豆知識

v6プラスってどういう事?通信速度が速くなるの?VDSLでもいい?

更新日:

 

インターネット回線を申し込む時に度々見かける「v6プラス」というものがありますが、これは一体なんの事だろうともう人は少なくありません。

ただなんとなくわかることはv6プラスは通信速度が速くなりそうだということです。

ゴールデンタイムや夜間などにインターネットの接続して「重い」とか「遅い」とか感じたことはないでしょうか?

夜にゲームで対戦してたら止まっちゃったよ・・・
動画が滑らかに見れないない時があるな〜

実際にこのような悩みを持った人はたくさんいます。

通信速度が遅くなる原因は一概には言えませんが、理由の一つとして利用者が多い時間帯での接続は回線が混雑してしまうので、遅くなってしまう事があります。

 

もちろん回線だけでなくプロバイダーに原因があることもありますが、これだけではないんですね。

そのように速度にお悩みがある場合は「v6プラス」にすれば通信速度が速くなります。

 

また、マンションにお住いの方でVDSL配線方式の場合は通信速度が遅くなってしまうというデメリットがあります。

VDSL配線方式でもv6プラスで速くなるのでしょうか?

 

この記事では通信方式v6プラスについて徹底解説します。

 

v6プラスとは?

概略

v6プラスというのはIPv6(IPoE)という次世代型の通信パケットを利用したインターネット接続サービスのことです。

従来の回線ではIPv4(PPPoE)というパケット伝送方式による事が多かったです。

これはめちゃくちゃ難しい通信分野の話なので、技術分野など詳しい部分は省きます

 

まずはv6プラスについてわかりやすく簡単に解説するよ。

v6プラスのイメージ

画像引用:ドコモ光×GMOとくとくBB

 

この通信方式v6プラスを高速道路で例えますね。

イメージとしては、IPv4は利用者の多い渋滞の道路、IPv6(v6プラス)は利用者の少ない高路です。

 

インターネット回線の一般的な接続サービスであるIPv4(PPPoE)は、利用者が多いです。

高速道路は一般道路よりもスピードを出して、目的地に速く到着できる道路ですね。

 

ですが、この道路はいくら速いスピードを出せるといても、利用者が増えると速度が出せなくなります

 

高速道路も利用者が多くで混雑するとスピードが出せないよね。
インターネット回線も同じことが起こっているんだ。

 

特に、合流地点や料金所付近では混雑してしまいますね。

混雑すると速度が落ちて、徐行運転を余儀なくされてしまいます。

これが一般的な接続サービスであるIPv4(PPPoE)です。

 

通信方式v6プラスは、この混雑するポイントを通らないので、目的地までより速く着くことができるようになります。

利用者も少ないので快適な速度をだすことができます。

通信方式v6にすれば快適にインターネットが快適にできるってことだよ!

v6プラスができた背景

V6プラスできた理由

 

これはコラム程度に流していいことですが、v6プラスができた背景についてちょっとだけ解説します。

v6プラスが速いことがお分かりいただけたと思いますが、実はこのv6プラス、インターネットを速くしようとして生まれたわけではないんですね。

 

今までの使っていたIPアドレスが足りなくなったから、新しいIPアドレスであるv6ができたんだよ。

ではなぜ誕生したのか?

 

その理由は、インターネットの住所に当たるIPアドレスの個数が不足したからです。

IPアドレスとは?

聞いたことがない人もいるかもしれませんが、それぞれ私たちにはIPアドレスで番号が振り分けられています。

(例)128.57.32.205

上記のような数字ですが、ネットを更新したり移動すると時々出てくるよくわからない数字です。

カンタンに言うとこの数字の残数が限界に来ていると言う事です。

 

これは1998年に郵便番号が5桁から7桁に増えたことや、携帯電話番号が2002年に080が追加された出来事と似たようなものです。

 

IPアドレスが足りなくなってしまったので、増やすしかない。

というわけで誕生したのがこのIPv6(v6プラス)です。

IPv4と同じようにIPv6も数がなくなってしまわないの?

・IPv4… 32bit

・IPv6… 128bit

 

上記の数値の差があります。

これを実数で現していくと下記のような数字になります。

 

・IPv4… 約43億(4,294,967,295)

・IPv6… 約340澗(340,282,366,920,938,463,463,374,607,431,768,211,456)

 

これだけ振り分けの数値に差があります。

聞いたことがない膨大な数です。

 

世界人口約70億人いたとして

「全く問題不要なくらい天文学的に有り余る数字」なのでIPv6(V6プラス)に切り替えても問題はありません。

 

…うん。

絶対に心配いらない数字だね。

どれくらいの通信速度?

V6プラスを使用している人たちの通信速度の書き込みを下に並べてみました。

 

夜間も早い

前と比べてスピードが段違いにUPした

速度が6倍以上も上りも下りも違う

上記のようにV6プラスに変更した人はほとんどの人が満足しています!

使用者の9.5割近くの人が「変えて良かった…」という意見です。

 

速度は読み込みやゲームプレイ、動画を見る上では非常に大切な要素です。

これからの時代では特に動画やゲームも進化していくのでますます需要は高まっていくと考えられます。

インターネットは速度重視の時代へ!

インターネット通信はここ数年で相当、進化したものです。

インターネットブームが起こった頃はダイヤルアップ接続と言って、電話回線からインターネットに接続できました。

 

ここで問題になったのは、インターネットをしていると、電話ができなかったことですね。

また、料金はインターネット接続に利用した時間でした。

 

使った分だけの料金だったんだね。
プロバイダ試しで100時間無料っていうキャンペーンがあるところもあったよ。

この時のインターネットはテキストベースのウェブサイトを見るくらいで、画像の表示すら時間がかかりました。

今では考えられないですが、これが普通で、ブームになったのです。

 

この時代くらいから家に1台パソコンが当たり前になりましたね

インターネットについてよくわからないは家電量販店でパソコンのことを「インターネット」下さいと注文していたようです。

 

ADSLはインターネット革命とも呼ばれたよ。

通信速度が段違いに速くて感動したな。

 

それからしばらくして、ADSLというものが誕生しました

従来の時間による料金の請求ではなく、定額で使い放題のサービス、ブロードバンドの登場です。

通信速度が1.5Mbpsになり、画像の表示が容易になりました。

 

これはインターネット革命と呼ばれました。

通信速度が上がり今度は動画コンテンツが誕生しました。

 

今ではすっかりおなじみのYouTubeです。

YouTubeの時代が来ることを予測したGoogleが買収し、現在はGoogleのコンテンツになっています。

 

youtube

また、ゲームでもオンラインゲームが流行り出しました。

これは主にパソコンのゲームでしたが、後にプレイステーション2もインターネットに繋がるようになりましたね。

 

そして現在、インターネットの主流は光回線になりました。

通信速度が下り最大1Gbpsです。

これをMbpsにで表すと、1,000Mbpsです。

 

ADSLに比べてはるかに速くなったことがお分かりいただけたかと思います。

桁違いに速くなったね!
2回目のインターネット革命だよ。

 

これによりインターネットは動画コンテンツが主流になり、家庭用ゲーム機のソフトですら基本的にはインターネット接続が前提になっています。

最近のゲームはすぐに問題が見つかってパッチで修正するんだよね・・・
ダウンロード販売も増えてきたよ。

子供の夢がユーチューバーというようになったのも、このインターネットの発展によるものですね。

 

そのYouTubeでは、4Kや8Kの動画配信がスタートしました。

これは単純にフルハイビジョンの4倍、8倍綺麗な画質の動画です。

 

8Kは綺麗すぎて立体的に見える時があるよ。

この高画質動画というのは、情報量(データ量)が多いものです。

なので、ダウンロードファイルは大容量になりましたが、通信速度が遅いと滑らかに見れなくなってしまうんですね。

 

これからこの4Kや8Kの動画が主流になることを考えると、インターネットの通信速度は速い方がいいことになります。

 

さてこのインターネットですが、通信速度が1Gbpsになったのに、遅いとか速いとか差が出てますね。

インターネットの通信速度が遅くなる理由は、お住いの地域や環境によるものなので一概には言えないのですが、回線が混雑することが理由の一つでもあります

これは利用者が多くなって渋滞してしまうことですね。

 

インターネットの通信速度を速くしたい!

そんな方にオススメになるのがv6プラスなんです。

 

光回線の通信速度はベストエフォート型

光回線の通信速度は下り最大1Gbpsです。

これは最大値であって実測値ではありません。

というのは、この光回線の通信速度はベストエフォート型の1Gbpsです。

 

ベストエフォート型ってどういうこと?
実際にはそこまでの通信速度は出ないけど、なるべくはそれに近づけるよってことだね。

 

そのため、実測値はこの10分の1〜100分の1程度になります。

 

光回線の速度はプロバイダやお住いの地域、建物によって左右されます。

ご自宅の通信速度が遅いと感じている方はこのv6プラスを検討してみてください。

 

マンションのVDSLには100Mbpsの壁がある

 

マンションの配線方式には3種類あります。

光配線方式

VDSL方式

LAN配線方式

以上の3つです。

 

光配線方式のマンションなら戸建てと同じように通信速度は下り最大1Gbpsです。

しかし、VDSL方式は最大で100Mbpsになってしまいます

 

VDSL配線方式とは

VDSL配線はもともとインターネット光回線のための配線ではなく電話線です。

アナログの配線なので環境によって影響が出てしまうこともあります。

インターネット光回線のための配線ではないので、通信速度が遅くなってしまうことは仕方ないです。

 

VDSLは光回線インターネットなの?

VDSLは光配線ではないので光回線のインターネットではないと思ってしまうかもしれませんが、VDSL配線方式でも光回線のインターネットです。

 

VDSL配線方式の場合はマンションのMDF室と呼ばれる部分までは光配線が引き込まれていて、そこから電話線で繋がっています

建物の途中まで光ファイバーケーブルを引き込んでいるので、インターネット回線は光回線のものとなります。

 

ADSLだと桁違いで遅いからVDSL配線方式の光回線でも十分速いよ。

 

V6プラスに変更してからの口コミ

やはりVDSL方式でも速度が変わる

どの時間帯でも安定して速度が出ている


VDSLでもV6 プラスに変更してからは速度の不満が減った口コミは多くあります。

中には100Mbpsを越える人もいるようですが、そこには壁があるようです。

 

しかし、戸建てでもV4では100Mbpsの速度が出ていない場所も多くあるので現状としては満足だと思います。

マンションでVDSLでも平均的にアップロード時間もダウンロード時間もそれぞれ90Mbps前後が多いね!

VDSLはv6プラスで速くなる

マンションのVDSL配線方式の場合でも通信速度は速くなります。

VDSL配線の場合は通信速度が遅くなってしまうというデメリットがありますが、v6プラスなら速くなります。

 

ただし、先ほど解説した通り100Mbpsの壁はどうしてもついてきます。

それでも従来のIpv4で実測値15Mbpsから50Mbps以上に変わるだけでも大きいです。

ポイント

体感的には50Mbps以上なら人間は知覚できません。

速い方がダウンロード速度が速くなりますが、webページの閲覧やYouTube動画などのストリーミング動画配信サービスを楽しむだけでも十分に楽しめます。

VDSL配線方式で速度が遅くなって繋がりにくい状態でもv6プラスなら快適になるということです。

 

v6プラスのメリット

 

ではこのv6プラスを使えばどのようなメリットがあるのでしょうか。

1番のメリットは通信速度が上がることですことです。

それを踏まえた上でv6プラスのメリットについて解説します。

 

動画を見るのにストレスを感じない

今は様々な動画のストリーミングサービスがありますね。

YouTube、ニコニコ動画、Netflix、Amazon prime video、U-NEXT、AbemaTV、など動画のストリーミング再生を楽しんでいる方が多いですね。

 

動画を快適に見るには通信速度の速さは必須だよ。

 

これは動画をダウンロードしながら再生しているものなので、高画質動画は大容量ファイルをダウンロードしながらみていることになります。

つまり、通信速度が遅いと高画質動画を見るのが厳しくなります

 

v6プラスは通信速度が速いので、高画質動画をストレルなく見ることが可能になります。

 

マリオカート8やスプラトゥーン2などオンライン対戦が熱い

ニンテンドースイッチの人気ゲームであるマリオカートやスプラトゥーン2は、オンライン対戦での戦いが熱くなりますね。

通信速度が遅いと、タイムラグが出たり、回線落ちをしてしまうことがあります。

しかし、v6プラスなら通信速度が速いので、このような心配がなくなります。

 

オンライン対戦で通信が遅い回線でゲームをすると、他のプレイヤーの迷惑になってしまうよ。

ウェブページを一瞬で表示可能に

インターネットのウェブページを表示するときに、画像などがたくさん貼ってあるようなページでは読み込みに時間がかかります。

 

v6プラスにすれば画面表示が速くなるよ。

 

画像は文字よりも情報量(データ量)が多いので、ダウンロードに時間がかかりますね、

なので従来の通信ではウェブページの表示だけでも時間がかかる時があります。

 

v6プラスではコンテンツの読み込みが一瞬で完了します。

 

数GBの大容量ファイルのダウンロードが速い

インターネットで大容量のファイルをダウンロードすることがありますね。

例えば、iTunesで動画コンテンツを購入した時や、Kindleの電子書籍も大容量ファイルに当たります。

 

ダウンロードの時間が速いってことは、時間をもっと有効活用できるってことになるね。
すぐにダウンロードしたファイルを利用できるよ。

 

通信速度が遅いと、このダウンロードの速度が遅いのでなかなか見ることができません。

v6プラスならダウンロードの処理が高速で完了しますので、速く見ることができます。

 

回線が安定して高速通信が可能

v6プラスはとにかく速くなり安定します。

その理由はISPによる認証が不要でプロバイダーを経由しないのでトラフィックの混雑が起こらないことなのです。

 

マンションの配線方式によっては通信速度が戸建て向けと比較して遅いんだよね。
v6プラスにすればその配線方式でも速くなるよ。

 

例えばマンションのVDSLの通信方式で100Mbpsでも戸建ての1Gbpsのプランに近いような通信ができるようになるということです。

 

8階建以上のマンションだと通信速度が世界最速のNURO光が利用できないから、v6プラスにするのがおすすめ。

 

料金が無料で手続きが簡単

v6プラスは対応しているプロバイダーに申し込むだけで、初期費用や月額費用、または解約金がかかりません。

つまり無料で手続きを行うことができるということです。

ただし、v6プラスは対応してルーターなどの通信機器が必要になる場合があります。

 

v6プラスは通信速度が速いからオプション料金が速くなるってイメージがありそうだけど、無料で利用できるんだね。
新しいIPアドレスのことだからね。

 

IPv4やIPv6を気にしないで利用できる

v6プラスのIPv6の接続になると、IPv6のサイトしか見られないという制約がありました。

しかし現在ではv6プラスではどちらにも対応しています

この制約がなくなったので怖いもの無しです。

 

なんの心配もなくv6プラスを利用していいんだね!

 

v6プラスのデメリット

 

v6プラスは通信速度が速くなることで大きなメリットがありました。

しかしこれにはデメリットもあります。

v6プラスのデメリットについて解説します。

通信速度が速くてメリットが大きいのに、デメリットなんて考えられなけど例えばどんなのがあるの?
ピヨ丸くんは050のIP電話を利用してる?
あいぴーでんわ? 持ってないなぁ。
プレイステーション4でFPSなどのオンラインゲームはする?
僕はオフラインで楽しむ派だよ! あ、でもダウンロードコンテンツは楽しむかな。
じゃあ自宅にサーバー立てて、外出先からアクセスしたりする?
ぼくにそんな技術があるわけないじゃないですか!
じゃあピヨ丸くんにはデメリットはあまりないかな。

 

IP電話が利用できなくなる

IP電話はインターネット回線を利用した電話で、通話料が安いものです。

最近は格安SIMではこのIP電話を利用する方が増えっていますね。

 

ご自宅でIP電話機(050系の電話番号)を利用している場合は、v6プラスにすると利用できなくなります。

 

一部のプレイステーション4のオンライン対戦ができなくなる

プレイステーション4のゲームでは、オンラインでの対戦を楽しんでいる方が多いですね。

私はオフラインでまったり楽しむタイプなのであまりデメリットにはなりませんが、FPSなど一部のゲームではv6プラスだと行えないものがあります。

もちろんオンライン対戦全てが不能ではないですが、ゲーマーにはデメリットになります。

 

ニンテンドースイッチのスマブラなら問題ないんだね!

 

v6対応機器が必要

v6プラスはIPv6で接続するのでv6対応の機器が必要になります。

Wi-Fiで接続する場合はWi-Fiルーターをv6プラス対応のものに変える必要があります。

 

現在使っているWi-Fiルーターが比較的に古いものだと対応していない場合があるんだね。
買い換えるのが嫌なら、通信業者から高性能なものをレンタルする手段があるよ。

 

プロバイダーによってはこれに対応する高速Wi-Fiルーターをレンタルできるところがあります。

 

例えばドコモ光×GMOとくとくBBでは、このv6プラス対応の高速Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるので、この心配がなくなります。

 

固定IPが使えない

IPアドレスには一定時間ランダムで変わる「動作IP」と、自宅サーバーを設定したりリモート操作やWebカメラなどIPアドレスを変えたくない場合に用いる「固定IP」があります。

v6プラスではこの固定IPが使えなくなります

 

よく分からないけど、固定IPを利用していた人は不便になっちゃうんだね。
実はこのデメリットは対策されたんだ。

 

しかし、プロバイダが固定IPサービスというものを用意してくれています

他にもv6プラスの運営元のJPNEも固定IP提供サービスを開始し、インターリンクという会社から固定IPが必要な時だけ利用する「マイIP」というサービスもあります。

なのでこのデメリットはフォローできるというわけです。

 

v6プラスが利用できるプロバイダー

 

このv6プラスはプロバイダーのオプションとして提供されています。

v6プラスが利用できるのはフレッツ光と光コラボです。

 

 

フレッツ光や光コラボ上でのv6プラス対応プロバイダ

v6プラスに対応しているプロバイダはこちらです。

・GMOとくとくBB
・@nifty
・BIGLOBE

 

v6プラス対応の光コラボ事業者

v6プラスに対応している光コラボはこちらです。

・ドコモ光GMOとくとくBB

 

おすすめはドコモ光×GMOとくとくBB

 

ドコモ光×GMOとくとくBBは通信方式v6プラスに対応してるドコモ光です。

お使いのスマートフォンがドコモであるならば、一番おすすめな光回線です。

 

v6プラスに対応している高速Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるので、利用開始したらすぐに高速通信でインターネットを行うことができます。

 

速いドコモ光のドコモ光×GMOとくとくBBについて解説!

  ドコモ光って通信速度は1Gbps何ですよね? そうだね。 ドコモ光はフレッツ光の光コラボで、同じ回線を使っているから、通信速度はフレッツ光と同じ1Gbpsだよ。 じゃあどこで申し込んでも ...

続きを見る

 

まとめ

v6プラスは光回線の通信速度が快適になるシステムです。
現在利用しているプロバイダーがv6プラスを利用できるうようでしたら変更してみてはいかがでしょうか。

-豆知識

Copyright© インターネット回線のおすすめ情報|ネットヒカリ , 2019 All Rights Reserved.