提供エリア

ドコモ光のサービス提供エリアについて【コンパクトにまとめてみた】

更新日:

 

お使いのスマートフォンがdocomoの方はインターネットの光か支援をドコモ光にしようと思う方が多いです。

しかしいざ利用したくても、住んでいる場所で利用できるかわからないですよね?

今回はドコモ光のサービス提供エリアとその確認方法について解説します。

 

光回線にはエリアがある

 

インターネットの光回線は、電柱に光ファイバーを通して日本全国に広がっています。

光回線によっては、その光ファイバーが地域のみで、使用できないものもあります。

たとえばNURO光は関東・関西・東海地方のみで、コミュファ光は東海地方のみというものです。
一部の光回線が利用できないのならまだいいのですが、光回線を全く利用できないという場合もあります。

それは人里離れた山奥など、電気やガス、水道が通っていないようなところです。

光ファイバーが通っていないとことでは絶対に光回線を利用することができません。

つまり、ドコモ光を利用するのならドコモ光の回線が自宅近くまで通っている必要があります。

 

ドコモ光のエリアはフレッツ光と同じ

ドコモ光はフレッツ光の光コラボです。

光コラボとは、フレッツ光が光回線を書く通信業者に卸売している者で、プロバイダーの料金とセットになった光回線のことです。

なので光コラボはフレッツ光と同じ、つまりはドコモ光はフレッツ光と同じサービス提供エリアということになります

 

ドコモ光のエリア確認方法

 

ドコモ光はフレッツ光と同じサービス提供エリアなので、NTTフレッツ光のWebページから確認します。

フレッツ光には東日本エリアと西日本エリアに別れていますので、まずはお住いの地域がどちらのエリアであるか確認しましょう。

 

フレッツ光東日本エリア

北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・東京・埼玉・千葉・神奈川・山梨・新潟・長野

以上の地域ではNTT東日本のフレッツ光公式ページで確認できます。

 

フレッツ光西日本エリア

富山・石川・福井・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

以上の地域ではNTT西日本のフレッツ光公式ページで確認できます。

 

エリア内でも利用できない場合がある

 

ドコモ光に限らず光回線はエリア内に住んでいても利用できない場合があります。

たとえばマンションなどの集合住宅の場合は、マンションまでフレッツ光の光回線が通っていればどの部屋でもフレッツ光の回線、ドコモ光などの光コラボを利用できるのですが、マンションが独自の光回線を引いていたり、フレッツ光とは違う回線、auひかりなどのKDDIの回線を引いている場合は利用できません

 

なので、フレッツ光のWebページから利用できるかどうかしっかりと確認いておきましょう

また、新居の場合は住所を正確に把握しきれない部分があり、何かしらの理由で光回線を引き入れることができない場合があります。

これは工事をするときまで、やってみなければわからないということもあるでしょう。

 

ドコモ光についてもっと知っておこう

 

ドコモ光が利用できることが確認できたら、ドコモ光がどのような光回線か知っておきましょう。

後悔しないために知った上で納得したらドコモ光に申し込むことがベストです。

 

ドコモ光の料金

 

ドコモ光は戸建てタイプと集合住宅向けのマンションタイプがあります。

さらにプロバイダによってタイプAとタイプBに分かれます。

 

料金が高いタイプBの方がいいプロバイダというような理由ではなく、単純にドコモ光とプロバイダの関係でしょう。

特別な理由がなければタイプAを選ぶといいでしょう。

 

スマホセットで割引になる

ドコモ光は、スマートフォンがdocomoならセットで割引になる光回線です。

逆を言ってしまえば、スマホがdocomoでないのなら選択順位としては下がります。

 

docomoのスマホとセットで割引になるが「セット割」で、これはスマホの料金プランで異なります。

また、ドコモ光はdocomoのスマホを長期間利用している人は、「ずっとドコモ割」が適応されます。

 

ずっとドコモ割はドコモのdポイントクラブのステージで異なります。

画像引用:ドコモ光

 

下から1st、2nd、3rd、4th、Pt(プラチナ)に分けられます。

ずっとドコモ割はこのステージによって異なり、料金の割引か、dポイントの付与で選べます。

 

ドコモ光の「セット割」と「ずっとドコモ割」による割引はこちらです。

 

家族向け(割引)

 

家族向け(dポイント)

 

個人向け(割引)

 

個人向け(ポイント)


このようにdポイントでもらった方が額は大きいですが、dポイントを普段使わないという方は割引にするといいでしょう。

[char no="3" char="ピヨ丸(驚く)"]1stだと割引もdポイントもないですね。[/char]

[char no="1" char="ネットう"]ずっとドコモ割は長年ドコモを利用している人への感謝みたいなものだからね。[/char]

 

おすすめはGMOとくとくBB

 

ドコモ光のおすすめはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは通信方式にv6プラスを採用しているので同じドコモ光でも通信速度が速いです。

 

v6プラスとは、簡単に言ってしまうと快適な速度でインターネットをできる通信です。

 

また、GMOとくとくBBでは、このv6プラスに対応した高速Wi-Fiルーターを無料でレンタルできます。

これは普通に購入すると1万円以上の価格で、高性能なものなので大変お得になります。

 

他にもv6プラスの通信のドコモ光を提供しているプロバイダはありますが、料金は同じ、キャッシュバックも同じなので、Wi-Fiルーターが高性能なものをレンタルできる所の方が断然お得になります。

 

よって、ドコモ光にするならGMOとくとくBBがナンバー1というわけです。

 

詳しくはこちらを参照してください。

[blogcard url="http://www.net-hikari.net/?p=1067"]

 

まとめ

ドコモ光のサービス提供エリアはフレッツ光と同じなので、確認方法もフレッツ光と同じです。

東日本なのか西日本なのか確認し、Webページから確認しましょう。

また、最後になりますがドコモ光のサービス提供エリアだからといってそのままドコモショップで契約するのではなく、Web上で契約すればキャッシュバックなどお得なキャンペーンで利用できるようになりますのでおすすめです。

-提供エリア
-,

Copyright© インターネット回線のおすすめ情報|ネットヒカリ , 2019 All Rights Reserved.