モバイルwi-fi

クラウドWi-Fiって何が良いの?評判や口コミを見ながら詳細解説

クラウドWi-Fi

クラウドWi-Fi

この記事ではクラウドWiFiの評判について解説しております。

 

クラウドWiFiを利用しようとお考えですか?

近年ではモバイルWiFiの需要が増えた事で、様々な企業がモバイルWiFiルーターの事業に乗り出しております。

 

有名なところでWiMAXがありますが、WiMAXは3日で10GB使うと通信制限がかかり、これがデメリットと考える方もいます。

 

クラウドWiFiは100GBの利用まで制限なく使えるモバイルWiFiルーターで、価格が安く縛りがないメリットがあります

クラウドWiFiの評判を交えながらとメリット、デメリットについてまとめましたので解説致します。


この記事でわかる事

  • クラウドWiFiの評判
  • クラウドWiFiのメリット
  • クラウドWiFiのデメリット

 

クラウドWiFiとは?仕組みはクラウドSIM

クラウドWiFiとは?仕組み

クラウドWiFiとは?仕組み

クラウドWiFiは格安で利用できるWi-Fiサービスです。

端末を持ち歩けばどこでもWi-Fiを利用する事ができます。

クラウドSIMの仕組み

クラウドSIMの仕組み

クラウドWiFiはクラウドSIMという技術を使っています

クラウドSIMってなに?
クラウドサーバー上で管理されているSIMのことだよ。

 

クラウドSIMは中国の「uCloudlink社」の特許技術です。

クラウドサーバー上でSIMが管理されていて、端末にSIMカードが入ってない状態でWi-Fiが利用できます。

そもそもだけどSIMカードって何?
SIMカードの説明からするね!

 

SIMカードはスマホなどに入っているICカード

お使いのスマートフォンで電話やインターネット通信をするために、端末にSIMカードが挿入されています。

SIMカードは電話番号などの情報が入ったICカードの事で、サイズに対応していればSIMの入れ替えで機種変更という形になっています

 

ただしdocomoやau、SoftBankで購入したスマートフォンにはSIMロックという縛りがあるため、このSIMロックを解除しないと他社のSIMカードで利用する事ができません。

 

docomoのSIMカードではdocomoの回線、auのSIMカードではauの回線、SoftBankのSIMカードではSoftBankの回線のみ利用できます。

 

クラウドSIMとはSIMカード不要の次世代通信技術

クラウドSIMとはSIMカード不要の次世代通信技術

クラウドSIMとはSIMカード不要の次世代通信技術

 

クラウドSIMという技術は、上記で説明したSIMカード不要で通信が行える技術です。

SIMカードって情報が入ったカードだよね?これがないのにどうして通信ができるの?
それはね、クラウドサーバー上の国内用のSIMや世界中のSIMが保存されているからだよ

 

クラウドSIMはクラウド上で国内のdocomo、au、SoftBankの情報や海外のSIMの情報が保管されていて、その場所に適した最適なSIMをクラウドサーバーにアクセスして取得しています

 

例えばdocomoの電波がないところでもSoftBankの電波がある場合がありますよね?

docomo、au、SoftBankのどれか一つの回線が繋がっていれば利用できるのがクラウドSIMです

 

ココがポイント

クラウドWiFiはクラウドSIMの技術を使ったWi-Fiサービスです。

 

クラウドWiFiの基本情報をグラフで確認

クラウドWiFiの基本情報

クラウドWiFiの基本情報

クラウドWiFiはクラウドSIMを利用したWi-Fiサービスという事がお分りいただけたところで、基本情報を紹介します。

基本情報
初期費用3,300円
月額料金3,718円〜
2年総額89,232円〜
メリット100GBまで使える
デメリットWiMAXより速度が遅い
解約違約金2ヶ月目以降:無料
発送までの期間発送日の翌日〜3日以内
最短契約日数1ヶ月
通信速度150Mbps
容量制限100GB
制限速度384kbps
通信時間12時間
海外利用可能
ルーターCloud SIM Router U3
支払い方法クレジットカードのみ

 

さらに詳しく

多くの方が誤っていますが、ポケットWi-Fi(PocketWiFi)はY!mobileのサービス名です。

正確にはモバイルWi-Fiルーターと言います。

 

クラウドWi-Fiの評判を良い悪い含め載せてみた

クラウドWi-Fiの評判

クラウドWi-Fiの評判

クラウドWiFiの評判をTwitterで調べましたので解説致します。

良い口コミも悪い口コミも併せて紹介致します。

 

au docomo SoftBankの電波が全部使える

 

コスパが良さそう

 

通信速度にこだわるなら固定回線の方が良い

 

WiMAXより遅い

 

このようにクラウドWiFiはコスパが良いと評判です。

しかしWiMAXなど他のネット回線より遅いと口コミもあります。

 

安くWiFiを利用したい方にはおすすめですが、大きな通信を行う人には向いていないものです。

 

クラウドWiFiの料金

クラウドWiFiの料金

クラウドWiFiの料金

クラウドWiFiを利用するのに気になるのが料金ですね。

クラウドWiFiの料金は月額3,718円です

 

月額料金を支払うことで本体をレンタルして利用することになります。

 

それ以外でかかる料金を紹介致します。

 

クラウドWiFiの初期費用

クラウドWiFiには契約の際にかかる初期費用があります。

クラウドWiFiの初期費用は利用の初月に3,300円です。

 

初期費用はどのクラウドSIMのモバイルワイファイルーターでもかかるものです。

有名なMugenWiFiもクラウドWiFiと同じ3300円です。

 

クラウドWiFiの解約違約金は0円

インターネット回線は通常では最低利用期間がありますがクラウドWiFiは1ヶ月です。

また。、クラウドWiFiの解約金にかかる費用は0円です。

 

インターネット回線で懸念されるのが最低利用期間と解約の違約金がありますが、クラウドWiFiは2ヶ月目以降からいつ解約しても費用がかかりません。

 

端末補償オプションの料金

クラウドWiFiはWiFiの端末をレンタルする形になります。

WiFi端末は無料で支給されるものでも購入するものでもありません。

 

つまり解約した場合は返却する必要があります

 

クラウドWiFiの端末をなくしてしまったり壊れてしまった場合は解約をすればいい」と考える方もいると思いますがそうはいかず、補償なしの場合には27500円の費用がかかってしまいます

 

この負担金をなくすためにオプションの補償プランに加入する事をおすすめします。

 

プレン名料金(月額)内容
安心補償フル550円全てのトラブルに適用し全額補償
安心補償ライト275円故障・水没に全額補償

安心補償フルは全てのトラブルに対して端末を補償してくれるものです。

 

安心補償ライトは故障と水没の場合は全額補償してくれますが、紛失や盗難、バッテリーの劣化が発生した場合は端末の代金として16,500円負担することになります。

 

安心補償オプションの適用は契約日から1年1に回までとなっておりますのでご注意ください。

 

クラウドWiFiのメリット

クラウド WiFiのメリット!

  • データ通信が100GBまで無制限
  • 解約金が0円
  • 海外でも利用できる
  • 料金はずっと変わらない
  • 工事不要で最速即日発送

 

データ通信が100GBまで無制限

クラウドWiFiWiMAXPocket WiFi
容量制限100GB3日で10GB1日で3GB

クラウドWiFiのメリットは100GBまで制限なく使える事です。

WiMAXやPocketWiFiと比較すると3日で10GBや1日3GBです。

 

Twitterをずっと眺めていたりYoutubeなどのオンライン動画をずっと見ていると大容量のデータ通信を行なってしまいますので嬉しい事ですね。

 

注意ポイント

100GB以上利用すると通信速度が384Kbpsに制限される場合が出るようになりました。

 

休みの日は動画を沢山見て平日はあまり見ない方も多いと思いますので、100GBを上手に使い分けるようにすれば安定するでしょう。

 

解約金が0円で安心!

クラウドWiFiは2ヶ月目からの解約金が0円です。

 

契約をしてみて思ったと違うなんてことも考えられますよね?

思っていたよりも通信速度が遅くて不満

家の中で電波が入らない

ゲーム中にラグが発生する

 

契約した後に口コミのような快適さが無いと感じたら解約したいって思いますよね。

光回線や他のモバイルWi-Fiルーターのサービスでは高額な違約金がある場合がありこれがデメリットと感じる方も多いでしょう

 

クラウドWiFiは解約の負担金が0円なので

解約金が0円なら安心だね!
速度が速いか心配だったり、安いから逆に心配って思っている人も安心できるね。

 

クラウドWiFiは最低利用期間が基本的にはありません。

インターネット光回線は2年ごとに更新になり更新月のみ違約金が発生するというパターンが多く、モバイルWi-Fiルーターでは3年目に違約金が安くなるというパターンが多いです

まずは契約期間を紹介しますね!
モバイルWi-Fiサービス契約期間
クラウドWiFi実質1ヶ月
Mugen WiFi2年のみ
どんなときもWiFi2年更新
UQ WiMAX2年更新
ポケットWiFi(Y!mobile)2年更新
よくばりWiFi2年更新
限界突破WiFi2年更新
縛りなしWiFiなし
SPACE Wi-Fiなし

解約金を他のモバイルWi-Fiルーターのサービスと比較してみましょう。

 

モバイルWi-Fiサービス1年目2年目3年目
クラウドWiFi0円0円0円
Mugen WiFi9,900円5,500円0円
どんなときもWiFi20,900円15,400円10,450円
UQ WiMAX20,900円15,400円10,450円
GMO WiMAX27,280円27,280円10,450円
よくばりWiFi19,800円13,200円10,450円

他のモバイルWi-Fiルーターのサービスでは3年目でも違約金が発生しますがクラウドWiFiは1年目から0円です。

違約金が無いっていいね!

 

ココがポイント

解約の負担が少ないのがクラウドWiFiのメリットです。

>>wimaxおすすめプロバイダはどこ?

海外でも利用できる

クラウドWiFiは海外で利用する事ができます。

スマートフォンを海外で利用するには現地のWi-FiルーターをレンタルしたりSIMを挿入することで利用できますが、クラウドWiFiはクラウドSIMを利用しているのでそのまま利用する事ができます。

 

ただし、1日あたりの料金で上限は1GBです

1日あたりのおよその料金
アジア・ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリア1200円
中東・アフリカ・南米1,600円

 

海外出張の場合ではレンタルするよりも安く済む場合があります。

料金は国によって異なりますのでHPで確認してください。

 

ポイント

海外でクラウドWiFiを利用するには手続きや特別な操作は不要です。

電源を入れると自動的に現地のネットワークを探して利用できるようになります。

 

料金はずっと変わらない

クラウドWiFiは長期的に利用しても月額料金がずっと変わらないのも特徴です。

月額料金って変わるもんなの?
他のモバイルWi-Fiルーターでは2年で月額料金が上がるのが一般的だよ。

 

モバイルWi-Fiルーターの料金は、最初の2年間または3年間は月額料金が安くなりそれ以降の料金が高くなることが多々あります。

 

例えば「よくばりWi-Fi」は最初の2年間は3,450円ですが25ヶ月目以降から月額料金が200円上がった3,650円になります。

2年間で考えると4800円も多く払うことになりますね

 

クラウドWiFiはずっと同じ月額料金なので、長期的に考えることでクラウドWiFiがお得なのがおわかりいただけると思います

 

工事不要でWiFiを利用できる

クラウドWiFiはモバイルWi-Fiルーターですので、大きな特徴としては工事が不要なところです。

フレッツ光やauひかりなどの固定回線は電柱から光ファイバーケーブルを引き込む工事が必ずあります

 

クラウドWiFiはポケットサイズの端末がWi-Fiルーターになりますので、当然工事の必要がありません。

端末が自宅に届いたらすぐに利用する事ができます。

 

注意

申し込み内容に不備があった場合は連絡を取り合ったりする可能性がありますので、当日に発送ができない場合があります。

申し込みフォームの記入は正しい情報を慎重に入力してください。

 

クラウドWiFiの3つのデメリット

クラウドWiFiのデメリット

  • 保証プランは1年間に1回しか加入できない
  • クレジットカードがないと申し込めない
  • 100GBまでしか利用できない

 

クラウドWiFiにはメリットが多いですが、当然ながらデメリットもあります。

このデメリットをあらかじめ知っておけば後で後悔する事もなくなるでしょう。

 

クラウドWiFiのデメリットを紹介しますね!

 

補償プランは1年間に1回しか申し込めない

クラウドWiFiは端末をレンタルして利用することになります。

端末を紛失してしまったり故障した場合は高額な料金を負担することになります。

 

そのための端末補償プランがありますが、オプションの適用は契約日から1年に1回までとなっております

 

一度外してしまうとまたオプションに入るのが先になってしまうのでご注意ください。

 

クレジットカードがないと申し込めない

クラウドWiFiの支払い方法はクレジットカードの決済のみです。

口座振替やデビットカード、その他ポイントサービスには対応していません。

 

つまり、クレジットカードを持っていないと申し込む事ができませんのでご注意ください

 

100GBまでしか利用できない

これはデメリットと言っていいのかわかりませんが、クラウドWiFiは100GBまでしか利用することができません。

 

光回線ならば100GBどころか1000GB、また10000GB利用しても制限なく利用できます。

 

固定回線を利用している上でモバイルWiFiルーターを利用するのであればメリットなのですが、単体で持つには少し不安だと思います。

 

まとめ

クラウドWiFiのまとめ

  • 100GBまで制限なく使える
  • 2ヶ月目から解約金がない
  • 月額料金が安い
  • 外で使うWiFi用に良い
  • 速度は速くない
  • 固定回線がないと不安

クラウドWiFiは100GBまで利用できるモバイルWiFiルーターです。

長期契約ではなく2ヶ月目以降から解約金がかからないので、お試し感覚で利用できます。

 

例えば固定回線を契約して開通するまでWiFiを利用したい方にもおすすめです。

 

モバイルWiFiのメリットは外にWiFi環境を作ることができ、回線もdocomo・au・SoftBankの回線なのでアウトドアでも繋がり重宝するでしょう。

 

ただし、通信速度は期待できるものではないため大画面で動画を見る事やオンラインゲームを行う通信には向いていません。

>>オンラインゲームのネット回線おすすめ

外で使うWiFiが必要な方で、安く利用したい方にはおすすめです。

-モバイルwi-fi

© 2021 ネットヒカリ