光回線Q&A

プロバイダー不要ってどういうこと?不審な電話に悩まないために知っておきたいこと

インターネットは今の時代はなくてはならないものになりつつありますが、どうしてもお金がかかりますね。

なのでその費用を少しでも抑えようと思いますね。

 

そんなときにたまに耳にするのが「プロバイダー不要」のインターネットというものです。

 

最近ではプロバイダー不要というように電話で勧誘してくる業者がいます。

プロバイダーのことを理解していないと正しく判断することが難しいですね。

 

なので、インターネットとプロバイダーについて知っておくことがあります

インターネットリテラシーが低い人を狙って騙そうとする悪質な電話業者がたまにいるよ。
騙すなんてヒドイね・・・
騙されて損をしないためのも正しい知識を知っておこう!悪徳業者の光回線サービスが消滅しても俺には関係ないからね。

 

プロバイダー不要ってどういうこと?

 

まずはプロバイダーについて理解しておきましょう。

そもそもプロバイダー不要って意味不明だよね。
そうですね、プロバイダーがないとインターネットができませんからね。

プロバイダーについて知っておけば、プロバイダー不要ということが意味不明かがわかると思います。

 

プロバイダーとは

自宅で固定回線のインターネットを利用するときは、回線と、これとは別にプロバイダーの契約が必要です。

プロバイダーはインターネットをする上で必要不可欠なものです。

プロバイダーはインターネットを利用するためのIDとパスワードを管理してくれます。

 

回線を世界中とつながる道路と例えるのなら、プロバイダーはその通行許可証です。

 

テーマパークも映画館もチケットを買わないと入れませんよね?あれと同じです。

なのでインターネットを利用するときは回線とプロバイダーの両方を契約することになります。

 

代表的なプロバイダの名前を言いますと、以下のものがあります。

GMOとくとくBB

So-net

BIGLOBE

OCN

@nifty

DTI

Yahoo!BB

ぷらら

hi-ho

 

例えばドコモのガラケーのインターネットサービス「iモード」がプロバイダです。

このようにインターネットする上でプロバイは絶対的に必要ということがわかりますね。

 

プロバイダー不要のカラクリ

プロバイダーが必要不可欠と理解できたら「プロバイダー不要」って意味がわからないですよね?

だってインターネットが利用できないですから。

 

ではなぜ業者はプロバイダー不要と言うのでしょうか?

 

そのカラクリは、回線とプロバイダーを一体型にしているサービスの勧誘です

 

これは一つの回線とプロバイダー別々の契約ではなく、一つの契約で済みますのでプロバイダーが不要に見えるんですね。

 

例えばフレッツ光の光コラボは、光回線とプロバイダー一体型のものなので、契約は一つです。

 

プロバイダー不要と言って勧誘してくるのはこの光コラボの勧誘です。

しかも光コラボの中でもプロバイダが名が知れ渡っているようなものではないので、おすすめしにくいものです。

 

強引なセールストークですね。

 

よく内容を理解しないで契約してしまうと、通信速度が遅かったり、逆に料金が高くなったと言うように損をしてしまうことがあります

もちろんすべての勧誘が自分の利益のためだけに騙そうとしているのではなく、ちゃんとしているところもあります。

 

なので何を言いているのか、どれくらいお得になるのかなど、ちゃんとメモしておくといいですね

 

ココがポイント

すぐに契約しないで名前を控えて評判など調べてみるといいですよ。

 

プロバイダーのサービス内容

プロバイダの主な役割は回線をインターネットに接続することですが、それ以外にも以下のような様々なサービスを提供しています。

メールアドレス

迷惑メール対策

ホームページやブログ解説サービス

Wi-Fiルーターのレンタル

セキュリティソフト

ビデオオンデマンドなどのコンテンツ

以上のようなサービスを有償、または無償で提供してくれています。

 

携帯電話やスマートフォンもドコモやソフトバンクなどキャリアを契約すればメールアドレスが取得できますね。
dアニメストアとかもあるよね!

 

プロバイダよってサービス内容が異なりますので、自分の好みのサービスがあるプロバイダを選ぶ事も一つのポイントと言えます。

 

プロバイダーと一体型の光回線を選ぶポイント

 

プロバイダーと一体型の光回線を選ぶにしても、どのようなものなのかわからないですよね。

そのため、まずはそのメリットから知っておくといいでしょう。

 

プロバイダとセットの光回線のメリット

スマートフォンとの組み合わせで割引になる

契約と解約が一括でわかりやすい

 

このメリットについて詳しく解説していきますね!

 

スマホセットで割引になるプロバイダ一体型の光回線

プロバイダと一体型のインターネット光回線は、スマートフォンとセットで割引になる組み合わせがあります。

 

例えばNURO光は、プロバイダーのSo-netが運営しているので光回線とプロバイダがセットになっています。

ソフトバンク光はYahoo!bb、ビッグローブ光はBIGLOBEなどプロバイダが限定されているものが多いです

 

ただし、ドコモ光はプロバイダを24種類から選ぶ形になりますがこちらも一体型の光回線の扱いです。

 

このような光回線ではお使いのスマートフォンと組み合わせで割引になります。

docomoのスマートフォンなら、ドコモ光とセットになれば割引になります。

SoftBankのスマートフォンならソフトバンク光・NURO光とセットにすれば割引になります。

auのスマートフォンならauひかり・So-net光、BIGLOBE光、@nifty光とセットにすれば割引になります。

 

このような組み合わせにすれば月々の料金をさらに安くできるのでお得になります。

 

ポイント

ドコモひかりとauひかりプロバイダーを選ぶことができます。

プロバイダーと一体型として紹介している理由は、月額料金がプロバイダーの料金とセットになっているからです。

なので、別で契約する必要がないことからプロバイダー一体型として紹介してます。

 

プロバイダーと一体型は契約と解約が一回でいい

インターネット光回線、特にフレッツ光を契約する場合はフレッツ光の回線とプロバイダを別で契約する事になります。

回線とプロバイダが契約が別ということは、解約も別ということです

 

契約を別にしていると解約時にうっかり忘れてしまう事があります。

しばらくて請求書が来て気づくパターンはよくあります。

 

プロバイダ一体型の光回線は契約は一回で済むので解約も一回のみでです

あとで請求が来る事がないので安心してくださいね。

 

キャッシュバックが貰えるキャンペーンがある

光回線の新規申し込みでキャッシュバックキャンペーンを行っている正規代理店があります。

電話での勧誘を受けたときにはこのキャッシュバックキャンペーンがあるか、またはその条件などをしっかりとメモしておくといいでしょう。

 

特に注意して欲しいのがキャッシュバックの条件です。

利用開始してから半年後に申請と言われたら忘れてしまう事が多いのでおすすめできません

 

電話勧誘の場合は条件や詳細の説明がわかりにくい場合があるから注意してね。
インターネットからだとしっかりと確認してから申し込めるよね!

 

プロバイダ一体型の光回線は通信速度が早いものを

プロバイダ一体型の光回線の選び方におすすめのポイントがもう一つあります。

それは通信速度が速くなるものです

 

インターネットの通信速度なんて関係ないと思うかもしれませんが、速度が遅いとなかなかネットに繋がらなかったり動画が途中で止まる事があります

速度が速くなるプロバイダ一体型の回線の選び方を紹介するよ。

 

関東・関西・東海の戸建てにお住いで速度重視ならNURO光

NURO光はSo-netのプロバイダーと一体型の光回線です。

その最大の特徴は、通信速度が下り最大2Gbpsの超高速インターネットです。

 

光回線の通信速度は基本的には1Gbpsなのでかなり速いことがお分かりいただけるかと思います。

料金も4,743円とリーズナブルで、プロバイダーの料金、セキュリティソフトの利用料、Wi-Fiルーターのレンタル料もこれに含まれているので、コスパ最強光回線と言えます。

 

しかし、残念ながらサービス提供エリアが関東・東海・関西地方のみで他の地域では利用することができません。

そして8階建以上のマンションでは利用できません

 

このエリアにお住いの方で戸建て住居、7階建低下のマンションにお住いの方はおすすめな光回線です。

 

NURO光のメリットとデメリット※できるだけ詳しく書いてみた※

    今回ご紹介するのは速度の速さNO1と呼ばれるNURO光についてです!   NURO光は『速くて安い!』し『キャンペーンも時期によって、かなりお得なサービス』も打ち ...

続きを見る

 

通信方式6プラスで速度が快適になるもの

NURO光以外で通信速度が速い光回線を選ぶものとして、フレッツ光の光コラボの中で通信方式v6プラスを利用するという方法があります。

 

ほとんどの光回線の通信方式はIPv4というもので、これは利用者が多い通信です。

通信方式v6プラスは簡単にせ説明すると、通信速度が快適なインターネット通信です。

 

この通信方式路道路に例えますね。

従来のIPv4は利用者の多い高速道路です。

 

高速道路では利用者が少ないと快適に速度を出せますね。

しかし、合流地点や料金所付近など混雑するポイントを通れば利用者が多くなって速度が遅くなりますね。

v6プラスはこの混雑するポイントを通らないのと、利用者が少ないことで通信速度が速くなります。

 

v6プラスってどういう事?通信速度が速くなるの?VDSLでもいい?

  インターネット回線を申し込む時に度々見かける「v6プラス」というものがありますが、これは一体なんの事だろうともう人は少なくありません。 ただなんとなくわかることはv6プラスは通信速度が速 ...

続きを見る

 

まとめ

インターネットを利用するならプロバイダーの契約は必須なので、プロバイダー不要と言うことはありません。

プロバイダー不要と言うのは、プロバイダーと回線が一体型になったインターネット接続サービスを提供する業者のセールストークです。

 

プロバイダには様々なサービスを有償または無償で提供しています。

セキュリティソフトが無料で利用できたりWi-Fiルーターを無料でレンタルできるなどお得なものもあります。

 

光回線によって選べるプロバイダは違い、サービス内容にも違いがあります。

ただし、インターネット接続に置いてプロバイダが不要という事は絶対にありえませんのでそこは承知してください。

 

-光回線Q&A

© 2020 ネットヒカリ