

トータルでは安くなるけど3年目から月額料金が上がるのに注意

 

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックキャンペーンを利用する事で、総額が最も安くなります。

しかし、このキャッシュバックキャンペーンには注意する事があります。

 

キャッシュバックもらい忘れた

 

メール見過ごしていたけど電話したらキャッシュバックしてくれた

 

キャッシュバックキャンペーンは少し分かりにくいと評判もあり、もらい忘れてしまう人も中にはいます。

メールで連絡が来た後にに申請するので、メールを見落としてしまう方がいるようです。

 

しかし、電話したらもらえたという口コミもありましたので電話してみましょう。

ただし、GMOとくとくBBは電話が繋がりにくいと評判です

 

GMOとくとくBBはキャッシュバックをもらう事で総合的に最も安く利用できるWiMAXです。

電話が繋がりにくいとう口コミを見かけますが、私が電話した時には少しだけ待ちましたが繋がって親切丁寧に対応してくれましたよ。

キャッシュバックのもらい忘れが無いようにする対策も後で解説しますね!

 

 

GMOとくとくBB WiMAXのメリット

GMOとくとくBB WiMAXのメリット

  • 料金が圧倒的に安い
  • キャッシュバックキャンペーンがお得
  • 他のWiMAXサービスよりも安い
  • 速度が速い
  • エリア判定「○」でも繋がらない場合は20日以内ならキャンセルができる
  • 端末代金が無料
  • スマートフォンとセット割がある

 

 

GMOとくとくBB WiMAXはこのように他のWiMAXサービスや、モバイルWi-Fiサービスと比較して多くのメリットがあります。

GMOとくとくBB WiMAXを利用しようと考えている方、また他のWiMAXと悩んでいる方はこのメリットについて把握してください。

 

メリットについて詳しく解説していきます。

 

料金が圧倒的に安い

WiMAXはプロバイダの選び方で通信速度の差はほとんどありません。

そこで差別化するとしたら月額料金の安さが重要視されます。

 

WiMAXの月額料金の比較の仕方は、キャッシュバックや月額料金の割引を踏まえて総合的に安くなる事が重要です

キャンペーンサイトの見かけだけの安さに惑わされないでください

 

以下の表では2020年7月現在の情報でプロバイダと組み合わせで実質料金が安い順にまとめたものです。

※実質費用=(登録料+初月料金+その他費用+月額料金×35+端末代-キャッシュバック-その他割引)÷36

順位プロバイダ1ヶ月あたりの実質費用契約期間機種キャッシュバック金額
ギガ放題通常プラン
1位GMOとくとくBB(キャッシュバック)3,343円2,937円3年W0627,000円
2位GMOとくとくBB(月額料金割引)3,407円2,962円3年W063,000円
3位DTI3,602円3,458円3年W06-
4位Broad3,678円3,050円3年W06-
5位Asahi Net3,707円3,220円3年W0610,000円(Amazonギフト券)
6位BIGLOBE4,069円-1年W0615,000円
7位So-net4,129円3,473円3年W06-
8位dls4,387円-3年W06-
9位UQ WiMAX6,570円-2年W06-

 

WiMAXの実質的な月額料金を比較すると上位をGMOとくとくBBが独占しています。

キャッシュバックを受け取るパターンが最もお得になります。

 

キャッシュバックキャンペーンがお得

GMOとくとくBB WiMAXには二つのキャンペーンがあります。

現金27,000円キャッシュバックキャンペーン

月額料金2,170円〜キャンペーン

 

この二つから好きな方を選ぶ事ができます。

キャッシュバックのもらい忘れが心配な方は月額料金の割引の方を選ぶといいでしょう。

 

他のWiMAXサービスよりも安い

モバイルWi-FiサービスはWiMAX以外にもあります。

月額料金の安さを考慮した場合に他のモバイルWi-Fiと比較してどちらが安いか気になる事でしょう。

 

以下の表はGMOとくとくBB WiMAXと他のモバイルWi-Fiサービスの月額料金を比較したものです。

 

モバイルWi-Fiサービス実質料金
GMOとくとくBB(キャッシュバック)3,343円
GMOとくとくBB(月額料金割引)3,407円
どんなときもWi-Fi3,407円
ギガゴリWi-Fi3,460円
FUJI Wi-Fi3,980円
MUGEN Wi-Fi3,880円

 

月額料金が安く使い放題のクラウドSIM系のモバイルWi-Fiやデータ量の上限を決めて契約するギガゴリWi-Fiと比較してもGMOとくとくBB WiMAXの方が安い事が分かりますね。

 

端末を返却するモバイルWi-Fiサービスもありますが、GMOとくとくBB WiMAXは端末を返却しなくてもよく(買取)安く利用できます。

 

速度が速い

これはGMOとくとくBBのメリットというよりはWiMAX全体のメリットです。

 

WiMAXは他のモバイルWi-Fiと比較して通信速度が速いです。

WiMAXY!mobileクラウドSIM
最大通信速度876Mbps612Mbps150Mbps
実測値42Mbps22Mbps11Mbps

 

通信速度を比較するとWiMAXが最も速い事が分かりますね。

 

最大通信速度と実測値が異なることは仕方ないことです。

ベストエフォート型と呼ばれるもので「実際にはそこまで出ないけどなるべくそれに近づけるように努力するよ」という意味があり、利用する環境や時間帯によって速度はバラバラです。

 

エリア判定「○」でも繋がらない場合は20日以内ならキャンセルができる

WiMAXの契約の前にはピンポイントエリア判定でご自宅が「○」と表示されていれば電波が入る事が分かります。

しかし、WiMAXの受信電波は高周波なので建物の状況によっては電波が入りにくいです

 

せっかく契約したのに電波が入らないと使い物にならなくて後悔しますよね?

 

GMOとくとくBB WiMAXはピンポイントエリア判定が「○」と評されいて契約して利用できない場合は、申し込みから20日以内の解約で解約違約金が無料になるキャンペーンがあります

 

ただし、違約金と月額料金のみ無料になるので契約事務手数料は返送する費用は負担になります

 

20日以内キャンセルが適用される条件

  • 新規に個人名義でWiMAX2+サービスの申し込み
  • 申し込み時の登録住所がUQ WiMAX2+ピンポイントエリア判定で「○」
  • 解約時に次戦にGMOとくとくBBお客様センターへ「20日以内の解約」の連絡
  • お客様センターへ連絡後に指定の宛先にWiMAX端末機器の返送

 

端末代金が無料

WiMAXの端末料金は、UQ WiMAX本家や他のプロバイダから契約した場合には20,000円近く払う場合があります。

GMOとくとくBB WiMAXは端末代金が無料です!

 

WiMAXサービス端末料金
GMOとくとくBB0円
UQ WiMAX15,000円
Broad WiMAX18,857円
BIGLOBE WiMAX19,200円

 

忖度なしに言いますと、Broad WiMAXは支払いをクレジットカードにすれば端末料金(初期費用)が無料になります。

ただし、途中解約の場合は通常の違約金にプラスしてキャンペーンの違約金が上乗せになります。

 

BIGLOBE WiMAXは端末を同時申し込みする事で15,000円のキャッシュバックが受け取れます。

そのため端末代金は実質4200円になります。

しかし、BIGLOBE WiMAXは最低利用期間が1年と短く、解約違約金が1,000円と安いメリットがあります。

 

GMOとくとくBB WiMAXは端末代金が0円で他に規制はありませんが最低利用期間が一般的な3年です。

しかし、長期契約する事で新しい機種に端末代無料で交換できるメリットがあります。

ココがポイント

GMOとくとくBB WiMAXは契約してから2年8ヶ月以上使い続けると現在の古い端末から機種変更して新しい端末に手数料3,000円で交換できます。

 

スマートフォンとセット割がある

スマートフォンとセット割がある

スマートフォンとセット割がある

 

インターネット回線はお使いのスマートフォンのキャリアとの組み合わせで割引になるサービスをしているところが多いです。

GMOとくとくBB WiMAXはauのスマートフォン、またはUQモバイルを利用している方は毎月の月額料金が割引になるサービスがあります

 

ドコモやソフトバンク、その他格安SIMでは割引にはなりません。

 

auのスマートフォンは最大1000円引き

ご利用中のスマートフォンがauの場合は、GMOとくとくBBWiMAXとセットにすることで、携帯電話料金から最大1000引きになる「auスマートバリューmine」が適用されます。

 

auスマートバリューmineはauひかりやビッグローブ光などで適用されるauスマートバリューに似ていますが、違うところは割引の対象が契約者本人のみです

 

4人家族の場合に家族みんながauのスマートフォンを利用していても、割引になるのは契約者のみです。

auスマートバリューは家族みんなが割引になるよね。

 

お使いのスマートフォンがauなら、GMOとくとくBB WiMAXの月額料金がさらに1.000円引きになり、実質2,343円になります

 

UQモバイルの割引は最大500円

格安スマホのUQモバイルを利用している方はGMOとくとくBB WiMAXとセットにする事で毎月の携帯電話の料金が最大500円安くなる「ギガMAX月割」が適用されます。

 

もともとはUQ WiMAXとUQ mobileの格安スマホでセット割引で行なっていたものですが、GMOとくとくBB WiMAXでも適用されるようになりましたのでお得です。

>>GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!

 

GMOとくとくBB WiMAXのデメリット

GMOとくとくBB WiMAXのデメリット

  • サポート体制が充実していない
  • キャッシュバックの受け取り忘れに注意

 

GMOとくとくBB WiMAXのメリットを把握した方で契約を検討された場合には、こちらのデメリットも知ってください。

GMOとくとくBB WiMAXのデメリットと一つずつ解説します。

 

サポート体制が充実していない

GMOとくとくBB WiMAXではサポート体制が充実していないと言う口コミが多かったです。

電話サポートが繋がりにくいと言う不満の声が多かったのですが、電話に繋がった時の対応はよかったと言う声もあります。

私が実際に電話した時に対応は親切丁寧で非常によかったですよ。

 

電話は繋がりにくいですが、メールでの対応は非常にスムーズだったという口コミもあります

急ぎでない場合はメールでのサポートを活用してみてはいかがでしょうか。

 

電話に繋がりにくい状況がありますが、決してGMOスタッフが悪いわけではないことはご了承ください。

 

キャッシュバックの受け取り忘れに注意

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックが高額で魅力的ですよね。

しかし、このキャッシュバックの受け取りまで至るには11ヶ月目に専用アドレスから受信したメールから受け取り講座を登録すると面倒です

 

ここが大きなデメリットとなります。

実際にもらい忘れれたという口コミもありました。

 

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックを確実に受け取るために対策を紹介しますね!

 

GMOとくとくBBWiMAXのキャッシュバックを確実に受け取るために覚えておく事

GMOとくとくBBWiMAXのキャッシュバックを確実に受け取るために覚えておく事

GMOとくとくBBWiMAXのキャッシュバックを確実に受け取るために覚えておく事

 

GMOとくとくBB WiMAXのデメリットで解説した通り、キャッシュバックの手続きが面倒であることやもらい忘れてしまう方がいるのが事実です。

 

しかし、GMOとくとくBBの大きなメリットはこの高額なキャッシュバックです

そこでGMOとくとくBBのキャッシュバックを確実に受け取るためのポイントについて解説します。

 

指定のページから期間内に申し込む

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックキャンペーンは、指定のキャンペーンページから申し込む事で受け取れます。

そして、このキャンペーンページには期間内で申し込む事が必要です。

 

GMOとくとくBBから指定されたメールアドレスにキャンペーンページが11ヶ月後に届きますので忘れずにメモをしてください

Googleカレンダーなどスマホアプリを活用するといいですよ。

 

契約11ヶ月目に受け取り講座を登録する

GMOとくとくBB専用アドレスに申し込みから11ヶ月後にキャッシュバックの案内メールが届きます。

 

例えば4月にGMOとくとくBB WiMAXの利用を開始する場合、翌年の2月に案内メールが送られてきて3月末までに手続きをしないといけません

 

案内メールにキャッシュバックの受け取るための銀行口座を登録し、手続きが完了したら翌月末にGMOとくとくBBからキャッシュバックが振り込まれます。

 

貰い忘れが心配なら月額割引がおすすめ

キャッシュバックの手続きは少し面倒で、11ヶ月目には記憶から消えていて貰い忘れてしまう可能性があります。

対策が面倒や心配な方はキャッシュバックではなく月額料金が割引になるキャンペーンを利用するといいでしょう。

 

月額料金の割引のキャンペーンを適用すればもらい忘れがなく確実に安く利用できます

 

3年間の実質的な月額料金はキャッシュバックを受け取った方が安くなりますが、それでも他のWiMAXと比較しても最も安いです。

 

どちらを選んでもWiMAXの中では最安値ですよ。

 

まとめ

GMOとくとくBB WiMAXの口コミや評判、そこからわかったメリットやデメリットを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

 

キャシュバックキャンペーンや月額料金の割引キャンペーンの適用で、最も安くモバイルWi-Fiを利用できるのがこのGMOとくとくBB WiMAXです

 

端末代金が0円なことや、ピンポイントエリア判定で「○」の場合に繋がりにくい状況だったらに20日以内のキャンセルで違約金や月額料金が無料なのも嬉しいメリットです。

 

サポート体制がしっかりしていない(電話が繋がりにくい)という評判もありますが、メールでのお問い合わせがスムーズという口コミもあります。

 

キャッシュバックの受け取りまでの期間が長く、それが理由でもらい忘れがあるデメリットがありますのでご注意ください。

 

他のWiMAXサービスも気になっている方は、このページを是非ブックマークして比較して再検討してみてはいかがでしょうか。

 

>>GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!

-wimax

© 2020 ネットヒカリ