提供エリア

auひかりサービス提供エリアは戸建てとマンションで違う?

更新日:

 

光回線をお探しの方でお使いのスマートフォンがauなら同じauの名前のついたauひかりを考える方が多いのではないでしょうか?

お使いのスマートフォンがauなら、auスマートバリューにより月々の料金がお得になります。

今回は戸建てとマンションの違いについて書きました。

 

auひかりは関東地方を中心に始まった光回線ですが今でそのサービス提供エリアは全国区になっています。

フレッツ光でしか選択できなかった地域でもauひかりを選べるようになり、まだまだユーザー数はフレッツ光には劣りますが速度の安定さやスマートフォンがauなら料金がお得になるなどサービスもよく、人気が高い光回線です。

 

auひかりのエリア

 

auひかりのサービス提供エリアは全国区ですが、絶対に契約できない地域がある時ことを頭に入れておいてください。

公式サイトの検索でチェックは可能ですが、まずはこのサイトで確認してください。

auひかりには戸建て向けの「ホームタイプ」と集合住宅向けの「マンションタイプ」の二種類があり、これによりサービス提供エリアが異なります

 

auひかりホームタイプのエリア

■北海道・東北地方
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県

■関東地方
東京都・茨城県・神奈川県・栃木県・千葉県・群馬県・埼玉県

■中部地方
山梨県・新潟県・長野県・富山県・石川県・福井県

■中国地方
鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県

■四国地方
香川県・愛媛県・徳島県・高知県

■九州地方
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県

 

auひかりマンションタイプのエリア

■北海道・東北地方
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県

■関東地方
東京都・茨城県・神奈川県・栃木県・千葉県・群馬県・埼玉県

■中部地方
山梨県・新潟県・長野県・富山県・石川県・福井県

■東海地方
静岡県・愛知県・岐阜県・三重県

■関西地方
大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・滋賀県・兵庫県

■中国地方
鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県

■四国地方
香川県・愛媛県・徳島県・高知県

■九州地方
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県

 

auひかりが絶対に契約できないエリア

ホームタイプ、マンションタイプともにサービス提供エリア対象外なのは沖縄県です。

沖縄県ではauひかり ちゅらというものがあります

 

またホームタイプでは関西地方の大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・滋賀県・兵庫県と東海地方の静岡県・愛知県・岐阜県・三重県での利用できません

こちたはauひかりと同じKDDIグループのeo光とコミュファ光と争うのを避けるためであります。

しかしなぜホームタイプがダメでマンションタイプならいいのかは謎です。

 

今後のエリア拡大は?

 

今後サービス提供エリアの拡大はないでしょう

ほとんどエリアに広がっていますし、サービス提供エリア外のところは同じ系列の光回線があります。

なのでサービス提供エリア外にお住いの方は絶対にauひかりは契約できないと思っていいでしょう

 

ちなみにコミュファ光は私もお勧めできる光回線で、お使いのスマートフォンがauならauスマートバリューの対象になっているのでお得になります。

auひかりの代わりに選んだとしても全く問題のない光回線です。

むしろキャッシュバックの金額から言ってもこちらの方がお得かもしれません。

 

ホームとマンションの料金体系の違い

auひかりはホームとマンションを比べると料金のプランが違います。

マンションは1種ですが、ホームは3種からになります。

 

ホームずっとギガ得プラン⇒ 3年契約 ⇒ 月額/5600円(ネット+電話/ホーム1ギガ/※例)

ギガ得プラン⇒ 2年契約 ⇒ 月額/5700円(ネット+電話/ホーム1ギガ/※例)

標準プラン⇒ 契約期間なし ⇒ 月額/6800円(ネット+電話/ホーム1ギガ/※例)

マンションお得プランA/標準プラン ⇒ 月額/4550円((ネット+電話/ホーム1ギガ/※例)

 

auひかりのプランの例を上記に記載しました。

申し込みの場合はプロバイダ代理店も料金やサービスオプションに重要なのでauひかりプロバイダランキングの記事もご参考になってみてください。

auひかりサービス提供エリア外にお勧めな光回線

 

auひかりがサービス提供エリア出ない場合に他のお勧めな光回線を紹介します。

 

関西地方と東海地方で戸建てならNURO光

関西地方と東海地方の戸建てタイプの場合はauひかりが絶対に利用できないので、他の光回線にするしかありません。

その場合は、NURO光がおすすめです!

 

NURO光は月額料金が4743円でauひかりより料金が安くなります。

auスマートバリューによる割引はないのですが、代わりにスマートフォンがソフトバンクの場合に適応される「おうち割」による割引があります

なのでauひかりを申し込むauユーザー向けではないように感じるかもしれませんがそれでもおすすめできる理由があるんです。

 

NURO光は通信速度が2Gbpsと超高速インターネット通信です。

世界最速とも言われているインターネットのNURO光はこの料金にはプロバイダーの料金とセキュリティソフトの料金、Wi-Fiルーターの料金が含まれているのでコスパ最強です。

 

プロバイダーはauひかりのように選ぶことはできず、So-netのみになります。

 

セキュリティソフトはカスペルスキーで、これをWindows、Mac、Androidで好きな端末に最大5台までインストールすることができます

カスペルスキーは動作が軽いセキュリティソフトと言われているので、通信速度に影響をあまり与えません。

 

NURO光に設置されるONUには高速Wi-Fiルーターの機能が備わっていますので、Wi-Fiルーターを別で用意する必要がありません。

 

これからの時代は4Kや8Kの動画が当たり前になってきます。

YouTubeでも4Kや8Kの動画を配信するようになりました。

 

このような高画質の動画を再生するには通信速度が物を言います。

 

高画質動画というものはそれだけ情報量、つまりはデータ量が多いということになります。

なので、高画質動画をダウンロードするということは大容量ファイルをダウンロードするといいうことになります。

通信速度が遅い回線ではダウンロードに時間がかかってしまいますが、通信速度が速いとダウンロードに時間はあまりかかりません

 

また、オンラインゲームをする人は通信速度が速い方がいいです。

通信速度が遅いとタイムラグが出たりするなどで不利になってしまうことがありますが、通信速度が速いとその心配が減ります。

 

最近ではauひかりでも10Gbpsの速度のサービスが始まりましたがNURO光でも10Gbpsの速度があります。

なのでauひかりを利用できない関西地方ではNURO光がおすすめになります。

 

東海地方ならコミュファ光という選択肢もある

コミュファ光は東海地方限定の光回線です。

auひかりと同じKDDI回線なので、競合を避けるためにauひかりが東海地方にないということですね。

 

auひかりと同じようにスマートフォンがauの場合はauスマートバリューで料金がお得になります

 

なので東海地方の方で、通信速度なんてどうでもいいから、とにかくauの割引を活かして安くしたいという場合にはコミュファ光がおすすめです。

 

NURO光と迷う方はこちらの記事をどうぞ。

[blogcard url="http://www.net-hikari.net/?p=704"]

 

マンションなら光コラボという選択

マンションではauひかりのサービス提供エリア内だとしても、auひかりを利用できない場合があります。

その場合に利用できるのがフレッツ光の回線だというパターンが多いでしょう。

 

フレッツ光の回線は光コラボも含まれます。

 

光コラボとは、フレッツ光が様々な通信業者に光回線を卸売をしているもので、料金がプロバイダーと一体型になっているサービスです。

 

この光コラボにはauスマートバリューによる割引ができるところがあるので、マンションでauひかりを利用できない場合はそちtらから選ぶといいでしょう。

 

auスマートバリューで割引になる光コラボ

 

・So-net光

・ビッグローブ光

・@nifty光

 

 

[char no="6" char="ピヨ丸(疑問)"]auひかりを利用したくても利用できないと、選択肢が多くて悩んじゃうな。[/char]

[char no="1" char="ネットう"]auひかりを利用できない人はNURO光にして、NURO光が利用できなかったら他の光回線にするという考えでいいよ。[/char]

 

まとめ

auひかりのサービス提供エリアは全国区ですが、絶対に契約できないところはあります。
その場合は仕方ないので違う光回線を選ぶしかないのですが、お使いのスマートフォンがauなら、コミュファひかりかSo-net光にすれば毎月の支払いがお得になるので検討してみてはいかがでしょうか?

-提供エリア
-,

Copyright© インターネット回線のおすすめ情報|ネットヒカリ , 2019 All Rights Reserved.