インターネット回線を自宅で利用するのに、最もおすすめなのが光回線です。

そうは言っても、他の回線とどう違うのか、そもそも光回線とはなんなのか分からないという方も少なくありません。

自宅でインターネットを利用するには自分にあった回線で行うのが一番なので、今回は光回線とはなんなのか、他の回線と比較してどうなのかについて解説します。

 

光回線とは

 

光回線は名前の通り光信号を利用したインターネット回線です。

この光信号は光ファイバーケーブルから送られて通信してくるもので、光ファイバーケーブルは電柱に通っています。

これを自宅に入れる工事をすることで、光信号が自宅に来ます。

 

そしてこの光信号をインターネットの信号に変換してくれるONUに接続することで光回線のインターネットが利用できるようになります。

ONUは光回線のインターネットサービスを契約すれば自動的にレンタルすることになるので購入する必要がありません、と言いますかできません。

ONUからパソコン、またはWi-Fiルーターに繋ぐことでスマートフォンやその他の端末で光回線のインターネットが利用できるようになります。

 

光回線の通信速度は主にベストエフォート型で1Gbpdです。

実測値では1Gbpsは出ず、この10分の1〜100分の1程度の速度になりますが、これは他のどの回線よりも速く、利用量に制限がなく使い放題です。

そのため、光回線でのインターネットが最もおすすめというわけです。

 

光回線の種類

 

光回線と言ってもいくつか種類がありますので解説します。

 

フレッツ光・光コラボ

フレッツ光はNTTグループの光回線で、光コラボはこのフレッツ光の光回線を様々な業者が卸売をしてプロバイダーとセットで提供しているものです。

ユーザー数は光回線の中で最も多いです。

スマートフォンとセットにすると割引になるところもあります。

 

auひかり

auひかりはKDDIグループの光回線です。

エリアは全国的に広いですがユーザー数はフレッツ光ほど多くないので、混雑の影響を受にくく安定しています

スマートフォンがauならセットにするとauスマートバリューで割引になります。

 

NURO光

NURO光は下り最大2Gbpsの超高速インターネット回線です。
もちろんベストエフォート型の速度ですが、フレッツ光やauひかりより速いです

ただし、サービス提供エリアが関東・関西・東海のみなので他の地方では利用することができません。

 

電力系光回線

eo光やメガエッグ光など地方に電力系の光回線です。

使用している電気が同じなら割引を受けられるサービスがあります

中にはauのスマートフォンとセットで割引になる光回線もあります。

 

光回線の通信方式

光回線の通信方式はIpv4と呼ばれる通信方式がほとんどです。

利用者が多い通信方式なので、利用者が多くなると通信速度が遅くなってしまうことがあります

特にフレッツ光・光コラボは利用者が多いのでこのような現象が起こります。

 

しかし、光コラボでは通信方式v6プラスを採用するところが増えました

v6プラスは簡単に説明しますと、インターネットの速度が速い快適なインターネット通信です

 

Ipv4の通信方式を高速道路に例えますね。

高速道路は合流地点や料金所付近では利用者が多い時間帯では混雑してして、徐行運転になりますよね?

これと同じ現象がインターネット上で起こっていることになります。

 

通信方式v6プラスはこのような混雑するポイントを通らないので快適なインターネット通信ができるということになります。

 

 

ネットうネットう

光回線で速度にこだわるなら、NURO光を第一として、auひかり、v6プラスの光コラボを選ぶといいよ。

特にマンションの場合はv6プラスの光コラボが最速になることが多いよ。

 

 

他のインターネット回線

 

光回線以外のインターネット回線について解説します。

 

ADSL

ADSL元祖ブロードバンドと呼ばれるもので、サービス開始当時は電話回線(アナログ回線)が主流で利用時間が料金になっていた中、使い放題になってしかも速度が速いことで爆発的な人気が出ました。

現在はそれよりも速い光回線が主流になっていて、サービス終了も決定していますので、新規で契約するメリットはないですね。

料金も安いかと聞かれたら3400円〜4200円なのでそうでもありません。

 

モバイルルーター

ポケットWi-FiやWiMAXなどのモバイルルーターがあります。これはポケットに入るサイズの小型Wi-Fiルーターを持ち歩いてモバイル回線を利用するものです。

メリットは自宅でも外でも利用することができることですが、デメリットは通信速度が光回線より遅いことと、利用には制限があることです。

スマートフォンのように1ヶ月に利用できるデータ容量のものが主ですが、WiMAXは使い放題です。その代わり利用できるエリアが狭いという欠点はあります。

WiMAXは使い放題と言っても直近3日間で使いすぎたら通信速度に制限がかかってしまうので、完全な使い放題とは呼べないです。

 

ホームルーター系

ソフトバンクエアーやWiMAXの一部の端末で自宅のコンセントに繋ぐだけでインターネットに接続できるものです。

光回線より通信速度は劣り、3日間での使いすぎで速度が制限されるというデメリットはありますが、工事が不要なので引越しに楽というメリットがあります。

普段あまりインターネットを利用しないという方や引越しをする予定がある人などはこちらの方がおすすめになります。

 

ケーブルテレビ系回線

ケーブルてテレビ系のインターねと回線は、映像配信に使う回線をネットに応用するものなので、通信速度や品質に期待はできません。

なので、インターネットを主に楽しみたいという方は不向きになります。

 

まとめ

光回線について簡単に解説しました。

他にも回線がこれだけありますが、やはり「使い放題」なところと「通信速度が速い」ことを理由に光回線がおすすめです。

お住いの地域の環境や個人の事情や使い方によってはモバイルルータやホームルータータイプもおすすめになりますので、自分にあったインターネット回線を利用することが一番です。

光回線にも様々な種類があります。

このサイトでは様々な状況からのおすすめ光回線をランキング形式で小開始合わせて参照してみてはいかがでしょうか。