提供エリア

ソフトバンク光のサービス提供エリアについて【コンパクトにまとめてみた】

更新日:

 

ソフトバンク光を利用したい時、住んでいるところが利用できるかどうか気になりますよね?

光回線を利用したい人の中には料金が安いソフトバンク光を利用したい人は増えています。

また、お使いのスマートフォンがソフトバンクの場合はスマホとセットにすることで「おうち割」が適応されて、月々の料金が安くなります。

 

そのため、ソフトバンクのスマートフォンの場合は利用したほうがいいと思っている方も多いでしょう。

今回は現在住んでいるところがソフトバンク光のサービス提供エリアなのか確認する方法を解説します。

[char no="4" char="ピヨ丸(嬉しい)"]スマホがSoftBankの場合はソフトバンク光がオススメだよ![/char]

[char no="1" char="ネットう"]お住いの地域が利用できるのか確認してみよう![/char]

 

光回線には提供エリアがある

 

ソフトバンク光などの光回線は光ファイバーと呼ばれる回線を通じて利用できます。

この光ファイバーは電柱を使って日本全国に通っています

つまり、光回線は電気やガス、水道と同じで、電気や水道がとっていない山奥などは利用できません。

ソフトバンク光を利用するのには、まずはこの光ファイバーが自宅近くまで来ているか調査する必要があります。

 

ソフトバンク光のサービス提供エリアはフレッツ光と同じ

ソフトバンク光はフレッツ光の光コラボなので、速度や品質はフレッツ光とほぼ変わりません。

光コラボとはフレッツ光の光回線を各通信業者に卸売しているものです。

そのため、サービス提供エリアもフレッツ光と同じになり、その確認方法もフレッツ光と同じです。

つまり、ソフトバンク光のサービス提供エリアを調べるには「NTTのホームページ」を利用します。

 

[char no="4" char="ピヨ丸(嬉しい)"]フレッツ光のサービス提供エリアならソフトバンク光が利用できるんだね![/char]

[char no="1" char="ネットう"]フレッツ光のWebページで確認できるよ。[/char]

 

サービス提供エリアの確認方法

 

ソフトバンク光のサービス提供エリアかどうか確認するのに、フレッツ光のWebページにアクセスします。

フレッツ光のサービス提供エリアは「東日本」と「西日本」と別れているので、まずはお住いの地域がどちらかを確認しましょう。

 

フレッツ光東日本エリア

北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・東京・埼玉・千葉・神奈川・山梨・新潟・長野

以上のエリアではNTT東日本のフレッツ光公式ページで確認できます。

 

フレッツ光西日本エリア

富山・石川・福井・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

以上のエリアではNTT西日本のフレッツ光公式ページで確認できます。

[char no="3" char="ピヨ丸(驚く)"]全部の都道府県で利用できるね![/char]

[char no="1" char="ネットう"]だからっと言って、絶対に利用できるわけじゃないからちゃんとWebページで確認しよう![/char]

 

エリア内でも利用できないことがある?

 

フレッツ光のサービス提供エリア内に住んでいても、実際にソフトバンク光を利用できるかどうかは、やってみなければわからないという事も少なくありません。

 

ソフトバンク光を利用するのには自宅まで光回線を引き込まないといけないので、何かしらの事情で引き入れられない場合はインターネットの接続が不可になってしまいます。

 

回線工事をする業者が実際に自宅までこないとわからない部分もありますので、工事が特殊な行程を使用する際に、最悪の場合は利用できないこともあります。

これは新居のようにNTTが正確に住所を把握していない場合に起こる可能性があります。

 

また、マンションの場合はマンションまでフレッツ光の回線が届いている場合はソフトバンク光を利用できますが、他の回線、例えばauひかりのKDDIの回線が通っている場合はソフトバンク光のサービス提供エリア内でも利用できないことがあります。

これはホームページで確認できますので、エリア内の都道府県に住んでるからと言って安心せず、しっかりと確認しておきましょう。

 

 

エリア外の場合はどうすればいいか?

残念ながらソフトバンク光がエリア外という場合は、フレッツ光のサービス提供エリアではないということで、フレッツ光もその他の光コラボも利用することができません。

その場合は他の光回線になりますが、候補となるのはauひかりか地方電力系の光回線になります。

 

しかし、日本全国にエリアを構えるフレッツ光のサービス提供エリア外となると、光ファイバーケーブルを自宅に入れることが困難になると思います。

そこで試して欲しいのがソフトバンクエアーです。

 

ソフトバンクエアーはコンセントにさすだけで利用できるホームルータータイプの家庭用のインターネットサービスです。

スマートフォン端末のように電波を受診してWi-Fiを飛ばしてパソコンやスマートフォン端末をインターネットに接続する方法です。

 

こちらならサービス提供エリア内かもしれないので検討してみてはいかがでしょうか。

 

[blogcard url="http://www.net-hikari.net/?p=918"]

 

エリア内なら通信方式v6プラスを利用しよう

 

ご自宅がソフトバンク光のサービス提供エリアだということが確認できたらソフトバンクに申し込みですね。

ソフトバンクの代理店は様々なところがあります。

 

中にはキャッシュバックが多いところもあります。

高額なキャッシュバックを勧めているところは、手続きがめんどくさかったり、もらえるまで半年後までかかったり、必要のないオプションを組まされることがあります。

 

ほとんどの代理店では少なからずキャッシュバックは行ってますので、おまけ程度に思っている方が無難です。

それよりも優先して欲しいのが、通信方式にv6プラスを採用しているかどうかです

[char no="6" char="ピヨ丸(疑問)"]ぶいろくぷらす?それってなんですか?[/char]

[char no="1" char="ネットう"]簡単に言うと、速い通信でインターネットが行えることだよ。[/char]

通信方式v6プラスは、簡単に解説すると快適にインターネット通信が行える方法です。

ソフトバンク光の通信速度は下り最大1Gbpsですが、この通信速度はベストエフォート型です。

[char no="6" char="ピヨ丸(疑問)"]ベストエフォート型ってどういうこと?[/char]

[char no="1" char="ネットう"]理論値みたいなものだよ。実際にはここまで出ないけど、なるべくはこれに近づけるように頑張るよってことだね。[/char]

ベストエフォート型の通信速度は実際にはこの1Gbpsの速度が出なく、実測値はこの10分の1〜100分の1程度です。

この実測値をあげれるのがv6プラスです。

[char no="6" char="ピヨ丸(疑問)"]なんでv6プラスにすると速くなるの?[/char]

[char no="1" char="ネットう"]利用者が少ないことが一つの理由だね。[/char]

従来の通信方式であるIPv4は、利用者が多い回線です。

これを道路で例えると、光回線は高速道路になります。

高速道路は快適な速度を出せますが、合流地点や料金所付近では車が多くなって遅くなりますね。

光回線でもこれと同じことが起こります。

混雑する時間帯は、利用者が多くなるので通信速度が遅くなります。

 

v6プラスはこの混雑するポイントを通らず、利用者も少ないので快適なインターネットを楽しめるということになります。

 

[blogcard url="http://www.net-hikari.net/?p=1038"]

 

まとめ

ソフトバンク光のサービス提供エリアはフレッツ光と同じなので、NTTフレッツ光のホームページから確認しましょう。

ソフトバンク光を申し込む時はSoftBankの窓口からではなく、キャッシュバックなどのキャンペーンがあるWebからの申し込みをお勧めします。

その際にオススメなのが、通信方式v6プラスを採用しているところです。

 

速度にこだわらないという方はそれ以外のサービスを重視すると良いでしょう。

こちらにオススメがありますので参照してみてはいかがでしょうか。

 

[blogcard url="http://www.net-hikari.net/?p=1148"]

-提供エリア
-,

Copyright© インターネット回線のおすすめ情報|ネットヒカリ , 2019 All Rights Reserved.