SoftBankユーザーに使って欲しい光回線の一つがソフトバンク光です

 

ソフトバンク光はテレビCMや家電量販店でも宣伝され、スマートフォンキャリアのSoftBankからでも地名度が高いですね。

2015年からサービスをスタートしたソフトバンク光は、光コラボレーションとしては2番目のシェアを持っていて、契約者を伸ばしています。

そのソフトバンク光は、「月額料金が高くなった」とか、「料金が複雑でよくわからない」という声を少なからず耳にします。

 

そこで今回はソフトバンク光の料金は高いのか、得なのか、わかりやすく解説します。

 

▼Softbank光のキャンペーン情報▼

 

光コラボレーションとは

 

フレッツ光が他の通信業者に光回線を卸売りして、各通信業者がフレッツ光をプロバイダと一緒に提供しているサービスです。

今までは光回線と別にプロバイダを同時に契約しないといけなかったのですが、光コラボレーションはそれが統合されて一つになり、料金の支払いもわかりやすく1社のみになります

 

ソフトバンク光もこの光コラボレーションモデルの一つです。

 

ソフトバンク光の料金

ソフトバンク光の料金は光コラボレーションモデルなのでプロバイダ料金も含まれています。

ソフトバンクまとめて請求を申し込むとSoftBankの携帯電話と合算して支払うことも可能です。

その月額料金はこちらです。

 

戸建て:5200円
集合住宅:3800円

 

これが月額用金ですが、高いと感じた人はなぜでしょうか?

集合住宅の場合は3800円なので安く感じますよね?

おそらくその理由は初期費用です。

 

ソフトバンク光は事務手数として3000円かかります。

コラの請求が初月のソフトバンク光の月額料金に合算して請求されるので、それを見たときに「聞いていたのと違う」とか「料金が高くなった」という声があがったのでしょう。

 

SoftBankユーザーに超お得な「おうち割」

スマートフォンやタブレットがSoftBankの場合はソフトバンク光の料金が安くなるサービスがあります。

それは「お家割」というサービスで、1契約につき最大1000円引きになります。

この値引き対象はSoftBankのプランによって変わります。
※サイト上は割引と表記してますが日本語がおかしいので当サイトでは値引きと表記ています。

 

データ定額サービス

データ定額ミニ:1GB/2GB540円(税込)
データ定額5GB:1,080円(税込)
データ定額20GB:1,080円(税込)
データ定額30GB:1,080円(税込)
データ定額50GB:1,080円(税込)
3Gスマホ:540円(税込)
3Gケータイ:540円(税込)
シンプルスマホ:540円(税込)

 

パケット定額サービス

パケットし放題フラット:1,080円(税込)
Wi-Fiバリュープラン専用パケット定額:1,080円(税込)
パケットし放題フラットfor スマートフォン;1,080円(税込)
パケットし放題MAXfor スマートフォン:1,080円(税込)
パケットし放題フラットfor 4G:1,080円(税込)
パケットし放題フラットfor 4G LTE:1,080円(税込)
パケットし放題フラットfor シンプルスマホ:540円(税込)
ベーシックデータ定額プランfor 4G LTE(iPad専用):540円(税込)
ベーシックデータ定額プランfor 4G(タブレット専用):540円(税込)
4G/LTEデータし放題フラット:1,080円(税込)
4G/LTEデータし放題フラットN:1,080円(税込)
4Gデータし放題フラット+:1,080円(税込)
4Gデータし放題フラット+N:1,080円(税込)

 

1契約で10回線まで適用されるので、家族がSoftBankユーザーならかなりお得です。

このお家割には適用条件があります。

それはオプションパックの加入です。

・光BBユニット:467円(税別)
・Wi-Fiマルチパック:990円(税別)
・ホワイト光電話:467円(税別)

これのどれか一つに加入する必要があります。

 

まとめ

ソフトバンク光の料金が高という声は、初月の請求が初期費用の事務手数料との合算での請求のために出た声でした。

光コラボレーションモデルなのでプロバイダ料込みで支払いが一社のみでわかりやすいです。

 

スマートフォンやタブレットをSoftBankで契約していれば「お家割」が適用されてお得になるので、SoftBankユーザーは光回線の候補の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

 

▼ソフトバンク光の詳細情報はコチラ▼

>>【SoftBank 光】