ドコモ光

ドコモ光のホームゲートウェイとは?ONUやルーターとの違い

 

ドコモ光でインターネットを利用しようとお考えですか?

ドコモ光を利用する時には様々な接続機器があります。

その中でもホームゲートウェイはひかり電話を利用する時に必要なもので、ドコモ光からレンタルするものです。

 

光電話を契約すれば必然的に手に入るということです。
ドコモ光のホームゲートウェイについて

引用元:https://www.nttdocomo.co.jp/support/hikari_trouble/tel_service/

しかし、ドコモ光ではこれ以外にもONUやWi-Fiルーターがありますね。

 

ルーターやホームゲートウェイやONUって似たような形しているから、区別つきにくいよね。

この記事ではドコモ光でWi-Fiを利用するにはどうすればいいか?

ホームゲートウェイでもWi-Fiは使えるのか?

その違いについて解説します。

ドコモ光24種プロバイダ
ドコモ光24種プロバイダ兼代理店ランキングTOP4!【2021年キャンペーン情報】

ドコモ光24種プロバイダ   スマホがドコモだとドコモ光とセットにすれば安くなるんだよね? スマホのプランによって割引額は変わるけど、ドコモでは唯一割引対象になる光回線だよ。 でもドコモ光っ ...

続きを見る

 

ドコモ光のホームゲートウェイとは?

既に光回線を使用している人はドコモ光以外のものでもホームゲートウェイを使っている人は多いと思います。

そして、それは光電話を使っていれば必然的に最初の時に接続をしています。

ホームゲートウェイ

ホームゲートウェイ

 

ひかり電話対応でネット回線を繋げている場合は必ずレンタル品で届くものです。

 

そして、ドコモ光の場合でも同じですが機器の種類は契約のタイミングで借りれるものが違いますが、光電話を繋げるための機器なのでそこまで気にしなくても良いと思います。

 

個人的にはwi-fiを併用している人は最低Wi-Fi最大速度1,300Mbpsもあればまだ充分かと思ってます。

ただそれ以外の機能も含めたオールインワン機能の機種もあるにはあります。

 

ホームゲートウェイ・ONU・ルーターの違い

 

インターネット光回線を利用するのに必要不可欠なのはONUです。

これはドコモ光に関わらず、他のインターネット光回線でも言えることです。

 

ではホームゲートウェイだけではダメなのかということが気になりますね。

結論から言えばホームゲートウェイがあればインターネット光回線を利用できます。

ではそれぞれ順番に解説します。

 

ONUとは?

ドコモ光を利用するのに絶対に必要なのはONUです。

ホームゲートウェイについて解説するために、まずはこのONUについて知っておいた方が腑に落ちてわかると思いますのでこちらから解説します。

 

ONUは「光終端装置」という名称のことです。

光回線の工事は光ファイバーケーブルを自宅に引き入れる工事です。

この光ファイバーケーブルからくる光信号をインターネットに利用できるように変換する装置がONUです。

 

そのためインターネットに接続する順番はこうなります。

ONU→ルーター→パソコンやスマホなどの端末

 

ドコモ光では基本的にこのONUをレンタルします。

光回線の工事が終わった後にONUが設置されます。

 

ルーターとは?

ルーターは一つの配線からくる信号を同時に複数の端末に接続できるものです。

複数の端末に繋げるだけなら「ハブ」と同じなのですが、ルーターはちょっと違います。

 

ルーターにはIPアドレスを自動で割り振る機能があります。

インターネットを利用する時にはそれぞれの端末にIPアドレスが割り振られます。

IPアドレスはインターネット上の住所のようなものです。

 

IPアドレスを各端末に自動で割り振ってくれる役割がルーターの基本的な機能の一つです。

この機能がないとインターネットで情報を受け取ることができないので必須な機能になります。

 

Wi-Fiルーターとは?

Wi-Fiルーターはルーターで接続する方法としてWi-Fi(無線接続)ができるルーターです。

 

ルーターから端末に接続する方法は有線LAN接続無線LAN接続の二つがあり、LANケーブルで接続する方法が有線LAN接続で、Wi-Fiで接続する方法が無線接続です。

 

無線LAN接続可能なルーターがWi-Fiルーターです。

 

ホームゲートウェイとは?

上記の違いが分かったところでもう一度本題のホームゲートウェイについて解説します。

ホームゲートウェイはひかり電話を利用した時に設置される機器です。

 

ホームゲートウェイは基本的にルーターの機能がありますので、ひかり電話対応ルーターという認識で正しいでしょう。

 

もっとカンタンに言うと「ひかり電話(固定電話&FAX)」を使えるようにするための機械」と覚えておけば良いです。

ドコモ光電話について

ドコモ光電話は月額500円

市内は3分:8.5円

県外は3分:20~80円

これにWi-Fi機能が備わっているものもあればないものもあります

Wi-Fi機能がない場合は、別でWi-Fiカードを装着することでWi-Fiが使えるようになります。

 

また、ホームゲートウェイにはONUの機能が備わっているものもあります

 

ポイント

そのためホームゲートウェイは「ひかり電話+Wi-Fiルーター+ONU」の機能が揃っているオールインワンのものとなっています。

めちゃ、すごっ

つまり、このホームゲートウェイがあればパソコン、Wi-Fiルーター、ひかり電話、ひかりテレビなどの各機器に接続できます

 

また、ドコモ光には「ドコモ光ルーター01」というものがあり、これはWi-Fiルーターのことも言います。

 

Wi-Fiルーターのみではインターネットを利用することができず、必ずONUかONUの機能があるホームゲートウェイがないとインターネットを利用することができません

 

ONUやホームゲートウェイは購入することができず、ドコモ光の開通工事が終わってから設置され、申し込んだオプションによってそれぞれレンタルという形となります。

モデム・ONU・ホームゲートウェイ・ルーターの違いとは?

  インターネット光回線を利用するもので必須なものがあります。 これは光回線の工事が終わった時に設置してくれます。 でもこの装置、モデムなのかONUなのか、ホームゲートウェイなのか、ルーター ...

続きを見る

光回線のみの申し込みの場合はONUがレンタルになるんだね。

 

メモ

NTT東日本でひかり電話対応機器利用料(月額450円)をお支払されている方はドコモ光電話に切り替えた方がおトク

その理由は…

フレッツ光 ⇒ 機器利用料(月額450円)+電話料(月額500円)

ドコモ光 ⇒ 電話料(月額500円)

なので、950円-500円=450円分が月額でお得になります。

更に代理店選びによっても、キャンペーンが変わってくるよ

>>ドコモ光の申し込み会社ランキング

 

Wi-Fiの速度が心配の場合はv6プラス

 

ドコモ光を申し込んで、ひかり電話を利用する場合はホームゲートウェイが設置されます

 

しかし、このホームゲートウェイは選ぶことができず物によってはWi-Fiの通信速度が遅くなってしまう場合があります。

せっかく光回線を利用するのなら快適に利用したいですよね?

そこでおすすめなのはv6プラスのドコモ光です。

 

対応したWi-Fiルーターが必要

v6プラスを利用するにはどのWi-Fiルーターでも利用できるものではありません。

v6プラスに対応したWi-Fiルーターを利用しないといけません。

 

Wi-Fiルーターは購入するか、レンタルすることができます。

ドコモ光ではWi-Fiルーターを無料でレンタルできます。

 

しかし、Wi-Fiルーターと言っても性能がつうし異なるので通信速度が異なります。

おすすめはBUFFALO製のWi-Fiルーターです。

 

GMOとくとくBBなら高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタルできる

ドコモ光をGMOとくとくBBから申し込めば、v6プラスを利用できて対応したWi-Fiルーターを無料でレンタルできます。

しかもこのWi-Fiルーターは高性能です。

 

 

こちらの表のBUFFALO製とNEC製のWi-FiルーターはGMOとくとくBBで無料でレンタルできるものです。

I-O DATAのWi-FiルーターはSo-netから申し込むことでレンタルできるものです。

 

このように申し込む代理店によってレンタルできるWi-Fiルーターが異なります

 

この表からわかるように最大速度がGMOとくとくBBから無料でレンタルできるWi-Fiルーターが速いですね。

これはホームゲートウェイのWi-Fiよりも速いです。

 

ドコモ光×GMOとくとくBBについて詳しく書いた記事がありますので合わせて参照してみてください。

 

速いドコモ光のGMOとくとくBBの評判と測定してみた違いを解説!

  ドコモ光って通信速度は1Gbps何ですよね? そうだね。 ドコモ光はフレッツ光の光コラボで、同じ回線を使っているから、通信速度はフレッツ光と同じ1Gbpsだよ。 じゃあどこで申し込んでも ...

続きを見る

 

▼▼公式ページで詳しく確認する▼▼

>>速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

まとめ

 

ドコモ光のホームゲートウェイはひかり電話を利用する時に利用するものです。

光回線を利用する時にはONUが必要で、ホームゲートウェイにはその機能が備わっていることが多いです。

これは購入するものではなくレンタルするもので無料です。

 

-ドコモ光
-,

© 2021 ネットヒカリ