豆知識

格安スマホにするなら自宅を光回線したほうが良い理由

更新日:

月額費用がものすごく安くなる、最近話題の格安スマホが人気になりつつあります。

 

その理由はdocomoやauソフトバンクといった

大手3大キャリア比べて、圧倒的に料金が安いためです!

 

3大キャリアが月額5500円〜6500円が相場
格安スマホの月額は1600円〜2500円が相場

 

月額で3000円〜5000円程度安くなります

 

docomoやauソフトバンクのスマートフォンは
フル装備で提供してくれますが、
格安スマホはオプションを自分で選べます

 

つまりはオプションをつけなければつけない分安くなります。

 

そして1ヶ月のデータ定額の容量も一番安いものにしてしまえば、
スマートフォンを本当に格安で持てることになります。

 

しかしこれだとインターネットを楽しめないですね。

 

そこで光回線の出番です!

 

格安スマホに何故光回線ネットが必要なのか?

 

 

自宅にWi-Fi環境を構築すれば、
自宅内ではどれだけインターネットを利用しても速度制限などかかりません。

 

光回線ネットを家に繋いでおけば、その分費用が余分に掛からないということです。

 

外では使うとしてもLINEのやり取りや簡単なウェブ検索だけにすれば、データ通信の消費も少なくなります。

基本的にはwi-fi環境が整っていますしね。

 

ある程度、移動中ってそんなに使うことなくないでしょうか?

 

ゲームなどは頻繁にやっている人が多いと思いますが、そういったデータ通信量の多い使い方に関しては代わり自宅でガンガン使えばいいんです!

 

 

スマートフォンではゲームができます。
スマートフォンではストリーミングで音楽が聴けます。
スマートフォンではストリーミングで動画が見れます。

 

光回線を利用すればやりたい放題です。

 

 

これは私の場合なのですが、私はスマートフォンを2台持っています。

しかし外ではほとんど利用しません。

 

利用したとしてもWi-Fi環境のあるカフェや、LINEのやりとりくらいです。

 

自宅ではパソコンでインターネットを活用させています。

パソコンの方がスマートフォンより画面が大きいですし、やれることも多いですからね。

 

なので私も格安スマホで十分なのかなと思い始めています。

(最近は1台購入してみて、わかったのですが月額料金も安くなり充分)

 

2台も持っているくせに、LINEとゲームくらいしか利用してないので 🙄

 

そのゲームも外では人の目があるのでやらず、自宅で一人で楽しんでいます。

 

結構熱くなってしまうタイプなので、負けたり失敗したら悔しいですし、勝ったり成功したら嬉しいです。

 

その姿を人前に見せたくないというのが本音ですね。

そしてスマートフォンのゲームは、定期的にアップデートがあります。

 

試算して格安スマホと光回線のセットを考えてみた

ちょっと大手キャリアと格安simなど光回線の組み合わせを考察してみました。

例に出すと次のような状態になります。

 

大手キャリアの平均月額料金

端末代(支払い済み)… 平均額7242円

端末代(支払い中) … 平均額9326円

 

格安SIMの平均月額料金

端末代(支払い済み)… 平均額2257円

端末代(支払い中) … 平均額4382円

※独自で使用者の平均額を計算したものなのでデータはありません※

 

おそらく平均すると上記のような金額に近いと思います。

ですので単純計算…

端末代(支払い済み)… 4985円

端末代(支払い中) … 4944円

 

約4900円ほどの値差が存在する計算になります。

もちろん理論値なので全て当てはまる計算ではありませんが、少なからずこれに近い計算になる人もそこそこ多いと思います。

 

これを踏まえて光回線料金が約4000円~7000円ですので、どう考えても格安SIM利用者であれば光回線をセットにしたほうがお得だと考えられます。

 

スマホもネットも通信料だからセットで考えるほうが賢いように思えます。

普通に光回線に申し込めば格安や無料でwi-fi貸し出しもあるし、購入したとしても7000円出せば充分良いの買えるし、少量G数で無制限でネットできたほうが得だよね。

 

光回線と格安SIMの組み合わせ次第で光コラボはこんなに得なの?

  光回線の料金を安くするのに最も効果的な方法は、スマートフォンとセットにして割引を受けることです。 例えばdocomoなら「ドコモ光」。 SoftBankなら「ソフトバンク光」や「NURO ...

続きを見る

アップデート通信料は意外に容量が多いので、通信費がかかる

 

新しい情報やデータの更新、修正などのためですね。

そのデータは結構な大容量です。

通信中も「データ量が多いのでWi-Fi環境推奨」と注意書きが表示されます。

 

注意するならダウンロードする前に教えて欲しいものですが、
自宅のWi-Fi環境で行なっているので問題ないです。

 

なので格安スマホを利用して、
月額のデータ量を一番少ないものにしたら、
すぐに速度制限がかかってしまうということです。

 

格安スマホでも三大キャリアのスマートフォンでも、
スマートフォンのデータ定額プランの大容量プランは、
ぼったくってんじゃないのか

って疑問に思ってしまうくらい高額です。

(共感してくれる人いらっしゃったら嬉しいです 😮 )

 

なのでそれくらいデータ容量を使うにならば、光通信のインターネットを利用した方が何倍も特なんです。

 

光通信と同じかそれ以上はらっても結局は上限がありますが、
光通信は定額で追加金なしで使い放題ですからね。

 

テレビのCMで大容量プランを進めているのを見ると、情報弱者からぼったくろうとしてるなって思ってしまいます。

 

携帯3社の国内携帯事業の営業利益率はNTTドコモが21.3%、ソフトバンクが21.1%、KKDIが18.8%で、東証1部平均の2~3倍に相当する。

営業利益率15%以上は「エクセレントカンパニー」と呼ばれている。携帯3社は“超”がつく高収益企業だ。通信料金が家計の重荷になる一方、携帯3社が破格の利益を享受していることから、「儲けすぎ」という批判は根強い。

引用元:Business Journal

 

光通信の支払いも厳しいと思うのなら、
スマートフォンを格安スマホに変えて、
光通信をで自宅にWi-Fi顕教を構築すれば、
あなたのインターネットライフはより充実します。

 

格安スマホと光回線ネットのまとめ

 

以上のことからパソコンを持っている人には、
光回線のインターネットは必須ですが、
スマートフォンだけを持っている人も、
繋げていた方が断然いいです。

 

何も気にせずにインターネットを楽しむということは、
かなり気持ちのいいものです。

 

どれだけ動画を見ても、どれだけダウンロードしたとしても制限なくサクサク楽しめますから。

 

私はもう、光通信のない生活など、全く考えられません。

 

なのでスマートフォンしか持ってない人でも、
光通信のインターネットについて考えて見たらいかがでしょうか?

-豆知識
-

Copyright© インターネット回線のおすすめ情報|ネットヒカリ , 2019 All Rights Reserved.