光回線Q&A

マンション光回線のVDSL方式とは?3つのメリットとデメリットの改善方法

マンションの光回線は共用部分に電柱から回線が通った後、各部屋につながる仕組みになっています。

 

その回線方式は

光ファイバー方式

LANケーブル方式

VDSL方式

上記3つです。

 

実際にどの配線を使っているかはマンションの管理会社や不動産屋さんに聞いてみるといいでしょう。

今回はこの中のVDSL方式についてマンションで使用する中にある3つのメリットを解説します。

 

VDSL方式とは

 

VLSLの正式名称は「Very high-bit-rate Digital Subscriber Line」です。

電話回線を使っている回線はADSLと同じですが、ADSLよりは速い回線になっています

画像引用元:フレッツ光

図のように…

仕組み

電柱→棟内共用スペースまで光回線が通っていき、棟内共用スペース(MDF室)内では配線まで切り替わり電話用ケーブルで棟内共用スペース(MDF室)から各戸である部屋に電話用ケーブルで繋がっていき、部屋内でパソコンとLANケーブルが繋がり光回線の通信が可能になっている仕組みです。

このVDSL方式は、インターネットが普及する前の建物の内線電話網として各部屋に繋がっていて、これをインターネットに利用しています。

 

なので、元々はインターネットのためのものではないんですね。

現在はこれを光回線からの配線として主に使われています。

マンションの機内共有スペースまでが光回線で、各部屋の送受信するのがVDSL というイメージになります。

 

光配線・VDSL配線・LAN配線の違い

マンションのインターネットの配線方式には光ファイバー方式・VDSL方式・LAN配線方式の3つありますね。

この3つの大きな違いは通信速度です。

光配線方式(1Gbps):各部屋まで一本の光回線が繋がっている。

LANケーブル方式(100Mbps):マンションの共有部まで光回線が引き込まれ、そこから電話回線(アナログ回線)で各部屋に繋がっている。

VDSL方式(100Mbps〜):マンションの共有部まで光配線が引き込まれていて、そこから各部屋までLANケーブルで繋がっている。

 

全ての配線方式共に光回線が使われていますが、VDSL方式やLAN配線方式ではその他のケーブルが使用されていますね。

全てが光配線でマンションまで繋がっていてそこから部屋までの配線に違いがある形です。

LAN配線方式はレアだからあまり気にしなくていいよ。

 

光配線方式

光配線方式の通信速度は1Gbpsです。

光ファイバーケーブルで各部屋まで繋がっています。

光配線のサービスを利用したいのならこの配線方式を選びたいですね。

 

しかし、配線方式を選ぶ事ができませんので申し込んでもVDSL方式になる場合があります。

配線はあくまでも建物によるものだから選ぶ事はできないよ。

 

VDSL方式

光回線を申し込んでも建物の構造上の都合でVDSL方式になる事があります。

通信速度は100Mbpsが上限です。

 

建物の共有部まで光配線方式ですが、そこから各部屋までは電話回線で信号が送られます。

電話回線は元々インターネットをするための回線ではありませんので速度が遅くなるのは仕方ない事です

 

LAN配線方式

LAN配線方式の場合は入居してからすぐにインターネットができる状態になっています。

無料インターネット完備」や「入居後すぐにインターネットが使える」などの物件に多いです。

 

建物の共有部まで光配線方式ですが、そこから各部屋まではLANケーブルで信号が送られます。

通信速度は各々異なりますが100Mbps〜です。

 

VDSL方式のメリット

 

VDSL方式のメリットについて解説します。

メリットは全部で3つあります。

 

通信速度はADSLより速い

 

ADSL方式は下り最大35Mbps程度ですが、VDSL方式は下り最大100Mbpsでの通信が可能になっています。

YouTubeなどの動画でも問題なく見れる速度です。

 

ただし、光配線方式の1Gbpsよりは遅くなってしまいます。

 

工事がしやすい

古くからあるマンションなどの集合住宅ではVDSL方式がほとんどです。

VDSLでは大規模の工事が必要ないのが大きなメリットとも言えます。

 

光ファイバーケーブルを中に引き込む必要がないので、電話線の部分を業者が工事するだけで壁に穴を開けるなどの工事がありません。

 

回線工事費用が安い

これはユーザーにはあまり関係ない話ですが、VDSLは電話回線をそのまま使うので、光ファイバーを用いた配線よりもコストを抑えて開通させることができます

この部分が大家さんや管理会社がに関することですよ。

 

開通工事費はVDSL配線方式でも関係なく料金は同じです

 

VDSLのデメリット

 

VDSL方式のデメリットは通信速度が光ファイバー方式に比べて遅いことです。

フレッツ光やauひかりなど下り最大1Gbpsを契約したとしても、VDSL方式では最大100Mbpsなので絶対にこの速度は出ません。

 

どういうことかというと、先にお伝えした通り、マンションの共有部分までは光ファイバー繋がっているので1Gbpsです。

そこから各部屋まで提供されるのが

VDSL方式になるのでどうしても遅くなってしまいます

 

これは個人ではどうすることもできないです。

 

なのでどうしても下り最大1Gbpsの環境でインターネットをしたい場合は戸建てに住むか光ファイバー方式のマンションに住むしかありません。

 

そうは言っても、実際のところ体感的にはそこまでの差はありません。

 

体感的にというのは、Webページの閲覧の速度や、YouTubeなどのストリーミング動画をみる時に影響がないことです。

 

ですので、普通に使用する分ではストレスなく快適に利用できますので、VDSLでも懸念することはないです。

 

ダウンロード速度にこだわる人や、オンラインゲームで対戦を行う人は通信速度を求めていると思いますが、こだわりがなければVDSL方式でも問題ないです。

 

光ファイバー方式の1Gbpsもベストエフォート型で理論値で、実測値はこの10分の1〜100分の1程度の速度になります。

インターネットの通信速度は配線方式以外にも住んでいる環境やプロパイダーの影響により変わってきますので、VDSL方式だから遅すぎるということではないので安心してください。

 

ポイント

VDSLを使用している人は平均的に下りや上りの速度が20~30mbpsの人が多いです。

ですので、一般的な光回線の普通の速度と比べると遅い傾向なのは確か。

(大体100mbpsくらい)

オンラインゲームなどをする人には不向きではあります。

高画質すぎる動画でなければ、普通に見れる程度の速度として捉えれば大丈夫です。

 

VDSLの速度を改善する方法

 

VDSL配線方式ではどうしても100Mbpsの壁があり、この速度を上回る事はできません。

しかし、少しでも速度をあげたいと思いますよね!

通信速度が遅いなと思った時の改善方法を紹介します

 

プロバイダーを変える

 

インターネットを契約するときは回線の他にプロバイダーとも契約しています。

フレッツ光の光コラボは光回線とプロバイダーの料金がセットになっている状態です。

 

プロバイダーはインターネット回線を利用するためのIDやパスワードの役割で、プロバイダーのサーバーが混雑していると通信速度に影響が出ます。

 

なので、プロバイダー、または光コラボなら他の光コラボにすれば通信速度が改善することがあります。

ハッキリとしない理由は、通信速度は建物や地域の環境に影響を受けるので一概には言えないからです。

プロバイダーは設備や地域の利用人数によっても回線速度に違いがあります。

安いだけで品質の悪いプロバイダーを選んでいるのであれば少しだけ費用を足していいプロバイダーにすると改善されやすいです。

 

ココがポイント

プロバイダはどのような設備を利用しているのかユーザーは何名いるのかなど公開はしていません。

 

時間帯を変えてインターネットをする

インターネットは利用者が多いと回線が混雑してつながりにくくなります。

特にマンションでは建物の住人の多くがインターネットをすることでマンション内だけでも混雑してしまいます。

 

なので、混雑する時間を避けてインターネットをするというのも一つの案です

 

ルーターを変えてみる

もしも使用しているWi-Fiルーターが古いものの場合は不調を起こして繋がらないことや速度が遅くなる場合があります。

Wi-Fiルーターには無線の規格というものがあり、この規格により通信速度が変わります。

 

11nや11acなどがありますが、速度が速くなるのは11acです

比較的新しいタイプのWi-Fiルーターでは11acまで対応していますが、インターネットの通信業者からのレンタル品や古いものはなどは規格が11nまでしかないというものが多いので、その場合は新しいものに変えるといいでしょう。

 

ココがポイント

古すぎるWi-Fiルーターでは「11n」までの規格しかないので新しく用意するといいでしょう。

 

ホームルータータイプを利用してみる

インターネットをフレッツ光などの光回線でVDSL方式で遅いの感じた場合は、いっそのこと利用しないでソフトバンクエアーやWiMAXなどのホームルータータイプを利用するという方法もあります

 

これはモバイル通信に似たもので、ホームルーターがインターネット通信を行ってくれます。

コンセントに挿すだけで利用できるので工事の必要もありません。

 

お住いの地域や建物の環境によってはこちらの方が速くなるということがありますので検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

通信方式v6プラスの光コラボにする

通信方式v6プラスというものは、簡単に言ってしまうとインターネット通信が快適な光回線の通信」です。

従来の光回線の通信方式はIPv4で、利用者が多いものです。

 

特にフレッツ光・光コラボは利用者が最も多い光回線ですから混雑すると速度が遅くなります

 

v6プラスはプロバイダーに依存せず全ての通信が高速になります。

 

VDSL方式の場合はこの通信方式v6プラスにければ速度が速くなって快適なインターネットが利用できるでしょう。

 

v6プラスには対応したWi-Fiルーターが必要

通信方式v6プラスは対応したプロバイダを利用するだけでなく、IPv6通信に対応したWi-Fiルーターが必要です。

 

設置されている変換器から直接繋ぐだけでは利用できません。

対応しているルーターに接続することで利用できます

 

近年のものでは比較的に対応していますが、購入する前にはしっかりと確認しましょう。

 

プロバイダによってはv6プラスに対応しているWi-Fiルーターを無料でレンタルしてくれますよ。

 

まとめ

VDSL方式は古くからあるマンションの内線を利用しているものなので、インターネットのために作られたものではありません

なので通信速度は光ファイバー方式に劣りますが、ほとんどの建物で体験的なストレスはないのです。

 

どうしても遅いと感じるのであれば、プロバイダーを変える、光コラボなら光コラボを変えるかホームルータータイプを利用してみてはいかがでしょうか。

 

-光回線Q&A

© 2020 ネットヒカリ