各種ランキング

北陸・甲信越地方おすすめ光回線ランキング【厳選しわかりやすく記載】

更新日:

 

北陸・甲信越地方で光回線をお探しですか?
新生活の始まりやマイホームの購入、いい物件を見つけて引越しをするという方もいるでしょう。

 

今回は北陸・甲信越地方でのおすすめ光回線をランキング形式でご紹介します。

(新潟、山梨、長野、石川、富山、福井地方のランキングになります

 

光回線を選ぶ基準

 

北陸・甲信越地方で光回線を選ぶ基準は速度の安定さです。
光回線の速度の通常は1Gbpsにして、それ以下の速度にはしないほうがいいです。

当たり前なのですが、速度が遅いとダウンロードの時間は遅くなりますし、高画質動画も見にくいです。

特にマンション住まいの人は戸建てよりも速度が落ちるため尚更です。

そのため、インターネット回線は光回線の他にもケーブルテレビやADSLもありますが、これは速度が遅いので除外します。

 

パソコンでダウンロードなんてそんなにしないという人もいるかもしれませんが、プレイステーション4やスマートフォンのアプリでもダウンロードすることがありしかも大容量なので速度が遅いと時間の無駄になってしまいます

 

また北陸・甲信越地方には地域密着型の電力系の光回線はないので、大手の中から選ぶ形になります。

(新潟県、山梨県、長野県、石川県、富山、福井県が対象になります。)

 

北陸・甲信越の光回線の提供エリアについて

北陸・甲信越地区では光回線が比較的多く流通されています。

光コラボ系の会社が多い傾向にあります。
ただ主力回線の会社も多いので選択肢に困ることもないです。

北陸・甲信越の光回線一覧

・auひかり
・ドコモ光
・ソフトバンク光
・DTI光
・DMM光
・ismart光
・Marubeni光
・U-NEXT光
・OCN光
・ビッグローブ光
・IIJmio
・So-net光
・エキサイト光
・ぷらら光
・@nifty光
・フレッツ光

などの主力回線は全てエリア内です。

北陸地方の人は家族で1軒家の人が多い地域と言われているけど、戸建て用の光回線も豊富だから助かるね。
ピヨ丸(スマホ)

おすすめ光回線ランキング

 

北陸・甲信越地方のおすすめ光回線をランキング形式でご紹介します。

 

1位 auひかり

 

auひかりは戸建てでは最もおすすめな光回線です。

戸建ての場合は使い続ければ毎月の料金が下がるので、マイホームの購入などで長期間住み続けることが決まっていれば第一選択と言っていいでしょう。

NTTのフレッツ光とは違う回線ですので、フレッツ光の混雑の影響を受けることがありません。

auひかりはキャンペーンも豊富で、キャッシュバックの金額も大きく、工事費も実質無料になります。

 

 

お住いの建物がマンションの場合ではauひかりが利用できない場合があります

利用可能でも配線方式がVDSLでしたら速度は遅くなります。

マンションの配線方式はどうしようもないことなので、引越しの前に確認したほうがいいです

 

VDSLはどの光回線にしても100Mbpsの壁があるから仕方ないんだよね・・・
ピヨ丸(落ち込み)
ネットぅ
マンションの配線方式は個人ではどうすることもできないよ。

 

auひかりはお使いのスマートフォンがauならauスマートバリューにより毎月の料金がお得になります。

 

ネットぅ
KDDI回線だから夜も通信が安定しているし、早いのが魅力だね! 後は1軒家の多い地域と言われている北陸、甲信越にとってはauひかりは使っている年数に応じてある程度安くなっていくのも嬉しい利点

 

 

2位 ソフトバンク光

ソフトバンク光はフレッツ光の光コラボで、携帯電話のキャリアであるソフトバンクが提供する光回線です。
光コラボなのでフレッツ光と同じ回線になります。

ソフトバンク光は戸建てでもお勧めできる光回線ですが、マンションタイプでお勧めできる光回線です。

その理由はソフトバンク光は速度が安定していると評判だからです。

 

 

速度が安定しているというのは、利用者が多く混雑する時間程でも速度がそんなに低下しないことです。

ソフトバンク光はお使いのスマートフォンがソフトバンクなら「おうち割」が適応されて毎月の料金がお得になります。

 

 

3位 ドコモ光

ドコモ光はフレッツ光の光コラボで、お使いのスマートフォンがドコモなら第一選択として考えてもいです。

2位のソフトバンク光との差はそんなにないです。

 

 

スマートフォンの支払いと同じにするとセット割になり、ドコモを長年使用し続けているのなら「ずっとドコモ割」により料金がお得になります。

 

 

4位 So-net光

So-net光はプロバイダ系の光コラボでおすすめな光回線です。

こちらもソフトバンク光やドコモ光と同様にフレッツ光の光コラボなので配線はフレッツ光のものになります。

 

So-net光はauスマートバリューも適応されるので、お使いのスマートフォンがauなら毎月の料金がお得になります。

なので、auユーザーでマンションにお住いの方はこちらがおすすめです。

 

5位 フレッツ光

フレッツ光は最もユーザー数の多い光回線で安定しています。
しかし光コラボとは違い、プロバイダが別料金なので、自分で選ぶ形になります。

おすすめはSo-netかBIGLOBEです。

 

番外編

光回線がどうしても遅い場合や、2年以内に引越しをする予定がある人は光回線よりはWiMAXやソフトバンクエアーのWi-Fiホームルータータイプの方がお得になる場合があります。

それは工事費の問題です。

引っ越した後も同じ光回線を使うとしても、新しい住居での工事のは再び工事費掛かります。
速度は光回線より劣りますが、料金面では総合的にお得になるので検討して見てはいかがでしょうか。

 

 

光回線はauひかり以下の場合は、お使いのスマートフォンとセットにして割引になる光回線というのがおすすめです。

その理由は、ソフトバンク光もドコモ光もSo-net光も、全て同じフレッツ光の光コラボなので、あまり差はないです。

もちろん、同じ光コラボでも名前があまり知られていないようなところではプロバイダがあまりよくないことが理由で通信速度が遅くなります。

 

光回線にして同じような料金を支払うのなら、通信速度が遅くて繋がりにくいのはナンセンスですからね。

 

光コラボで選ぶならv6プラスを選ぶ

光コラボの通信方式はIPv4のところがほとんどです。

これは利用者が多い通信方式の回線です。

 

v6プラスというのは、利用者がまだ少ないことと、光回線の混雑するポイントを通らない通信方式の回線なので、通信速度が速い光コラボになります。

つまりv6プラスは快適な通信を行える速い光回線ということになります

 

これを高速道路で例えると、高速道路では合流地点や料金所付近では車が集まるので混雑しますよね。

ずっとではなく、利用者が多い時間帯にこのように渋滞するものです。

 

 

光回線もこれと同じで、利用者が多い時間帯はこの混雑するポイントをみんな通るので、全体的に通信速度が遅くなってしまいます。

v6プラスはこの混雑するポンとを通らないので、ずっと快適にインターネット通信を行うことができます。

 

北陸・甲信越地方では世界最速のNURO光を利用することもできないので、光コラボを利用する場合はこのv6プラスを採用してる光コラボを選ぶといいでしょう。

 

これは特定の光コラボで対応しているものではなく、例えばドコモ光ではGMOとくとくBBのドコモ光ならv6プラスに対応しているように、あるものとないものがあります。

 

v6プラスってどういう事?通信速度が速くなるの?VDSLでもいい?

  インターネット回線を申し込む時に度々見かける「v6プラス」というものがありますが、これは一体なんの事だろうともう人は少なくありません。 ただなんとなくわかることはv6プラスは通信速度が速 ...

続きを見る

 

まとめ

北陸・甲信越地方でおすすめな光回線は戸建てにお住いならauひかりで、マンションのような集合住宅にお住いの場合はフレッツ光の光コラボ系で、お使いのスマートフォンにより割引が適応されるところがいいでしょう。

-各種ランキング

Copyright© 光回線を比較してランキング|ピヨ丸とネットぅ , 2019 All Rights Reserved.