各種ランキング

ドコモユーザーにオススメな光回線ランキング【厳選TOP3】

更新日:

 

 

お使いのスマートフォンをNTT docomoで契約している方にオススメな光回線についてご紹介します

光コラボが主流になってから数多くなった光回線のなかで、docomoユーザーの場合、月々の料金がお得になる光回線があります。

 

ソフトバンクユーザーに「おうち割」があるように、auユーザーに「auスマートバリュー」があるようにドコモにもあるのです。

ではドコモユーザーオススメな光回線をランキング形式でお伝えします。

 

ドコモにおすすめな光回線とは?

 

スマホがドコモだとどの光回線がいいのかなぁ?
ピヨ丸(疑問)
ネットぅ
一番はスマホとセットで割引になるところだね。

 

ドコモ光におすすめな光回線は、スマートフォンとセットで割引になる光回線がおすすめです。

 

ドコモのスマートフォンの月額料金は、最近話題の格安SIMと比較すると高いですが、その分光回線とセットにすることで割引になる金額は多く、総合的な支払額は安く済ませることも可能です。

 

なので一番重視するべきポイントは、月額料金がセットで安くなるところです。

 

また、料金が安くなることにこだわりがないのなら、通信速度が速いところにした方がいいです。

同じような基本料金で、割引もなければ速度が普通など、全く意味がないですからね。

ポイント

・ドコモのスマホとセットで割引になる

・通信速度が速いところ

 

ドコモユーザーにオススメ光回線

 

スマートフォンをdocomoで利用している方におすすめなインターネット光回線をランキング形式でご紹介します。

 

ネットぅ
docomoユーザーは迷うことはあまりないよ。

 

1位:ドコモ光

使っているキャリアと同じ回線が一番お得になります。

戸建てでは月額5200円でマンションでは月額4000円ですが、ドコモのスマートフォンを持っているなら「セット割」で毎月最大3500円引きになります。

さらにドコモを長年ずっと愛用しているのならずっとドコモ割プラスでさらに最大2500円引きになります。

つまり長年利用していれば毎月最大で6000円引きです。

メモ

この割引額だとドコモ光の月額料金より多くなってしまうので現実味がなく感じるかもしれませんが、docomoのスマートフォンとドコモ光をセットになるので、料金が合算され安くなります

なので、インターネット光回線とdocomoのスマートフォンの料金の総額から割引されると言うことになります。

 

ここまでの料金はスマートフォンのプランがウルトラシェアパック100の方になりますが、一般的なベーシックパックでも毎月ドコモ光セット割800円+ずっとドコモ割800円で1600円引きになります。

 

ネットぅ
割引についての詳細は後で詳しく解説するね。

長期でドコモを利用している人は間違いなく一番お得な光回線です。

ドコモ光はフレッツ光の光コラボなので通信速度は1Gbpsです。

これはベストエフォート型といって、実測値は下がります。

 

その中でも通信方式v6プラスを採用しているドコモ光なら従来の通信方式を採用しているフレッツ光の光回線よりも通信速度は5倍〜300倍上がります

ドコモ光のメリット

・ドコモのスマートフォンを長く使用している人ほど割引がかなりお得
・ドコモポイントが結構貯まる
・プロバイダが20社もあり選べる
・家族で使用していれば更にお得
・速度と料金の総合コスパが1番!

ドコモユーザーにとってはお得なネット回線と特典も目白押しです。

 

ドコモ光のデメリット

・プロバイダを間違えるとあまり特にならない
・現金でのキャッシュバックがない
・回線速度が非常に速いものを求めている人はNG

ポイント

・ドコモのスマホセットで割引に

・通信方式v6プラスで速度が速くなる

・エリアは全国的に展開

 

ネットぅ
ドコモユーザーはドコモ光一択って言っても良いよ。

 


 

2位:NURO光

NURO光はドコモユーザーの特典はありませんが、ドコモ光をあえて選ばずに、料金よりも速度優先で考えるのでしたらNURO光です。

これは私が最もお勧めしている光回線です。

NURO光は通信速度が最大2Gbpsでドコモ光など他の光回線速度から単純計算で2倍ですね。

速度が速いとダウンロードも速くなるので時間短縮になりますし、通信速度のストレスがありません。

 

特にゲームをする人はソフトのダウンロードが大容量なので時間がかかりますが、NURO光ならより速くプレイできます。

アップデートの時ももちろん速いです。

 

またPlayStation4のような家庭用ゲーム機でなくてもスマートフォンのゲームも容量が多く、アプリのダウンロード以外にアプリを起動してからのさらにダウンロードがありますね。この速後ももちろん速いです。

 

ネットぅ
NURO光は通信速度が世界最速で、Wi-Fiルーターのレンタル代もセキュリティソフトの利用料金も無料だからコスパ最強のインターネット光回線だよ。

 

メリットだらけだね!

欠点はサービス提供エリアが狭いことだね。

ピヨ丸

NURO光の欠点はエリアの狭さです。

NURO光は関東地方、関西地方、東海地方でのみしか利用することができません。

対象の地域に住んでいなかったり、サービス提供エリア内でも8階建以上のマンションの場合は契約できないので注意してください。

NURO光のメリット

・速度が最速
・速いのに値段も安い
・キャッシュバックがそこそこ多い

NURO光のデメリット

・対応エリアが狭い
・プロバイダがso-netのみ

 

ポイント

・通信速度が世界最速・月額料金が安い

・Wi-Fiルーターのレンタルが無料

・セキュリティソフトが無料

3位:auひかり

auひかりはKDDIグループの光回線です。

また、こちらもドコモユーザーがお得になるサービスはありません

 

しかし、auひかりは私が総合的に2番目にお勧めな光回線なので今回は3位にしました。

総合的に考えて、ドコモスマホユーザーでなくても基本的なスペックが高くて光回線としてはトップクラスに優れています。

auひかりのメリット

・トップクラスに速度が速い
・対応エリアが広い
・キャッシュバックがそこそこ高い

auひかりのデメリット

・KDDIの手配もあるため工事期間がやや長い
・契約期間が3年で長い
・提供エリアがやや狭い

 

ポイント

・通信速度が安定して速い

・エリアが全国区(一部地域を覗く)

・関東の一部地域で10Gbpsの超高速通信

 

 

4位以下
フレッツ光や他の光コラボ

速度が変わらず、ドコモ光のような割引もないので、どれを選んでもそんなに変わらないと言えます。

 

TOP3の割引料金を比べてみる

戸建て
(月額料金)
マンション
(月額料金)
割引額
(セット割引)
ドコモ光 A:5200円 B:5400円 A:4000円 B:4200円 -300~-6000円
NURO光 4743円 4743円 割引なし
auひかり 5100円 3800円 割引なし

上記のようになります。

要するにドコモのスマホユーザーの割引適応の光回線は『ドコモ光』だけになります。

 

セット割引なので、大体基準としての目安では

・スマホ代:10000円

・光回線代:5000円

上記の月々に掛かる通信費は合計15000円ですね。

 

ですので、その合計から月々の料金が値引きされる計算になります。

そっかぁ…

通信費で考えるとスマホと光回線は合わせると大体15000円くらいは毎月掛かるし大きいよね

そう考えるとできれば割引が適応される光回線の方が嬉しい。

ピヨ丸(スマホ)

 

下記には更に詳しく説明があります

ドコモ光についてもっと詳しく

 

ネットぅ
1位をもっと詳しく解説するよ。
1位にはそれなりの理由があるんだね!
ピヨ丸(メモ)

 

ランキングで紹介した通り、スマートフォンがドコモの場合は、ドコモ光のみがスマホとセットで割引になる光回線です。

 

月額料金とスマホセットで割引になる金額

ドコモ光の月額料金はこちらです。

 

 

タイプAとBの違いは選べるプロバイダによって違います。

よほど大きな理由でもない限りタイプAを選ぶといいでしょう。

 

ドコモ光のスマホセットの割引は「セット割」があり、さらに長年ドコモを利用している方なら「ずっとドコモ割」で割引されます

ずっとドコモ割は利用している期間によってdポイントクラブのステージがあり、そのステージによって割引の額が異なります。

 

下から順番に、1st、2nd、3rd、4th、プラチナとなっています。

 

セット割の割引はドコモの利用しているプランで異なり、ずっとドコモ割は月額料金の割引か、dポイントの付与で選べます。

 

家族で分け合うプラン

 

 

個人で利用する場合のプラン

 

 

ポイントでもらった方が少し多いですね。
ピヨ丸(メモ)

 

これは「セット割」は必ず割引されて、「ずっとドコモ割」はdポイントクラブのステージが上がらないと割引が多くならないことになります。

 

具体的にどれくらい割引になるか例をあげると、

家族で分け合うプランの「ウルトラシェアパック30」を利用している場合でdポイントステージがプラチナ、ドコモ光の戸建てプランのタイプA場合はこうなります。

 

5200円-2500円-1200円=1500円

 

3700円も割引されてドコモ光をこの料金で利用できることになります。

 

個人で持つ場合ではマンションタイプのプランAウルトラデータLパックでdポイントクラブのステージがプラチナの場合はこうなります。

 

4000円-1400円-800円=1800円

 

 

2200円も割引されて利用することができます

 

ドコモのスマホセットでかなり割引されますね!
ピヨ丸
ネットぅ
長年ドコモを利用していれば利用するほどお得になるんだよ。

 

通信速度

ドコモ光の通信速度は下り最大1Gbpsなので、2位のNURO光よりは劣ります。

でも月額料金も、通信速度もこだわりたい

そんな欲張りなあなたにはおすすめのプロバイダがあります。

 

それはGMOとくとくBBです。

 

ドコモのプロバイダは数多いですが、GMOとくとくBBにすると通信方式がv6プラスを採用しているので、従来の光回線、他のドコモ光より速くなります。

 

流石にNURO光までの速さにはなりませんが、通信速度が遅くてイライラすると言うことはなくなります。

 

速いドコモ光のドコモ光×GMOとくとくBBについて解説!

  ドコモ光って通信速度は1Gbps何ですよね?ピヨ丸(疑問) ネットぅそうだね。 ドコモ光はフレッツ光の光コラボで、同じ回線を使っているから、通信速度はフレッツ光と同じ1Gbpsだよ。 じ ...

続きを見る

 

GMOとくとくBBならv6プラス対応の高速Wi-Fiルーターが無料でレンタルできるよ!
ピヨ丸

 

通信方式v6プラスについて

通信方式v6プラスは、従来の通信方式であるIPv4とは異なる通信方式です。

まだ利用者が少ないので快適なインターネットができます。

 

通信方式v6プラスについて高速道路で例えます。

 

イメージとしては、IPv4は利用者の多い道路で、IPv6(v6プラス)は利用者の少ない高路です。

インターネット回線の一般的な接続サービスであるIPv4(PPPoE)は、利用者が多いです。

IPv4の利用者が多くなったから新しく作ったのがv6プラスという感じです。

 

ネットぅ
IPv4は利用者が多いから利用者が増える時間帯では回線が混雑して通信速度が遅くなるよ。

 

高速道路は一般道路よりも速度を出して、目的地に速く到着することができる道路ですね。

しかし、この道路はいくら速いスピードを出せるといても、利用者が増えると速度が出しにくくなります

 

特に、合流地点や料金所付近では混雑してしまいますね。

混雑すると速度が落ちて、徐行運転を余儀なくされてしまいます。

場合によっては止まってしまうこともあるでしょう。

 

これが一般的な接続サービスであるIPv4(PPPoE)です。

 

通信方式v6プラスは、混雑するポイントを通らないので目的地までより速く着くことができるようになります。

つまりは、インターネット回線が混雑しにくいので、速度が遅くなることが圧倒的に少なくなります。

 

利用者も少ないので快適な速度をだすことができます。

 

ネットぅ
通信方式v6にすれば快適にインターネットが快適にできるってことだよ!

 

まとめ

ドコモユーザーはドコモ光にすれば毎月お得になるのでお勧めです。

料金にこだわらなければNURO光やauひかりの方がお勧めなので、この3つから好きなものを選ぶのがベストです。

 

ネットぅ
基本的にdocomoのスマホユーザーでお得な特典がつくのは「ドコモ光」だけ

特にdocomoをずぅ~っと使っている人にはお得なプランが用意されています。

しかも値引き額もかなり多いので、やっぱりdocomoスマホユーザーであれば「ドコモ光が一番おススメ!」になる豆。

もちろん2,3位も光回線だけで考えれば、非常に魅力だけど、月額料金を考えるとやっぱりドコモ光だとぅ!

-各種ランキング

Copyright© 光回線を比較してランキング|ピヨ丸とネットぅ , 2019 All Rights Reserved.