ADSLが終焉に近づいて家庭のインターネットの主流になっているのが光回線によるインターネットです。

パソコンに使うのはもちろん、スマートフォンやプライステーションなどのゲームを使うのにも主流になっていますね。

特に動画をたくさん見たい人やゲームをしたい人は光回線にしないともったいないです。

 

即風土は速いですし、スマートフォンのモバイル通信のようなデータ料の上限はありませんので、バンバン使えます。

しかし気になるのはのそ料金ですよね?

 

インターネットを活用するのに光回線がいいのはわかったけど、料金が高いのなら我慢して説安したいと思うかもしれません。

そこで今回は光回線の料金の平均と、料金を下げる方法について解説します

 

光回線の料金の平均

 

光回線の料金は戸建てとマンションのような集合住宅で料金が違います。

まずはそこで比べると集合住宅の方が安いですね。

光回線を提供する会社はものすごく多いので比べるのは少し難しいですが、回線の料金とプロバイダーの料金を込みでの平均はこちらです。

 

戸建て:5300円
集合住宅:4200円

 

光回線を「契約をするときにこの料金を頭に入れておけば、そこが安いのか高いのか判断できます」ので、料金重視で考えている方は参考にしてください。

 

料金を下げるには

 

光回線の会社はそれぞれがあの手この手で顧客獲得のために争っています。

NURO光のように通信速度を速くしたり、単純に料金を下げるとかですね。

でも安くてもそれなりに安定しているのがいいと思いますので、料金を下げるにはいかに割引を利用できるかが鍵になります。
割引には色々な条件がありますが一番シンプルな方法をご紹介します。

 

それはスマートフォンの会社と同じにすることです。

これはシンプルかつ割引が一番大きいです。

 

▼各スマホユーザーのメーカー別光回線ランキング▼

 

例えばdocomoならドコモ光。SoftBankんらソフトバンク光などです。

スマートフォンと光回線の会社を同じにすれば料金の支払いも一つですみ、割引が適応されます。

 

最近では格安スマホが流行っているのでそちらを利用している人でも、格安スマホのMVNOが大元の会社で光通信のサービスを提供している場合があります。

例えばBIGLOBEモバイルならBIGLOBE光。OCN モバイル ONEならOCN光などです。

 

そのどれでもない場合は、さらにシンプルに料金が安い会社を選べばいいです。

 

現在日本で一番安い光回線の一つはDMM光です。
戸建てで4820円、集合住宅で3780円です。

もし格安スマホでDMMモバイルを持っているのならさらに500円引きになります。

 

キャッシュバックでお得に

 

光回線の会社は顧客獲得のために数万円のキャッシュバックをするところが多いです。

月々の料金を下げるものもありますのでそれもうまく活用すれば毎月の料金を安くできます。

あとはシンプルにキャッシュバックされたお金を光回線の料金に当てればしばらくは無料と同じですね。

 

これは乗り換えでも適応されますので、契約の縛りを抜けたらキャッシュバック狙いで乗り換えるのも一つの手です。

違約金を負担してくれるサービスもありますので活用して行きたいですね。

まとめ

 

光回線の料金を安くしたい場合はお使いのスマートフォンの会社と同じところにすれば割引が適応されますのでお得になります。

様々なキャッシュバックキャンペーンがありますので、それを利用してお得のする方法も一つの手ですよ。

これを機に光回線について見なおしてみたらいかがでしょうか。