光コラボはNTTフレッツ光が様々な通信業者に光回線を卸売をしているものなので回線の品質はほぼ同じです。

そのてため通信速度はフレッツ光と同じベストエフォート型の1Gbpsです。

って書くと、どの光コラボでも同じなのかと思ってしまいますが、厳密に言ってしまうと、同じ光コラボでも通信速度に差が出ます。

今回は光コラボの通信速度の差の理由について解説します。

 

数値上はどの光コラボでも通信速度同じ

 

フレッツ光の通信速度はベストエフォート型の1Gbpsです。

この「ベストエフォート型」というのは、通信速度は実際はそこまで出ないけど、なるべくそれに近くなるように努力しますよということです。

なので、ドコモ光もソフトバンク光もSo-net光もビッグローブ光もエキサイト光もみーんな通信速度が同じ1Gbpsと記載してしまうと語弊がでてしまいますね。

 

これは数値上の速度と体感速度の違いが出てしまうのです。

どの光コラでも数値は同じでも体感的に、そして実測値では差が出てしまいます

通信速度が遅くなってしまう要因は、お住まいの地域や環境によって左右されてしまうので改善をするにはこれをするのがベストということは言えないのですが、体感的な速度に差が出てしまうのは「プロバイダー」が関係しています

 

プロバイダーによって体感速度に差が出る?

 

NTTフレッツ光から光コラボに乗り換えて、プロバイダーを変更した場合に、通信速度が遅くなったという人は多いです。インターネット上、特にツイッターで多いです。

このような否定的なコメントの方が多いのは、嫌なことがあってグチをこぼしたりするようなことと同じですね。

逆に速くなった、何も変化がないという人も多いはずなので、「光コラボ=遅くなる」ということは間違いです。

 

光コラボはNTTフレッツ光の光回線とプロバイダーがセットになったもので、光回線は同じですがプロバイダーが光コラボにより異なるということになります。

 

プロバイダーは光回線を利用するためのIDとパスワードの役割になっていますが、イメージ的には電柱から光ファイバーが自宅に通ってONUに繋がり、光回線のインターネットができます。

そこでのインターネット通信はプロバイダーを通して繋がっているので、プロバイダーのサーバーで情報処理をする速度の違いが、体感的な通信速度の差になってしまうということになります。

 

通信速度に差が出てしまう要因としては、サーバーの混雑状況による速度の低下や、バックボーンによる影響もあるのですが、残念ながら私はそこまで詳しい人間ではないので深いところまではわかりません。

なので簡潔に言ってしまうと、プロバイダーによって体感速度に差が出てしまうということです。

 

結局どのプロバイダの光コラボがいいの?

 

通信速度に差が出てしまう理由はプロバイダーによるものなので、安心と実績のあるプロバイダーを選べば無難だと言えるでしょう。

特にOCN光はバックボーンを効果していて、パッと見た感じでも「なんかすげーなー」って思いますが、実際のところよくわからないですよね?

ちなみにこのようなIPバックボーンを公開しているプロバイダーは少ないです。

OCNはよっぽど自信があるのですね。さすが世界最高水準のインターネット接続サービスです!

 

他にもBIGLOBEやSo-netなどいいプロバイダーはありますが、やはり光コラボでオススメになるのはスマートフォンとセットになって割引になる光コラボです。

 

docomoならドコモ光、ソフトバンクならソフトバンク光、auならSo-net光、ビッグローブ光、@nifty光がセットで割引になります。

docomoやSoftBank、auは日本の大手キャリアなので、お客様が満足しないサービスは基本的にしないはずです。

スマートフォンの料金は少し高い気がしますが・・・

 

通信方式v6プラスを採用している光回線を選ぶ

 

同じ光コラボでも通信方式で通信速度が異なります。

ほとんどの光コラボでは通信方式にIPv4が利用されています。

これは利用者が多い通信方式です。

 

ここでおすすめなのが通信方式v6プラスです。

 

通信方式v6プラスというのは簡単に言ってしまうと通信速度が速くて快適な手段です。

 

従来のIPv4は人が多いので混雑すると通信速度が遅くなってしまいます。

v6プラスは利用者が少ないので速い通信が行えます。

 

これを道路で例えてみると、IPv4は利用者の多い道路です。

高速道路でも合流地点や料金所付近では混み合って渋滞になって、なかなか進まないという事がありますよね?

なのでノロノロと遅くなってしまいます。

 

v6プラスはこのような混み合うポイントを通らない通信方式なので、目的地まで早く到着できます。

なので快適な速度でインターネットが楽しめるということになります。

 

v6プラスを採用している光コラボ

v6プラスを採用している光コラボは実は少ないです。

というのは同じ光コラボでもv6プラスを採用しているところと違うところがあります。

 

例えばドコモ光は、プロバイダを複数から選べますが、そのほとんどのプロバイダではv6プラスに対応していません

 

ソフトバンク光はプロバイダがYahoo!BBのみですが、v6プラスを利用できる代理店と通常の代理店で別れています

なので、知らないと損をしてしまうのですね。

 

例えばドコモ光ではGMOとくとくBB、So-net、DTI でv6プラスを利用する事ができます。

他の代理店から申し込むときは、従来のIPv4通信なので比較的遅いドコモ光になります。

 

 

NURO光にする

光コラボの速度で満足しない場合は、通信速度が速いNURO光にするという方法があります。

NURO光は下り最大2Gbpsの超高速インターネット通信なので、速度に不満が出るということはないでしょう。

ただし、このNURO光はエリアが限定されています。

関東地方、関西地方、東海地方のみです。

それ以外の地域にお住いの人は利用する事ができないのがデメリットです。

 

 

まとめ

光コラボはフレッツ光の光回線を使用しているので基本的にはベストエフォート型の1Gbpdです。
通信速度の差はお住まいの地域の環境にも左右されたり使用しているパソコン環境やスマートフォンにより差が出ます。

体感的に速度に差が出てしまうのはプロバイダーによるものです。

その中でも通信方式v6プラスを採用しているプロバイダなら、速度が快適になるのでおすすめです。

 

このブログでは光コラボを始め様々な条件別に光回線をランキングで紹介しておりますので参照してみてはいかがでしょうか。