豆知識

auひかりマンションタイプが遅いと言われる理由って?【わかりやすく解説】

更新日:

 

戸建て向けのホームタイプでは大好評なauひかりですが、マンションタイプでは遅いと言われています。

下り最大2Gbpsの超光速通信のNURO光より遅いのは当然ですが、フレッツ光の光コラボであるソフトバンク光の方が速いという口コミを多く見ます。

ではなぜ遅いのかその理由について解説します。

 

auひかりの通信速度

 

auひかりの通信速度は下り最大1Gbpsです。

この速度は理論値であり実測値は違います。

 

その理由は回線事業者から自宅に届くまで基地局を通して届くのですが、電柱などの境目で信号が損失されます。その結果、理論値の速度より10分の1や100分の1にまで下がってしまいます。
これはauひかりに関わらず、超高速通信のNURO光やフレッツ光も同じで、どうしようもありません。

 

なぜauひかりのマンションタイプは遅いと言われているのか

下記はとあるツイッターの投稿でauひかりのマンションタイプで契約した人のつぶやきが載っています。

 

 

auひかりのマンションタイプが遅い理由はVDSLタイプのサービス利用者が多いからです。

VDSLタイプとはマンション自体の光回線の配線の仕組みで、他に光ファイバータイプやLANタイプがあります。

 

光ファイバータイプは戸建てとほぼ同じ恩恵で光回線の速度を受けれます。

LANタイプはあらかじめマンションで光回線が決まっている場合が多いです。

 

 

そしてVDSLタイプはマンションまでは光回線が届きますが、その後は各部屋までアナログになります。そしてその部屋までの距離や電波などの影響により速度がさらに遅くなってしまいます。

このためauひかりのマンションタイプは100Mbpsのプランしか契約できない場合があるため遅くなります。

 

auひかりのマンションタイプは1Gbpsもある

 

auひかりのマンションタイプにはVDSLタイプのものが多いですが、1Gbpsのマンションギガを契約できる場合があります。

それはお住いのマンションの配線が光ファイバー式になっている場合は可能です。
この場合は口コミのように遅いということはなく、ホームタイプと同じように速度が速くなります。

 

しかしながら建物に左右されてしまうため、確認が必要です。お住いのマンションがVDSL式の場合はどうしようもないので諦めるしかありません。

もしマンションに引っ越す前なら事前に確認した方がいいでしょう。

 

マンションでどうしても遅いと思ったら

auひかりのマンションタイプを契約して遅いと思ったら、セキュリティソフトをカスペルスキーなど軽いものを変えるとかルーターを変えるとか方法がありますが、それでも遅い場合は光回線を変更するしかありません。

 

VDSL方式ではもはやどうしようもない場合がありますのでその場合は無線タイプのWiMAXソフトバンクエアーに変えるというのも一つの手です。

 

まとめ

auひかりのマンションタイプが遅いというよりかは、根本的にマンションの配線方式により遅くなっているという場合があります。

その場合は光回線を変更しても変わらない場合があります。

 

引っ越す前の場合は事前に配線方式がどうなっているかを確認して見るのもいいでしょう。

しかしながらフレッツ光の方が速いという報告は多数あるため、そちらを検討してみてはいかがでしょうか?

 

>>auひかりサービス提供エリア

>>フレッツ光の提供エリア

-豆知識
-,

Copyright© インターネット回線のおすすめ情報|ネットヒカリ , 2019 All Rights Reserved.