比較

DTI withドコモ光の速度は遅いのか?料金やWi-Fiルーターで比較

更新日:

 

ドコモ光はフレッツ光の光コラボで、携帯電話のキャリアであるNTTドコモが提供する光回線サービスです。

今回紹介するDTIもドコモ光を提供しています。

そのため、docomoのスマートフォンを利用している方はスマホとセットにすることで「セット割」が適応されてお得になります。

 

また、長年ずっとdocomoを利用している方なら「ずっとドコモ割」も適応されて月々の料金がさらに割引になるか、dポイントが付与されます。

 

ドコモ光は回線の料金とプロバイダがセットになっており、複数のプロバイダから選ぶことができます。

その中の一つがDTIです。

今回はDTIが提供するドコモ光である、「DTI withドコモ光」について解説します。

 

\ ドコモ光のDTIプロバイダ情報の公式へ /

詳しくはコチラ

DTIwithドコモ光の主な特徴

 

ドコモ光のDTIは主な特徴として上記の3つのサービスが中心です。

step
1
dポイント20000or15000円バック

step
2
wi-fiルーターずっと無料レンタル

step
3
IPv6

その他にオリジナルサービスとして8つのものがあります。

DTIのサービス8種

 

・メールサービス
・ウィルスチェック
・迷惑メールチェック
・迷惑メールブロック
・SiLK Touch
・U+Link
・IPv6(IPoE)接続サービス
・ホームページサービス

この中でも特筆すべきサービスは…

SiLK Touch

U+Link

 

上記2種で、トラブルがあった時のサポート体制や外出先でパソコンファイルを取り出せるといったサービスもあるため、嬉しいサービスです。

 

ドコモ光DTIの月額料金

 

ドコモ光の月額料金はプロバイダによって異なります。
タイプAとタイプBがありますが、DTIはタイプAなので料金がやすい方です。

 

なんとなく料金が高い方がいいプロバイダなんていうようなイメージを持ってしまうかもしれませんが、そのようなことは一切ありません。
おそらくはドコモとプロバイダの関係性による理由だと思います。

 

ドコモ光では戸建て向けとマンションなどの集合住宅向けの二つがあり、お住いの建物によって異なります

 

スマートフォンセットによる割引

ドコモ光はdocomoのスマートフォンとセットにすることで「セット割」になります。

また、長年docomoを利用している方なら「ずっとドコモ割」によって、さらに割引されるか、dポイントが付与されます。

 

ずっとドコモ割による割引額やdポイントはdポイントクラブのステージによって異なります。

画像引用:ドコモ光

 

ドコモ光の「セット割」と「ずっとドコモ割」による割引はこちらです。

 

家族向け(割引)

 

家族向け(dポイント)

 

個人向け(割引)

 

個人向け(ポイント)

DTI withドコモ光の通信速度

DTI withドコモ光の通信速度はどうなのか気になりますよね。

速いのか遅いのかでは話が違いますのでチェックが必要です。

まずは口コミはどんなものがあるのかを見てみます。

DTIの通信速度口コミ

障害アリ?

 一応速い…

 

DTIの口コミでは上記のような物がありました。

2018年の後半からV6プラスに対応しています。

そのため、それらの口コミも見たかったのですが、確認できずじまいですが、どのみち回線スピードは上がるのでその点は安心できると言えます。

通信速度はベストエフォート型の1Gbps

DTI withドコモ光はフレッツ光の光コラボなので回線はフレッツ光と同じです。

プロバイダが変わってもこれを上回るということはないです。

 

ベストエフォート型というのは、「理論上はこの速度だけど、実際にはそこまでの通信速度は出なから、なるべくそれに近くなるように頑張るよ」という意味です。

なので実測値はこの10分の1〜100分の1です。

 

DTI withドコモ光はv6プラス対応

DTI withドコモ光は通信方式にv6プラスを採用しています。

v6プラスは一言で行ってしまえば、混雑するポイントを避けて快適な速度を出せる通信です。

 

従来の回線を利用者の多い混雑した道路と例えるのなら、v6プラスは空いている快適な道路です。

 

これは利用者が少ないというよりかは、混雑するポイントを通らないことが理由です。

 

高速道路も料金所や合流地点など混雑する場所がありますよね?

時間帯によっては密集してなかなか動くことができません。

 

v6プラスはこの混雑するポイントがないので、目的地まで快適ということになります。

 

DTI withドコモ光ではこのv6プラスを無料で利用することができます。

IPv6の3種

PPPoE IPv6 ⇒ 通信速度が思ったよりも遅い(最大200Mbps)
IPoE IPv6 ⇒ 通信速度はかなり速いが一部のサイトのみ(最大100Gbps)
v6プラス ⇒ 通信速度がかなり速くほぼ全てのサイトで可(最大100Gbps)

※速度はベストエフォートの理論値です。あくまで最大値なので参考程度になります。

上記の中でDTIはv6プラスなので安心!

v6プラスはIPv4のIPサイトにも切替可だから凄く嬉しい

 

DTI withドコモ光でレンタルできるWi-Fiルーター

 

DTI withドコモ光では無料でWi-Fiルーターをレンタルすることができます

v6プラスに対応しているものです。

 

しかしこれを同じドコモ光のGMOとくとくBBで無料でレンタルできるWi-Fiルーターと比較してしまうと劣ってしまいます。

Wi-Fiの規格が11acまであるのは当然として、通信速度が最大867Mbpsまでしかありません。

 

GMOとくとくBBで無料レンタルできるものは、最大1.3Gbpsまで対応しています。

もともと最大1Gbpsまでしかないから関係ないということではなく、出力の力が劣ってりますので、体感的にも遅くなるんですね。

 

Wi-Fiルーターは気に入らなければ購入すればいいのですが、どうせなら高性能なものを無料でレンタルできるほうがお得だと思います。

DTIよりもおすすめのプロバイダは2つ存在する

DTIのプロバイダもドコモ光を契約する上では人気が高いほうではあります。

がしかし、それでもオススメなのは以下の2つのプロバイダーになります。

・So-Net

・GMOとくとくBB

上記2つのプロバイダの方がユーザーでの評価は高く、個人的な意見を抜きにしてもサービスやキャッシュバックの金額・受け取り方法などを諸々含めても頭一つ抜けていると感じます。

 

 

本サイトでも特にGMOとくとくBBとSo-netの契約をする人が多く、人気なのは頷けます。

しかし、総合的に考えるとGMOとSo-netが①,②位を争うと言えます。

まとめ

DTI withドコモ光は通信方式v6プラスに対応しているので通信速度が速いドコモ光です。

ドコモ光はスマートフォンがドコモならお得になりますので、比較して検討してみてはいかがでしょうか。

 

ドコモ光プロバイダー別おすすめランキング決定版!【本気で厳選】

  スマホがドコモだとドコモ光とセットにすれば安くなるんだよね? スマホのプランによって割引額は変わるけど、ドコモでは唯一割引対象になる光回線だよ。 でもドコモ光って、プロバイダがいっぱいあ ...

続きを見る

-比較

Copyright© インターネット回線のおすすめ情報|ネットヒカリ , 2019 All Rights Reserved.