NURO光

NURO光は自前でルーターを購入した方が良い?ONU性能を含めて解説

NURO光の自前のwifiルーターの特徴
NURO光って自前でルーターを購入したほうが良いか?

それともレンタルをしたほうが良いか?

を悩んでいる人に向けて書いた記事です。

メモ

そして、先に結論を言うとNURO光のルーターはレンタルをしても自前で買ってもそれぞれメリットとデメリットがあるので、それらを理解してから選んだ方が良いです。

 

自宅で光回線のWi-Fiを利用の時にWi-Fiルーターが必要です。

NURO光でWi-Fiルーターを利用時には2つの使用パターンがあります。

 

それはNURO光で用意される

  • Wi-Fiルーターをレンタル
  • 自前でWi-Fiルーターを購入

のどちらか2つです。

 

初めてNURO光で光回線を利用の時、どちらがいいか気になる方も多いですね。

この記事ではNURO光でWi-Fiルーターは『レンタルがいいのか』『自前で購入するのがいいのか』について解説します。

 

NURO光は全部で5種のルーター(画像付)

品名ZXHN F660THG8045jHG8045DZXHN F660AHG8045Q
画像ZXHN F660T(NURO光のレンタルルーター)HG8045j(NURO光のレンタルルーター)HG8045D(NURO光のレンタルルーター)ZXHN F660A(NURO光のレンタルルーター)HG8045Q(NURO光のレンタルルーター)
上り速度1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps
下り速度2Gbps

(無線:450Mbps)

2Gbps

(無線:450Mbps)

2Gbps

(無線:450Mbps)

2Gbps

(無線:1300Mbps)

2Gbps

(無線:1300Mbps)

無線LAN対応
規格11 a/b/g/n11 a/b/g/n11 a/b/g/n11 a/b/g/n/ac11 a/b/g/n/ac
大きさ(縦×横×高さ)245×190×38230×180×40235×30×195245×190×38235×30×195
消費電力24W以下16W以下18.5W以下24W以下18.5W以下
LANポート数33333
NURO光はどれも比較的優秀なルーターが多いです。

ポイント

NURO光のレンタルできるルーターは5種ですが、どれも性能としては高いです。

このルーターと比較して『自前でルーターを購入したほうが良いのか?』を説明していきます。

NURO光のレンタルできるルーターは単体としての性能も素晴らしいですが、費用も主要のドコモ光、auひかり、ソフトバンク光、フレッツ光、光コラボ系と見比べてもNO1だと思います

 

自分でルーターを購入する必要があるケース

 

NURO光のルーターを自分で購入が必要な場合

NURO光のルーターを自分で購入が必要な場合

 

NURO光ではレンタルではなく、自分でルーターを購入する必要がある場合があります。

NURO光ではWi-Fiルーターの機能がついたONUを無料でレンタルしますので、実質Wi-Fiルーターを無料でレンタルできます。

 

なので自前のルーターがなくてもWi-Fiが利用可能になります。

じゃぁ、家で繋げて使えばスマホもパケット通信料を節約できて、Gbpsを下げたプランにして節約もできるね!

しかし、もしルーターをすでに自分で購入済みの人。

 

そんな場合は無駄になってしまうのか?

 

それはありません。

住まいの環境によっては寧ろ自前で購入しなければいけないケースもあるのでそれを順に説明してみます。

 

住居が電波を通しにくい場合

住居の間取りに影響しますが、自前wifiルーターが必要な場合は電波を通しにくい壁(鉄筋マンション)や1階に設置して2階のパソコンやタブレットに繋げたいという人はレンタル品よりも高性能のルーターを用意したほうが良いと思います。

 

ルーターは基本的にアンテナの本数も電波の通しやすさに影響があります。

無線LANルーターはアンテナの本数が多いほど通信速度が速く、電波を通しやすくする傾向があります。

ですので、目安としては4本以上の物を自前で用意すれば基本的に大丈夫です。

あとはゲームをする人は「ポート開放」をするのも忘れないでおきましょう。

ポート開放とは?

ルーターは外部からの不正アクセスを防ぐためにブロックしています。

普通にネットをする上ではこれが必須ですが、オンラインゲームを友人とやる上では接続を拒否されプレイできなかったりします。

その制限を解放してやることがカンタンにいうと【ポート開放】。

これをやるには、パソコンのファイアーウォール設定を変更したり、IPアドレスの確認も必要です。

 

接続する機器が多い場合は自前を用意する

Wi-Fiルーターは1台で何台もの機器をWi-Fiに繋げることはできません。

同時に接続できる数には限度があります。

例えば最大接続数が6台のWi-Fiルーターを利用した4人家族だと仮定します。

 

4人がスマートフォンを同時にWi-Fiに繋げていたらこれで4つ、2人がパソコンやタブレットに接続していたらこれで6台です。

 

これにプレイステーション4やニンテンドースイッチなどのゲーム機を接続しようと思ったらどれかを解除しなければいけませんね。

 

そのためNURO光のWi-Fiルーターを利用しないでより多くの機器を接続できるWi-Fiルーターを用意する必要があります。

 

 

そして機能としては…

「MIMO」

「MU-MIMO」

「ビームフォーミング」

上記の機能は簡単に言うと「広い範囲で高速通信可能な機能」ですので、接続するものが多い場合は非常に重宝します。

 

Wi-Fiルーターを2台接続するとお互いの電波が干渉しあってインターネットに接続できなくなる不具合があるからおすすめしないよ。

 

Wi-Fiルーターを2台繋げると電波が強くなるというイメージがつきそうですがそのようなことはありません。

むしろ電波を干渉しあって最悪、インターネットに接続できないこともあります。

 

同時に接続機器を増やすというメリットはありますがデメリットが大きいのでおすすめはしません。

 

ポイント

Wi-Fiを利用する端末が多い場合は接続台数が多いWi-Fiルーターを自前で用意するといいでしょう。

 

中継器として利用する

Wi-Fiの電波は家のどこにいても利用できるというものではなく、機器によっては限界があります。

壁を一つ挟むと届かない場合がありますし、1階にWi-Fiルーターを設置して2階まで届かない場合があります。

 

そんな時には中継器(ONU)で使うといいです。

 

中継器を利用すればより広い範囲でWi-Fiを利用できます

自前のWi-Fiルーターを中継器として利用することは可能なので電波が届かないと感じたら設置してみるのもアリだよね!

あとよくある注意点でNURO光が2重ルーター状態になっていることも意外にあります。

通信に不備が生じたと思ったら確認することも必要です。

 

NURO光のレンタルWi-Fiルーター各5種の特徴

NURO光のレンタルできるルーター5種の特徴

NURO光でレンタルするONUの型番とWi-Fi規格です。

・ZXHN F660T:IEEE802.11/a/b/g/n
・HG8045j:IEEE802.11/a/b/g/n
・HG8045D:IEEE802.11/a/b/g/n
・ZXHN F660A:IEEE802.11/a/b/g/n/ac
・HG8045Q:IEEE802.11/a/b/g/n/ac

以上の通り「11n」までのものと「11ac」までのものがありますね。

 

これって何が違うの?
Wi-Fiの規格によって通信速度の速さが違うよ。

この中で最も早いのは11acだよ。

 

規格名称周波数最大速度
IEEE802.11a5GHz54Mbps
IEEE802.11b2.4GHz11Mbps
IEEE802.11g2.4GHz54Mbps
IEEE802.11n2.4GHz600Mbps
5GHz600Mbps
IEEE802.11ac5GHz6.9Gbps

周波数(ヘルツ)は意味として、音波や電波、周期現象を現しますがカンタンな意味は1秒当たりの振動回数です。

ここで言うルーターが影響するのは「周辺にある物」によって電波が通りやすかったり通りにくくあったりします

 

それ程気にしなくても良いのですが、「家電製品の炊飯器・電子レンジなどの電波干渉しやすいものを近づけて置かないように注意」という意識だけは持っておいたほうが良いと言えます。

 

▽2.4GHzの特徴▽

・周波数が低い

・電波が遠くまで届きやすい

・家電製品の近くだと電波が弱まる

 

▽5GHzの特徴▽ 

・通信速度が安定して速まりやすい

・家電製品との電波干渉がおこりにくい

・家電は障害がおこりにくいが、壁やタンスなど物体で届きにくい

 

ポケットwifiやwimaxでも同じですが、速いモバイルwifiほど速いけど安定感に欠け、速度が少し遅いけど安定感は生まれます。電波の性質によるものなのでこれは仕方ないです。通りが悪かったらルーターの置き方や回りの物を整理することも必要です。

 

どの機種選べば良い?

上記のように最大速度が「11n」と「11ac」では差が10倍以上違います。

そのため明らかに『ZXHN F660A』『HG8045Q』の方がBEST!!

 

ELECOM エレコム11ac対応 1300 600Mbps 無線LANギガビットルーター WRC1900GHBKS送料無料

価格:6,696円
(2019/5/11 16:06時点)
感想(0件)

上記がwi-fiの『11ac』規格の例になります。

特に普通のwi-fiルーターと区別があるわけではありませんが、性能が違います。

 

Wi-Fiの規格は年々進化していてその度に通信速度が速くなっています

 

この中で最も通信速度の速い規格は「11ac」です。

 

注意点

ただし、「11ac」は古いスマートフォンやプレイステーション3などの古いゲーム機など受信できない場合があります。そういった場合は「11ac」のWi-Fiルーターを利用しても受信できるのは「11n」までとなり、高速になりませんので注意してください。

 

これって交換はできないの?
NURO光に申請すれば交換はできるみたいだよ。

 

NURO光から届くONUルーターはランダムですが、申請すれば新しいものに交換は可能です。

なので安心して申し込めますね。

 

wi-fiレンタル詳細

・1日単位のレンタルが可能

・申し込みをして翌日発送が可能

・返却はコンビニや宅配でカンタン

 

NURO光の工事2回必要
NURO光の開通工事2回の流れや掛かる期間の内訳。そこまでして使う価値はある?

NURO光の工事2回必要   NURO光は世界最速と言われている超高速インターネット通信サービスです。 このNURO光は2回立会いの工事が必要です。 今回はNURO光の工事の簡単な流れについ ...

続きを見る

レンタルすると料金はどれくらい掛かる?

 

NURO光はWi-Fiルーターを無料でレンタルができます

 

つまり…

レンタル料金は0円ということです。

 

これはレンタルができるというよりかは、『申し込んだ時にレンタルしている』が正しいかもしれません。

NURO光の月額料金は4,980円(税込)で、これにはWi-Fiルーターのレンタル料金も含まれています

 

NURO光の月額料金はWi-Fiルーターのレンタル料金とセキュリティソフトの料金、プロバイダの料金が含まれているよ。

 

ONUにWi-Fiルーターの機能もなんと含まれている

インターネット光回線は工事が必要です。

 

この工事は電柱から光ファイバーケーブルを自宅に引き入れます。

工事後に設置されるのがONU(光終端装置)で、これは光ファイバーからくる光信号をインターネットを利用できるように変換してくれるものです。

 

NURO光ではこのONUにWi-Fi機能がついています

そのため、自動的にWi-Fiルーターをレンタルしているということになるというわけですね。

アクセスポイントの役割もNURO光のONUはしてくれるなんて優秀だね!

 

 

選ぶことは可能なの?

結論から言うと選ぶことはできません

ランダムに設置されます。

 

選べないの??
選ぶことは残念ながらできないよ。

 

NURO光の工事完了後に設置されるONUは5種類あり、どれが設置されるかわかりません。

どのONUが設置されてもONUとしての機能は問題ないのですが、Wi-Fiの規格が異なる事があります

 

これじゃイヤだ!交換したいどうすれば?

どうしても届いたルーターが気に入らない場合は下記の問い合わせ先に連絡して下さい。

 

NUROテクニカルセンター

メール:So-netマイページ

TEL:0120-65-3810
受付可能時間:9時~18時

上記でルーターを交換する場合はあらかじめ『ユーザーID』『IDパスワード』はメモしておきましょう。

メールor電話の場合も確認の際に必要となります。

 

なお電話連絡の場合はフリーダイヤルで自動音声で途中まで案内されていきます。

そして、途中から電話が繋がりますので、「○○の機器に交換したい」と伝えればOK!

 

新型のONUルーターを届く日は

最短5日後(受付完了+4日以降)

になります。

 

配送希望時間は午前や午後など指定できる場合は多いですが、時間はちょっと掛かります。

また旧のONUルーターの引き取り日も同じく最短5日になります。

 

注意

一つだけ注意点があります。

それは『レンタルルーターをZXHN F660AやHG8045Qの11acに交換しても子機であるパソコンやスマホがそれに対応していないと効果を最大限に発揮しない』ということです。

2017年以降に発売されたものなら基本大丈夫だと思います。

それ以降は確認必須。

ただ逆に遅くなるというわけではないので、問題はありません。

 

レンタルした人の口コミはどうだった?

自前ルーターの方がスピード出た!

 

レンタルしたら爆速!!

 

交換したら速度が6倍になった!

 

工事だけ待てれば一体型ルーターでラク。

上記のような口コミがありました。

NURO光のルーターは性能が高い物が多いので結果的には良かったという口コミが比率としては多かったです。

ですが、自前のルーターが良い場合もあるのでそれは比べたほうが良いですね。

 

まとめ

 

NURO光は工事が終わった後に設置されるONUにWi-Fiルーターの機能がありますので別でWi-Fiルーターを用意しなくてもWi-Fiを利用できます。

 

自前のルーターを用意する場合は最大接続台数が多いものを用意するといいです。

 

すでにWi-Fiルーターを持っている場合は中継器として利用することも検討するといいですね。

NURO光でレンタルしたONUの型番をチェックしてみて古いタイプであった場合は交換の申請をしてみましょう。

まとめ

レンタルルーター…機能が悪くても交換して性能が良いものに切り替えれば良い!

自前購入ルーター…中継器として使えば、より使い勝手が上がる!

 

-NURO光
-,

© 2020 ネットヒカリ