光回線は住んでいる地域によって選べる光回線が違い、それゆえメリット・デメリットがあります。お住まいの地域ではどの光回線が利用できるかを確認し、それから比較していきましょう。

 

フレッツ光の光コラボが利用できる地域について

光コラボはNTTフレッツ光がさまざなな通信業者に光回線を卸売りしているものです。

ドコモ光やソフトバンク光、So-net光などのがこれに当たります。

この光コラボはフレッツ光の回線を利用しているものなので、利用できる地域、サービス提供エリアはフレッツ光と全く同じです。

そのため、今回紹介する地域別の光回線状況ではフレッツ光が対応するエリアでは光コラボが使えることになります。

【主な光コラボ】
・ドコモ光
・ソフトバンク光
・So-net光
・ビッグローブ光
・@nifty光
・楽天コミュニケーションズ光

 

全国地方別光回線

 

地方別の光回線状況を紹介します。
この地方は、光回線のエリアに対応した地方で紹介しております。
例えば中部地方でも東海と甲信越・北陸では利用できる光回線違うため分けております。

 

北海道

北海道で利用できる光回線はこちらです。

・フレッツ光
・auひかり

北海道ではフレッツ光系とauひかりのみで、地方特有の回線はありません。
フレッツ光の光コラボはどれでも利用できるので、スマートフォンとセットで割引になる光回線だと料金がお得になります。

 

東北地方

東北地方で利用できる光回線はこちらです。

・フレッツ光
・auひかり

東北地方はフレッツ光とauひかりのみです。
地方特有の光回線がなく、料金をお得にするのならスマートフォンとセットで割引になる光回線を選ぶといいでしょう。

 

関東地方

関東地方で利用できる光回線はこちらです。

・フレッツ光
・NURO光
・auひかり

関東は人気の光回線が利用でき、NURO光とauひかりの一部の地域では10Gbpsの速度のものが対応しています。
NURO光はSoftBankのスマートフォンとセットで割引になり、auひかりはauのスマートフォンとセットで割引になります。

ドコモの場合は関東だとドコモ光のみ割引になります。

 

甲信越・北陸地方

甲信越・北陸地方で利用できる光回線はこちらです。

・フレッツ光
・auひかり

甲信越・北陸地方では利用できる光回線はフレッツ光とauひかりのみです。
地方特有の光回線はないです。
スマートフォンとセットで割引になるところを選べば料金で損はありません。

 

東海地方

東海地方で利用できる光回線はこちらです。

・フレッツ光
・NURO光
・コミュファ光
・auひかり(導入済みマンションのみ)

コミュファ光はauひかりと同じKDDIの回線を利用しているので、競合しあわないようにするため戸建てタイプではauひかりはありません。
しかしなぜかマンションタイプのみあります。

 

関西地方

関西地方で利用できる光回線はこちらです。

・フレッツ光
・NURO光
・eo光
・auひかり(導入済みマンションのみ)

関西地方はeo光がauひかりと同じKDDI回線なので競合を避けるために戸建てタイプではauひかりがありません。
auひかり導入済みのマンションならauひかりが利用できます。

通信速度にこだわる場合はNURO光にするといいでしょう。

 

中国地方

中国地方で利用できる光回線はこちらです。

・フレッツ光
・auひかり
・メガエッグ光

中国地方では中国電力グループのメガエッグ光があります。
メガエッグは地域密着型の光回線で、中国電力を利用している場合はお得になります。

 

四国地方

四国地方で利用できる光回線はこちらです。

・フレッツ光
・auひかり
・ピカラひかり

四国地方では大手のフレッツ光とauひかりの他に四国電力グループの光回線であるピカラ光があります。
四国電力をご利用中の方は割引があるなど、四国限定のサービスがあります。

 

九州地方

九州地方で利用できる光回線はこちらです。

・フレッツ光
・auひかり
・BBiQひかり

九州地方では九州電力グループだ提供するBBiQ光があります。
BBiQ光は九州地方限定の光回線なので地域密着型でサービスの評判もいいです。
スマートフォンとセットで割引になるのはauです。

 

沖縄県

沖縄県で利用できる光回線はこちらです。

・フレッツ光
・auひかりちゅら

沖縄県のauひかりはauひかりちゅらとして提供しています。
フレッツ光の回線もあるので、光コラボは好きなところを選べます。

 

通信速度が速い光回線を利用したい場合

 

NURO光は下り最大2Gbpsで高速インターネットができます。

これは世界最速のインターネット回線と言われているものなので、お住いの地域が利用できるのならば最もおすすめできる光回線です。

しかし、これは関東、関西、東海地方のみでそれ以外の地方では利用することができません。

 

なので他の地方の場合は、デメリットになってしまいます。

地方で速度を上げたい場合は、通信方式に「v6プラス」を採用している光回線を利用すれば、通信速度が比較的に速くなります。

なので、光回線の通信速度を上げたい場合は「v6プラス」の通信方式を採用しているところを選んでみてはいかがでしょうか。

 

v6プラスとは

v6プラスとは簡単にいうと、快適な通信速度でインターネットを行える通信方式です

光回線の通信速度のほとんどは下り最大1Gbpsで、これはベストエフォート型と呼ばれるものです。

 

ベストエフォート型というのは、「実際にはここまでの速度は出ないけど、なるべくこれに近づけるよ」という意味です。

なので実測値はこの10分の1〜100分の1程度になり、この実測値をあげることができるのがv6プラスです

 

通常の光回線はIPv4という通信方式で、これが最も多いです。

なので時間帯によっては混雑して速度が遅くなってしまいます。

 

これを高速道路に例えますね。

高速道路は料金所や合流地点では車が密集して混雑しますね。

こうなると渋滞して車の速度はノロノロになります。

 

光回線もこれと同じことが起こっています。

IPv4は利用者が多いのでこのように混雑する時間帯は混みます。

なので速度が遅くなってしまう現象が起こってしまいます

 

v6プラスはこの混雑するポイントを通らないので、快適なインターネット通信ができ利用になるわけですね。

 

光回線で、特にフレッツ光の光コラボを利用する方は、この通信方式v6プラスを採用してるいるプロバイダを選ぶことをおすすめします。

 

 

まとめ

本サイトでは地方別に光回線のおすすめランキングを掲載しております。
各地域にお住まいの方はよろしければそちらも参照していただき、検討してみてはいかがでしょか。