NURO光

【NG行為】NURO光で二重ルーターはダメ!デメリットと対処法

NURO光の二重ルーター

NURO光の二重ルーターはNG! 対処法は?

 

NURO光を利用して電波が遠くまで届かなくて、電波が遠くまで届くWi-Fiルーターを繋げる行為をしてませんか?

そして速度が遅くなってませんか?

ネット回線にもたつきがあるな・・・
二重ルーターが原因だよ。

 

自前ルーターを利用して速度が遅くなる理由が二重ルーターです。

 

NURO光は工事後に設置されるOUNにWi-Fiルーターの機能が備わっていますので、自前のWi-Fiルーターを繋げる事は二重ルーターになります。

実はこの行為がNGです

 

この記事ではNURO光で二重ルーターが良くない理由と自前ルーターの中継機としての利用方法について解説します。

 

そもそも二重ルーターとは?

 

二重ルーターを聞いてピンと来てない方もいるのではないでしょうか?

二重ルーターは回線の接続用機器と後から接続したWi-Fiルーターの両方がルーターとして昨日している状態です。

簡単に言うとルーターにルーターを繋げる事だよ。

 

二重ルーターにする目的はデバイスの接続数を増やすこと

意図的に二重ルーターにする場合は以下の二つが理由に挙げられます。

  • 接続できるデバイスを増やす
  • 接続可能なLAN端子を増やす

 

Wi-Fiルーターは接続できるデバイスの数には上限があります。

そのためそれ以上の数のデバイスを接続したい場合のルーターの数を増やそうとするのです。

 

Wi-Fiルーターを2台にすることで単純計算で接続台数が2倍なりますね。

また、ルーターが二台に増えれば接続できる有線のLANポートも増えます。

 

このように、Wi-Fiルーターに同時に接続できるデバイスの数を増やしたいと考える方が二重ルーターにしています。

 

二重ルーターは光回線のもたつきになる

ルーターは郵便局のようにデータを各機器に割り振りをする仕事を行なっています。

二重ルーターになっていると手紙を届けるまで郵便局を経由するようなものなので速度が遅くなります。

 

つまり、二重ルーターにする事で便利になると思いきや逆に不便になっていると言う事です

 

ここから詳しく二重ルーターがダメな理由を解説していきますよ。

 

NURO光で二重ルーターがNGな理由

NURO光の2重ルーターのダメな理由

NURO光の二重ルーターがダメな理由

 

NURO光に限らず、二重ルーターは速度が遅くなる原因にもなりますので基本的にNG行為です。

しかし、NURO光ではこの二重ルーターをやってしまいがちです

どうして二重ルーターにする事が多いの?
NURO光はONUがWi-Fiルーターの機能がついてますので、Wi-Fiルーターを接続する事で二重ルーターになるんだよ。

 

NURO光はONUとWi-Fiルーターが一体型

まずはONUとは何かについて知っておきましょう。

 

インターネット光回線は、光ファイバーケーブルから来る光信号をインターネットに利用できるように変換しています。

この光信号をインターネットに利用できるようにする装置がOUN(光回線終端装置)です

 

どの光回線を利用しても基本的にはONUが設置されます。

マンションのVDSL配線の場合はVDSL宅内装置が設置されるよ。VDSLではNURO光が利用できないから今は関係ないけどね。

 

NURO光ではこのONUにWi-Fiルーターの機能が備わっています。

つまりNURO光では「OUN+Wi-Fiルーター」と言う特殊なものです。

光電話とかに利用するホームゲートウェイみたいなものだね。

 

ONUのことをモデムという名称で呼ぶ人がいますが、厳密にいうと別物です。

モデムはADSL以前の時代に呼ばれていたもので、実は古い機械なんです。

 

 

NURO光で二重ルーターにする3つのデメリット

NURO光のONUはWi-Fiルーターの機能がついているので、自前のルーターを接続すると二重ルーターになりますね。

この二重ルーターにするデメリットについて解説します。

 

二重ルーターにする3つのデメリットについて解説するよ。

二重ルーターのデメリット

インターネット速度が遅くなる

端末の設定が困難になる

外部接続が安定しない

 

インターネット速度が遅くなる

二重ルーターの大きなデメリットはインターネットの通信速度が遅くなる事です。

NURO光はせっかくの世界最速のインターネットなのでこれを活かせないのはもったいないです。

NURO光は下最大2Gbps、一部の地域では6Gbps・10Gbpsのサービスも始まっていますよ。

 

インターネット速度が低下する原因は、ルーターの電波が干渉し合うからです

 

根本的な事を言いますと、インターネットの速度はベストエフォート型で実測値は理論値よりも遅いですね。

これは基地局を中継する事で遅くなっています。

二重ルーターでも同じ事が言えます。

 

また、Wi-Fiルーターにはセキュリティ機能が備わっていて二つのルーターでセキュリテイ機能が働くと速度の遅延になります

 

端末の設定が困難になる

NURO光のONUとパソコンやスマートフォンなどの端末に接続するには問題なく行えます。

これに対して二重ルーターで接続するとIPアドレスが別になってしまうため回線接続用端末の設定がうまくいきません

 

二重ルーターにする事で、端末側がどの回線を利用すればいいのか混乱してしまう事態が発生すると言う事です。

 

外部接続が安定しない

二重ルーターにすると外部のインターネットから家庭内のネットワークにアクセスするのが難しくなります。

具体的にはスマートフォンなどで外出先から家庭内のIoT期間の操作や録画サーバーへの視聴予約や視聴をしようとしてもネット接続が安定しない事があります。

逆に外部型の不正アクセスを防げるってメリットにもなるけどね。

 

二重ルーターになっているか調べる方法

NURO光で二重ルーターはデメリットだらけなのでやらないほうがいい事がわかりましたね。

ここで自分のWi-Fiルーターが二重ルーターになっているかどうか不安になった方もいるのではないでしょうか。

二重ルーターになってたら嫌だけど、これってわかるの?
パソコンのコマンドで二重ルーターになっているか調べる事ができるよ。

 

自宅の回線が二重ルーターになっているかどうかはパソココンのコマンド「traceroute」で調べる事ができます。

これはWindowsとMacも基本的には同じです

 

Windows PCの場合

  1. Windows PCの場合はまず検索ボックスに「cmd」と入力します。
  2. コマンドプロンプト」が表示されますのでクリックしてください。
  3. ボックスに「tracent-d 8.8.8.8」と入力してエンターを押すとネットワークの経路が表示されます。

この時にローカルIPアドレスを見てください。

ここにある記述が一つなら問題ないですが2つ以上ある場合は二重ルーターの状態になっています。

 

Mac PCの場合

Mac PCの場合はSpotlight検索に「ターミナル」と入力してターミナルを開いてください。

ボックスに「traceroute www.example.com」と入力してコマンドを実行します。

 

二重ルーターになってかどうかの確認はWindowsと同様で、IPアドレスの欄に2つの記載があれば二重ルーターになっています。

 

NURO光で自前ルーターは中継器にしよう

NURO光はルーターは中継器が有効

NURO光はルーターは中継器にしよう

 

NURO光を利用していてそれまで使っていたルーターが不要になったり、必要だと思って購入したのに損をしてしまうと思っていませんか?

確かに二重ルーターにする事でデメリットがありますが、活用方法はあります。

 

それは中継器をとして利用する事です。

 

お住いの建物の部屋によってはWi-Fiルーターが届かないところがある場合は、中継器を挟む事によって部屋の隅々までWi-Fiの電波が届くようになります

 

Wi-Fiルーターを中継器にするポイント

So-netからレンタルされるONUと自前ルーターを接続する事で二重ルーターになりますが、中継機として利用すれば接続しやすくなります。

 

自宅の1階にONUを設置して、電波が届きにくい2階や3階では中継器を利用する事で接続しやすくなります。

 

中継機としてWi-Fiルーターを利用するには出来るだけ高性能なものがおすすめです。

ポイント

ビームフォーミング搭載

MU-MIMO

ハンドステリアリング機能

接続可能な端末が多い

転送速度や帯域が多い

中継機として利用すると十分な性能をはっきしない可能性がありますが、高性能のものを利用する事で中継による速度低下を少なくする事ができます。

 

Wi-Fiルーターをブリッジモードにする

Wi-Fiルーターを中継機として利用するには、自前ルーターを「ルーターモード」から「ブリッジモード」に設定し直します。

 

ルーターによってはブリッジモードではなく、「アクセスポイントモード」や「ハブモード」など呼ばれています。

 

工場出荷時(開封時)にはルーターモードになっているはずですので、ルーターの背面や裏面にあるスイッチを切り替えます。

スイッチ切り替えは電源を切ってから行いましょう。

 

この設定を行う事でルーターは中継機としてのみ機能します。

 

ただし、Wi-Fiルーターを中継器にしてインターネットに接続する事でWi-Fi同士の干渉によって速度が遅くなる可能性が無くなる訳ではありません

 

もしもWi-Fi接続ではなく有線接続が可能な場合であればスイッチングハブ接続するとNURO光の高速な通信が損なわれる事がほとんどありません。

 

まとめ

NURO光で設置されるONUはWi-Fiルーターの機能が備わっていますので、自前のWi-Fiルーターを接続すると二重ルーターになります。

 

二重ルーターにすると同時に接続できるデバイスの数が増えたり、利便性を感じるように見えますがそれは間違いです。

 

この記事で解説下通り、二重ルーターにすると通信速度が遅くなったり、端末に接続しにくくなるなどデメリットがありますのでおすすめしません。

 

もしかしたらNURO光のONUにWi-Fiルーターの機能がついているいことを知らない方もいるでしょう。

ONUは基本的には光信号をインターネットに利用できるように変換してくれるものですからね。

 

NURO光はONU設置ですでにWi-Fiルーター機能がありますので別で購入の必要はありません。

 

NURO光はせっかくの高速通信のインターネット回線なので、満足に利用したいと思います。

【まとめ】NURO光の解約金について!日割り・違約金の負担・連絡先など

NURO光の解約の違約金や連絡先について   NURO光を解約しようとお考えですか? NUROを現在利用していて他のインターネット回線に乗り換えを検討している場合や、引越しなどが理由かもしれ ...

続きを見る

自前のルーターがもったいない、間違って購入してしまった方は中継機として利用するとをおすすめします。

ただし、中継機として利用しても完全に干渉が無くなる訳ではありませんのでご注意ください。

 

-NURO光

© 2022 ネットヒカリ