光コラボ

【似てるけど違う】エキサイト光とexcite.MEC光の詳細をわかりやすく解説

エキサイト光とexcite.MEC光の違いや料金を比較

エキサイト光とexcite.MEC光の違いや料金を比較

 

エキサイト光excite.MEC光は、両方ともインターネットサービスプロバイダ「BB.excite」が運営するインターネット光回線です。

この二つ光回線の違いが気になるところですね。

同じプロバイダの光回線がどう違うの?
料金とかそれぞれ違いがあるけど共通点もあるんだ。

 

エキサイト光とexcite.MEC光(以下MEC光)にはそれぞれ違いがありますが、共通点もあります。

この二つのインターネット回線で迷っている方は違いを把握してどちらの方が自分に良いのか知っておきましょう。

 

この記事ではエキサイト光とMEC光の違いについて解説します。

エキサイト光の契約ページはコチラから

excite光

エキサイトメック光の契約ページはコチラから /

excite MEC光

 

エキサイト光とMEC光の違い

エキサイト光とMEC光の違い

エキサイト光とMEC光の違い

 

エキサイトでは定額の光回線のサービスとして「エキサイト光」と「excite.MEC光」の二つのサービスを提供しています。

この二つのインターネット回線の違いを紹介します。

 

通信方式が違う

この二つのインターネット回線の大きな違いが、インターネット通信の接続方式です。

 

エキサイト光は従来のPPPoE接続で通信を行うサービスで、固定IPを利用する方におすすめなサービスです

excite.MEC光はIPv6 IPoEの次世代ネットワークを採用して混雑なく安定した通信を可能としてインターネット接続サービスです

 

通信方式の詳しい事は後ほど解説します。

 

料金の違い

比較項目excite.MEC光エキサイト光
戸建の月額料金4,500円4,360円
マンションの月額料金3,500円3,360円
Wi-Fiルーターのレンタル料金100円300円
転用時の料金MEC光開通手続き料:3,000円

転用事務手数料:2,000円

転用事務手数料:2,000円

 

このように比較するとMEC光の方が料金がやや高いです。

事務手数料もMEC光では開通手続き料があるので初月は合計5,000円になり高めです

メモ

料金の面では不満はあるけど、速度を考えたらexcite.MEC光をどうしても使用したいと思っている人は下記の記事をお読みください。

>>エキサイトmec光のキャンペーン情報

エキサイト光系の回線は他回線と比べると月額料金は平均的に安いです。そして、上記は1年間はキャッシュバックがあるため、お得な内容になっているので吟味してみてください。

 

エキサイトMEC光で利用できないサービス

エキサイト光にできてMEC光で利用できないサービスがありますので紹介します。

  • 特定のポートを使用するゲームやサービス
  • 複数ユーザーでIPアドレスを共有するサービス
  • 固定IPアドレスが必要なサービス(サーバー公開など)

 

気にしない方は気にならないものですが、こだわる方はエキサイト光の方が良いでしょう。

 

エキサイト光とMEC光の共通点

エキサイト光とMEC光の共通点

エキサイト光とMEC光の共通点

 

エキサイト光とMEC光の違いを解説したところで共通点を紹介します。

エキサイト光とMEC光は同じプロバイダであるBB.exciteの光回線なので、プロバイダは同じです

 

他には使っている光回線など共通点があります。

 

フレッツ光の光コラボなので同じ回線を利用する

エキサイト光とMEC光の二つのインターネット光回線は、同じフレッツ光の光コラボです。

光コラボはNTTフレッツ光が光回線をプロバイダなど様々な通信業者に卸売りしているものなので、光回線は同じものを利用しています

 

つまりエキサイト光とMEC光は同じ光回線を利用しているので品質は同じです。

 

通信速度の理論値は同じ

エキサイト光とMEC光は同じフレッツ光の光コラボです。

つまり理論的には通信速度は同じです。

 

フレッツ光の通信速度は下り最大1Gbpsです

光コラボも同じ回線を使うのでエキサイト光とMEC光は理論的には同じ通信速度になります。

 

参考

通信速度はベストエフォート型と呼ばれているもので、実際にこの速度は出ませんが成る可くはこれに近づけるという意味です。

インターネット回線の基地局を通過するときにどうしても通信速度が遅くなってしまうので、実測値は1Gbpsにはならず10分の1〜100分の1程度になります。

 

実はMEC光の方が通信速度が速なる技術がありますよ。

 

MEC光はDS-Liteで速度が速い

MEC光はDS-Liteで速度が速い

MEC光はDS-Liteで速度が速い

 

MEC光にはIPoE(IPv4 over IPv6)接続方式でインターネットが快適になるメリットがあります。

従来のインターネット通信方式はIPv4接続方式で、このIPv4通信のみを利用していると速度が遅くなります

IPv4の後続とのなる次世代インターネットプロトコルがIPv6のことで、これの利用により速度が速くなります。

 

IPv6インターネット接続方式には「PPPoE」接続と「IPoE」接続、そして「IPoE IPv4 over IPv6」の三つです。

 

IPv6通信の現在のインターネットの通信方式の種類と違いを紹介します。

 

PPPoE IPv6通信

インターネット接続に必要な情報(認証ID・パスワード)を用いてIPv6インターネット接続を行う接続方式です。

これは従来の接続方式であるIPv4と同じです。

 

3つの中で一番混雑しやすくなり速度が遅くなる事が多いです

 

一番目に接続した方が通信速度が早く、二番目以降に接続した方の速度が低下してしまいます。

 

IPoE IPv6通信

IPoE方式は新方式でIPv6のWebサイトなどの閲覧において、快適にインターネットを利用できる接続方式となります。

新しい接続方式なので回線が混雑する事が少なく、快適にインターネットをしやすいです。

 

PPPoE方式では接続の順番で速度が低下しますが、IPoE方式はアクセスの順番に関わらず公平に速度制御する事で混雑を防止しています

 

ただし、表示するウェブサイトがIPv4方式の場合はPPPoE方式となるため全ての通信が快適になることではありません

 

IPoE IPv4 over IPv6通信

IPoE方式の新方式によりIPv6に加えIPv4のWebサイトなどの閲覧においても、快適にインターネットをご利用いただける接続方式です。

これは従来のPPPoE方式を利用しないので全ての通信が高速になります。

 

どのサイトを開いても動画を見ても常に快適なインターネットを利用できるサービスです

 

MEC光はこの通信方式をDS-Liteとしています。

v6プラスと同じ通信方式ですよ。

 

v6プラスとは

v6プラスは日本ネットエアークネイブラー株式会社(JPNE)をVNE事業者とするIPoE IPv4 over IPv6通信のことです。

 

MEC光ではDS-Lite対応の専用ルーターをレンタルできる

DS-Liteとは、IPv6のネットワークを経由してIPv4通信を行うための通信技術の規格です。

つまりMEC光は次世代ネットワーク(IPv6 IPoE)での通信時と同等の通信速度でIPv4通信もご利用できます。

 

これには対応しているWi-Fiルーターが必要で、MEC光では対応ルーターをレンタルできます。

 

レンタルできるWi-FiルーターはNEC製のAtrem WG1810HP(MF)です

伝送速度はIEEE802.11acで最大1300Mbpsなので速度に問題はありません。

 

まとめ

エキサイト光とMEC光の違いについて解説しました。

月額料金や手数料など料金はエキサイト光の方が安いです。

そのため、料金面を重視するのならエキサイト光の方がおすすめです。

MEC光は通信速度が速くなる技術「DS-Lite」が使われています。

DS-LiteはIPoE(IPv4 over IPv6)接続方式でインターネットが快適になるメリットがあります。

通信速度にこだわる方はMEC光の方がおすすめです。

 

個人的には料金的な安さはエキサイト光の方があるけど、総合的に考えるとエキサイトMEC光の方がコスパは優れていると思うよ

エキサイト光の契約ページはコチラから

excite光

エキサイトメック光の契約ページはコチラから /

excite MEC光

 

 

エキサイト光にできてMEC光で利用できないサービスがありますのでこれがデメリットになります。

  • 特定のポートを使用するゲームやサービス
  • 複数ユーザーでIPアドレスを共有するサービス
  • 固定IPアドレスが必要なサービス(サーバー公開など)

 

以上のものを利用したい方はエキサイト光を利用すると良いでしょう。

 

>>ネットヒカリ

-光コラボ

© 2021 ネットヒカリ